Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

そろそろ金メダルが...

2012-07-30 15:20:15 | スポーツ全般
勝負事に絶対はない。
特に一発勝負の場合は本当に何が起こるかわからない。
たとえば100回やって1回しか勝てない(負けない)相手くらいの実力差があっても、
その1回がオリンピックの舞台で。。。
波乱が起きるのもオリンピックの奇跡、悲劇である。

サッカー男子は日本に奇跡が起きつつある。
なでしこにばかり注目がいっていたサッカー。
大きな期待が出来なかった男子サッカーチーム。
特に強敵スペインと同じグループに入り、初戦はそのスペインだった。
しかし、勝負は分からないもの。
特にサッカーは番狂わせがおきやすい競技でもあることもあり、
日本男子は強敵スペインに快勝した。
スペインの出来がイマイチだったのもあるし、前半終了間際にスペインに退場者が出た幸運もあったにしても、
相手に決定機をほとんど作らせない守備はほぼ完璧。
内容的にも互角以上の物を見せていた。
それを思うと昨日の2戦目はやや低調な内容に感じもしたが、それでも勝利することが出来たところに、
このチームは何か持っているのかもしれない。
見事に予選突破である。
これで予選1位通過のチャンスが大きく出てきた。
決勝トーナメント1回戦(準々決勝)の相手はC組。
D組の日本が1位ならば相手はC組2位。2位ならばC組1位。
C組1位はブラジルで濃厚だから、ブラジルとはあたりたくないのが本音。
ぜひともD組1位で予選を通過したい。
それが出来れば、C組のブラジル以外ならば勝つチャンスは十分にあるから次の試合もとても大事になる。

柔道は残念なスタートだろう。
男子は銀、銅を獲得したが、女子は2人ともメダルなし。
日本のお家芸。ある意味、国技に近いスポーツ。
金メダルが期待させる競技であるから、これまでの結果は大きく期待を裏切った形である。

特にメダルの取れなかった女子の二人は金メダルが十分に狙える実力者だけに残念な結果である。
また実際、負けて言うのもおかしいかもしれないが、試合内容からは勝てるチャンスが十分にある相手に
負けた印象が大きい。

福見に関しては負けた2戦は相手を追いかけすぎ。
前に出てこない相手を追いかけ、それを狙って場外際での戦いに持ち込んでいる相手の作戦に嵌ってしまった。
相手は場外際で掛け逃げに近い形で先に技を掛けて場外に持ち込んだり、腕力で福見を振って
場外に持ち込んだりと、長く組む試合をさせない作戦はミエミエなのに...。
3位決定戦の試合は特に嵌められた試合だった。
特に延長戦で決められたのは福見を場外側に振って、福見が場外(注意)を差せようと堪えたところを
反対側から決められた。
もっと、自分が相手が前に来るのを待つくらいの余裕を見せ、中央で戦うような試合をすれば、
ぜんぜん違ったと思う。
あとは、これは言ってもしょうがいないが、代表を争った浅見の方が、最終選考会の直前までは
有利の立場であって、最後の体重別で浅見が初戦敗退。福見が逆転という形で代表を勝ち取った。
しかし、選手選考にポイント制を導入しそれまでに結果を残してきて、外人にも強そうな浅見が
選ばれなかったのが、何のためのポイント制の選考であったのか?ということも含めて、
個人的には疑問の残る選考だっただけに、浅見が出ていれば...と思ってしまう結果に。
そういうこともあるから、それだけに日本代表として福見には金メダルを取ってほしかった。
いろいろと後悔の残る結果となってしまったと思う。

中村は事実上の決勝戦といえる北朝鮮選手に初戦敗退。
油断と言っては言い過ぎかもしれないが、相手はあれだけという技で技ありを取られたのは痛かった。
せめて有効にとどめれていれば。。。
その後、攻めてはいたが、技あり以上を取らなければいけない立場にしては、攻めも消極的に思え、
特に残り2分を切ったあたりからはある程度捨て身のつもりで攻めてほしかったと思う。
相手は終了間際に連続で消極的指導を連発するも有効止まり。
時既に遅しだった。

