惑星ダルの日常(goo版)

(森下一仁の近況です。タイトルをはじめ、ほとんどの写真は交差法で立体視できます)

イメルダ・メイ

2017-06-16 21:30:07 | 音楽

 このところ、ずっと聴き入っている歌手は、イメルダ・メイ。アイルランド出身のシンガーソングライターです。
 4月にピーター・バラカンさんのラジオ番組で紹介されたので、興味を持ちました。最新アルバム『 LIFE.LOVE.FLESH.BLOOD 』から3曲。どれも良かった。

 国内版の説明では4枚目となっていますが、ウィキペディア(英語版)では5枚目のアルバム。
 たぶん、以前のアルバムを聴いても、食指は動かなかったと思います。YOUTUBEで聴いてみると、ずっとロカビリー路線で通していて、英国やアイルランドでは人気があったみたいです。野太い声でのシャウト唱法は迫力満点で気持ちがいいのですが、ちょっとこちらの趣味からは離れる。
 同じくロカビリー歌手で、名ギタリストでもあるダレル・ハイアムと結婚し、女の子に恵まれています。しかし、数年前に離婚。つらかったその体験が、今回のアルバムには強い影を与えているようで、歌詞の内容は悲痛なものが多い。
 ただ、そうした内容を表現するために、彼女はロカビリーを離れ、多彩な曲を生み出しました。軽快なポップスだったり、ロックだったり、ジャズだったり、ゴスペルだったり、あるいはムード歌謡(笑)っぽかったり。その自由な取り組みがとても良いのです。

 ヒット路線のポップス調の「 Should've Been You 」。アルバムの中でもいちばんのお気に入りです。
 アルバムではジェフ・ベックのギターソロが泣かせる「 Black Tears - Live at Maida Vale Studios 」 。ただ、このスタジオライヴでボトルネックギターを弾いているのは別人ですね。

 イメルダ・メイのファルセットには、とりわけ驚かされます。まるで別世界へ連れてゆかれるかのよう。こんなに解放感のある歌声は、あまりないでしょう。U2のボノやジェフ・ベックがぞっこんになるのも当然だと思います。

 興味と時間がおありでしたら、ジェフ・ベックとともにレス・ポールに捧げたこのライブを。ジェフがレス・ポールのギターを、イメルダがメアリー・フォードのボーカルを再現していてゴキゲンです。
 最初に何曲か歌っているのが、ダレル・ハイアムですね。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルガモ親子 | トップ | 脚長蜂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL