Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

重賞AnalyzeAJCC/東海S

2016-01-24 12:11:45 | 重賞Analyze
AJCC
◎15:マイネルディーン
〇06:サトノラーゼン
▲08:ステラウインド
☆11:スーパームーン
△09:ライズトゥフェイム
△01:マイネルフロスト
×03:ディサイファ
×05:クランモンタナ
×13:ヤマニンボワラクテ

本命はマイネルディーン。
金杯はスローの展開で後方勢に出番なし。
この馬自身は一応上りは32.9で走っており、馬自身はそれなりの力は示している。
そして、結果的には休み明けでもあったので、叩き台のようなレースでもあった。
叩いた今回は上積みはあるだろうし、外回りに変わるのも良いはず。
あとは展開次第だが、展開が向くことに期待。


馬連流し(8)
15-06,08,11,09,01,03,05,13
3連複1頭軸流し(28)
15-06,08,11,09,01,03,05,13


東海S
◎10:モンドクラッセ
〇06:アスカノロマン
▲05:ロワジャルダン
△07:インカンテーション
△08:ローマンレジェンド
×02:イッシンドウタイ
×01:ライドオンウインド

本命はモンドクラッセ。
前走はハイペースに巻き込まれたのが大きく影響した内容。
また、逃げれなかったのも影響したかもしれない。
そして、脚抜きの良い馬場での高速決着も合わなかった。
今回は乾いた馬場で、ハイペースにはならないはず。
そして今回は逃げるはず。
前走と条件は一変してよくなるからチャンス大だろう。


馬連流し(4)
10-06,05,07,08
3連複F(9)
10-06,05-06,05,07,08,02,01
3連単F(20)
10→06,05,07,08→06,05,07,08,02,01


【01/24 15:50更新】
結果
AJCC
 3-11- 7- 1-13 ×
 
特になし。
 
東海S
 6-10- 5- 4- 9 ◎
  
馬連  ¥ 1290!!
3連複 ¥ 1120!!

3連単が取れなかったが、本線で馬連、3連複が的中一応の満足!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞Analyze京成杯/日経新春杯

2016-01-17 12:45:35 | 重賞Analyze
京成杯
◎02:ウムブルフ
〇12:ユウチェンジ
▲06:ルネイション
△10:アドマイヤモラール
△08:マイネルラフレシア
△04:プロフェット
×03:ケルフロイデ
×15:ナムラシングン
×07:プランスシャルマン

本命はウムブルフ。
力関係が読みにくい組み合わせだが、一応、素質が1番高そうに思えるこの馬を1番手に。
好位からレースも出来るから、内枠を引けたのも良いだろう。

対抗はユウチェンジ。
前走の朝日杯は直線の進路取りに失敗しながらの4着。
マイルより距離が伸びた方がよさそうだし、スムーズなレースが出来れば、有力だろう。

単穴はルミネイション。
新馬戦を楽勝した内容から、上積みがあれば、ここでも通用しそう。


馬連BOX(6)
02-12-06
馬連流し(3)
02-10,08,04
3連複F(13)
02-12,06-12,06,10,08,04,03,15,07
3連単F(20)
02→12,06→12,06,10,08,04,03,15,07
02→10,08,04→12,06


日経新春杯
◎07:シュヴァルグラン
〇01:レーヴミストラル
▲10:サトノノブレス
△03:アドマイヤフライト
△04:シャドウダンサー
△08:ダコール
×06:プロモントーリオ

本命はシュヴァルグラン。
3歳の昨年はクラシックに乗り損ねたが、結果的にダメージは受けずに済んだことが良かったのか、
また距離を伸ばしたことも行員だったのだろう。
成長力と距離適性で力を付けてきた。
古馬重賞は初となるが、下級条件での楽勝ぶりと元々素質馬と考えれば、54キロの斤量は恵まれたようなもの。
普通に通用して良いだろう。

対抗はレーヴミストラル。
もう少し脚質に幅が出ると良いのだが、末脚は確か。
前走も末脚自体は速い上がりを使っているし、着順こそ悪いが着差はたいして負けていないし、
脚質の問題もあるから、現状だと2000mだと短いのだろう。
距離が延びる今回は巻き返してくるとみる。

単穴はサトノノブレス。
復調しているので、順当ならば好戦できるだろう。


馬連流し(5)
07-01,10,03,04,08
3連複F(9)
07-01,10-01,10,03,04,08,06
3連単F(14)
07,01→07,01→03,04,08,06
07,01→03,04,08→07,01


【01/17 16:00更新】
結果
京成杯
 4- 3- 1-10- 2 ×
 
クラシックで通用するレベルの馬はここには居なそう。。。
 
日経新春杯
 1- 4-10- 8- 9 ◎
 
馬連  ¥  510!!
3連複 ¥ 1400!!


3連単も当たっていましたが、投稿に10番をなぜか書き洩れていたので、ここでは3連単は外れ扱いに...
でも当たってますから!!
 