このまま終わるわけにはいかない柔道。
今日以降の奮起に期待したい。


あとは北島は負けるし、内村は落下の連続で種目別の決勝は床一つだけになってしまうし...と
サッカーは開幕前に白星スタートし、日本全体的に勢いがありそうな感じも受けたけど、
金メダル候補が不振だと何か盛り上がりに欠ける。
それも含めてここまで金メダルはゼロ。
アーチェリーの銅メダルとか大健闘もあるけど、銀、銅で5つあっても金メダル1つもないと...。

そろそろ金メダルがほしい。

今日は男子体操団体決勝。
予選の不振から一変して、内村中心に奮起してもらって、是非金メダルを取ってもらいたい。
カウント上は1つでも団体競技は全員に金メダルから人数的には量産できるし...。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首位転落

2012-07-30 13:58:50 | サッカー
首位攻防戦の甲府戦。

開始に1点にいきなりの失点。
しかも前半半ばで深津が退場となり10人。
前半残りは我慢の展開で辛抱していたら、前半終了間際に甲府にも退場者が...。
後半はヴェルディペースだったと思う。
その通りに後半早々に同点に追いつき、その後もヴェルディの流れで出来ていた。
先に退場者が出た時点では引き分けで御の字と思っていたが、これならば勝ちもあると思った。
そんな中、甲府に流れが移ったところで、嫌な流れになったところ。
あっさりと失点してしまった。
ここは踏ん張らなければというところで、踏ん張れなかった。。。
その後はチャンスもあったが、追いつけず。。。
さらにもう1点取られて1-3で負け。

首位に立ったチームが負けるという呪われたようなジンクスを打ち破ることが出来なかった。
勝っていれば混戦から受けだすキッカケになる可能性もあっただけにとても残念。
依然と混戦は暫くは続きそう。

しかし、杉本がレンタル終了。
小林が移籍。柴崎はまだチームに合流できていない。
そして、梶川、中後が出場停止のチーム状態では、甲府相手には戦力不足は否めなかったから、
ある意味、負けは仕方がない。

次節は退場を食らった深津と警告累積の阿部が出れないから、また苦しいチーム状態は続く我慢の時だが、
救世主になってもらうために獲得した柴崎に次節は出てもらって、チームの立て直しに貢献してもらいたい。

それとスーパーサブ的でも良いから切れ味のある選手(外国人)がほしい。
とにかく甲府戦も途中出場したが相変わらずのダメダメなジョジマールは要らない。
なかなか居ないぞ、あんなテクニックのないブラジル選手は...。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞成績(7月)

2012-07-30 11:35:00 | 重賞成績
重賞本命馬(7月)
レース名本馬名人気着順単勝配当複勝配当
CBC賞エーシンダックマン  
ラジオNIKKEI賞ロードアクレイム  
函館2歳Sローガンサファイア11  
函館記念ミッキーパンプキン 480
中京記念ショウリュウムーン 370
アイビスSDエーシンダックマン 330
小倉サマーJドングラシアス  
クイーンSコスモネモシン14  


0-2-1-5  平均人気5.5 平均着順6.6
単勝合計 0円 複勝合計1180円 単勝回収率 0% 複勝回収率148% 勝率 0% 連対率25% 複勝率38%

44 53


重賞予想は8月はお休みします。
9月再開予定。(どの週から再開するかは未定)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞AnalyzeクイーンS

2012-07-29 09:13:20 | 重賞Analyze
クイーンS
◎05:コスモネモシン
○06:フミノイマージン
▲02:オールザットジャズ
△08:アイムユアーズ
△11:シースナイプ
×04:アニメイトバイオ
×10:ミッドサマーフェア
×13:レインボーダリア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞Analyze小倉サマーJ

2012-07-28 12:10:25 | 重賞Analyze
小倉サマーJ
◎14:ドングラシアス
○05:エムエスワールド
▲01:ヴァンダライズ
△03:テイエムハリアー
△09:ランヘランバ
△06:ヒカリアライブ
△13:フサイチアソート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加