Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

オークスの展望-その1

2017-05-15 05:57:10 | G1
連対馬の傾向。

来ない馬
(1)前走、オープンクラス以外に出走。
(2)前走、フローラSで3番人気かつ3着以内でない。
(3)前走、オープン特別(忘れな草賞、スイートピーS)で1着以外。
(4)前走、桜花賞で5着以下。ただし、前々走が重賞で3番人気かつ3着以内は除く。
(5)前々走が桜花賞。(桜花賞後にレースを使っている)

残った馬
アドマイヤミヤビ
ソウルスターリング
ハローユニコーン
ブラックスビーチ
リスグラシュー
レーヌミノル

6頭。


さらに絞ると・・・。

ほとんど来ない馬
・キャリア10戦以上
→今年は該当なし
・前走10番人気以下
→今年は該当なし
・無敗以外のスイートピーS組
→ブラックスビーチ
・忘れな草賞組
→ハローユニコーン
・重賞連対のないフローラS3着
→今年は該当なし
・前走、NHKマイルC
→今年は該当なし
・桜花賞で3番人気以下で6着以下
→今年は該当なし

さらに残った馬
アドマイヤミヤビ
ソウルスターリング
リスグラシュー
レーヌミノル

4頭。


軸馬選びは・・・。

そういう絞り方でもあるが、基本は桜花賞組が中心。
ほぼ1頭は連対してきている。
そして、残った4頭はすべて桜花賞組である。
あとはどの馬を選ぶか?

リスグラシューイチオシ!!

桜花賞は馬場悪化がプラスに働き、マイルでは完敗続きだったソウルスターリングに先着の2着。
正直、条件がプラスした部分はあった。
それでもマイルでも水準以上の能力はある結果だろう。
ただ、本来は距離が伸びてこそのタイプだろう。

桜花賞を勝ったレーヌミノルは馬場や展開など、嵌った部分は如何にも大きく、
本質的にはマイルでも長いようなタイプだから、距離が延びるオークスは大きなマイナスだろう。
ただ、みんな同じこと考えるだろうから、人気は待たないだろう。
前々でレースをするタイプで変に嵌れば、他馬の走り如何では上位に来るかもしれないし、
人気がないならば、抑え程度には考えても良いタイプではないか。

ソウルスターリングは桜花賞は絶対的なスピードを活かせない馬場で、初の敗戦。
ただ、それにしても...という内容でもあった。
当然、こちらは負けても人気になる立場で、おそらく1番人気だろう。
スピードに特化すぎるタイプだから、血統云々はともかくとして、距離が延びるのはマイナスになるのかもしれない。
それと、なんだかんだでフランケル産駒は、日本における中長距離G1では実は底力に欠けるのかもしれない。
それが桜花賞だったのかも!?

アドマイヤミヤビは桜花賞は馬場がすべてなんだろう。
クイーンCで好タイムで走れているのだから、完敗するほどの能力ではないはず。
東京で実績があり、距離が伸びて良いのはリスグラシュー以上かもしれないので有力ではあるが、
それにしても前走が負けすぎで...
大敗後でも人気になるはずだし、オッズバランスという意味で微妙な意味はある。
あとは、ヴィクトリアマイルで伏兵のアドマイヤリードが勝った後。
馬主的に運を使ってしまった感じが強く、少なくとも勝ちはないような気がする。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクトリアマイルの回顧(ま... | トップ | オークスの展望-その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。