レーヴミストラルは外回りの2400m以上だったら、かなりやれそう。
ただ、血統的にG1では底力不足なところがどうか?
シュヴァルグランは初重賞で結果的に壁に当たったのと、
G1に向けてということでは、物足りなさを感じる結果。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞Analyze愛知杯

2016-01-16 12:09:05 | 重賞Analyze
愛知杯
◎08:フェリーチェレガロ
〇18:オツウ
▲02:ハピネスダンサー
☆05:クインズミラーグロ
△11:マキシマムドパリ
△16:シュンドルボン
×04:バウンスシャッセ
×09:アルマディヴァン
×13:マコトブリジャール

この時期の牝馬のハンデ戦。
メンバーを見ても波乱含み。

本命はフェリーチェレガロ。
3走前にマーメイドS3着。
牝馬同士ならば、相手次第で通用する力はある。
それで52キロの軽ハンデは魅力。

対抗はオツウ。
開幕週。
前に行っての粘りに期待。

単穴はクインズミラーグロ。
これも同様。粘り込みに期待。

秘密兵器(☆)扱いはクインズミラーグロ。
秋華賞もそこそこは走っているし、その他のレースでも崩れずに走れている。
個々ならばチャンスだろう。


馬連BOX(6)
08-18-02-05
馬連流し(2)
08-11.16
3連複F(18)
08-18,02,05-18,02,05,11,16,04,09,13


【01/16 15:35更新】
結果
愛知杯
 4-15- 7-11-14 ×
 
特になし...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重賞AnalyzeフェアリーS

2016-01-11 10:23:20 | 重賞Analyze
フェアリーS
◎10:ラブリーアモン
〇06:ビービーバーレル
▲05:ダイワドレッサー
☆07:ラシーム
△12:リセエンヌ
△13:クードラパン
△14:アルジャンテ
×16:ハマヒルガオ
×09:レッドシルヴィ

悪い意味で大混戦。
どの馬にもチャンスがあるというのか、勝ち馬がいないというのか...
重賞にしては低調なメンバー。

本命はラブリーアモン。
徐々に力を付けている印象で、前走の未勝利勝ちの内容は優秀。
前走並みよりもう少し走れば勝負になる相手関係だから、勝った勢いでチャンスがありそう。

対抗はビービーバーレル。
未勝利勝ちしたレースではラブリーアモンに完勝していて、レース内容も優秀。
その後の2戦はもう一つだが、未勝利勝ちの時のような逃げが出来ていなかったのも敗因だろう。
ここは相手関係からも逃げが可能だろうし、絡まれずにペースを逃げれそうなので、巻き返しがありそう。

単穴はダイワドレッサー。
4連連続2着続きを前走でようやく終止符を打ち、勝ち上がった。
また、内容も優秀だった。
連続2着のように、相手なりに走る意味もあるから、安定感ならばこの馬か。

秘密兵器(☆)扱いはラシーム。
前走のひいらぎ賞はまぁまぁの内容。
その割に人気がなく、妙味ならばここか。


馬連BOX(6)
10-06-05-07
馬連流し(3)
10-12,13,14
3連複F(19)
10,06,05-10,06,05-10,06,05,07,12,13,14,16,09

自信は全く無いので少額で参加。


【01/11 15:45更新】
結果
フェアリーS
 6- 4- 5-13- 3 ×
 
特になし...
敢えて言えば、4番は最後に迷いに迷って切った1頭だったので、
もう少し閃きがあれば抑えれていた...
そうすれば、3連複は...
まぁ仕方なし。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

重賞Analyzeシンザン記念

2016-01-10 10:44:05 | 重賞Analyze
シンザン記念
◎10:ピースマインド
〇12:ノーブルマーズ
▲07:ジュエラー
☆18:ショウナンアヴィド
△09:ラルク
△06:ロジクライ
×05:レインボーライン
×02:アストラエンブレム
×03:レオナルド

本命はピースマインド。
デビュー戦でリオンディーズ相手に善戦。
そのあとの前走の未勝利戦は楽勝。
マイルの適正の問題はあるが、単純に言えば、朝日杯に出ていれば、
エアスピネルと互角くらいの勝負ができていたと考えらるだけのパフォーマンスは示している。
しかもどちらかと言えば気持ちが前向きな馬だから、マイルの流れには適応できるし、
京都の外回りならば、能力でなんともなるコース。
地力に期待したい。

対抗はノーブルマーズ。
先行タイプも多いから12番枠でどの位置が取れるか微妙なところはあるが、
先行して粘り強さが信条でここもそれを期待したい。

単穴はジュエラー。
新馬の内容が優秀で一発の力を秘めている。

秘密兵器(☆)扱いはショウナンアヴィド。
調教が抜群に動いていたので本命候補だったが、内断然のレースでフルゲートの18番では...
一応、外枠の影響もあって人気は落としているので、相手としては期待したいが...


馬連流し(5)
10-12,07,18,09,06
3連複F(18)
10-12,07,18-12,07,18,09,06,05,02,03
3連単F(21)
10→12,07,18→07,18,09,06,05,02,03

【01/10 16:00更新】
結果
シンザン記念
 6- 7-14- 2- 3 ×
 
ピースマインド、直線伸びず失速。。。
スタート直後から暫く掛かった感じが影響したか?
それしても負けすぎ。。。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加