惑星ダルの日常(goo版)

(森下一仁の近況です。タイトルをはじめ、ほとんどの写真は交差法で立体視できます)

バッタ談義

2016-07-29 20:37:00 | スポーツ

 午前中は雲が多かったのですが、午後になると真っ青な夏空が広がり、強い陽射しが照りつけました。最高気温 32.7℃(隣町アメダス)。

 夕方、市民プールへ行くと、昨日まではいなかった常連さんが泳いでいたり。夏本番という感じになってきました。

 ドルフィンキックの練習をしていて、顔見知りの方と「むずかしいですね」という話。その人はバタフライを泳ごうとしていて、肩を痛めたことがあるとか。
 確かに肩と腕の負担が大きい泳ぎではあります。想像してみるのに、無理に上体を水面上に出そうとすると、肩に無理がゆくのでは。しっかりキックを効かせ、体を波打たせることで自然に上体が浮くようにすれば、ゆったりと、あまり力を入れずに泳げるように思います。なかなかそこが難しいのですけれどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け

2016-07-28 21:00:02 | 季節

 関東甲信地方、梅雨明け(新潟はまだなのか?)。
 カラッと晴れたわけではなく、雲の切れ目から時折り陽が射すといったお天気。最高気温 30.5℃(隣町アメダス)。

 市民プールではふだんの泳ぎの後でドルフィンキックの稽古。早く正しいキックを身につけたい。

 〈小説推理〉9月号が発売になりました。担当のSFレビューで次の3作を取り上げています――

  • 奥泉光 『ビビビ・ビ・バップ』 (講談社)
  • 東山彰良 『罪の終わり』 (新潮社)
  • 山田宗樹 『代体』 (KADOKAWA)

 『ビビビ・ビ・バップ』はとにかく楽しい。
 「ジャズと落語、さらに将棋も加わった一大エンターテイメントSF。調味料として1960年代末の新宿アートシーンがたっぷり」と評してみました。バーチャルスペースに「お墓」を作るのが話の発端で、そのお墓には新宿末広亭からアートシアター新宿文化あたりの街並が精密に作り込まれているのです。「何のこっちゃ?」と思われるでしょうが、とにかくそういうお話。古今亭志ん生と立川談志(のアンドロイド)がとてもいけないことをしたりもします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都草

2016-07-27 21:10:04 | 草花

 相模原市の障碍者施設での大量殺人事件。
 犯人は「使命感」に駆られて犯行に及んだように見えます(少なくとも、本人はそう信じている)。その点でイスラム過激派などのテロと共通したものがありそうです。
 自分に正義があると信じているところに、どうしようもないやりきれなさを覚えます。

 テロも含めて、こうしたことが起こらないようにするにはどうすればいいのか。

 ひとつは、人間には他者の生命を奪う権利はない、ということを徹底させること。
 もうひとつは、人が人として生きるとはどういうことかを、1人1人がしっかり考えること。
 このあたりにあるのではないでしょうか。

 これらは成長するにつれて、自分で考え、納得してゆく必要があるのでしょうが、それにはやはり考え方の指針が必要。そのための教育は、今、どうなっているのか。気になるところです。

 写真はミヤコグサの花。

 夕方、出かけた稲城中央公園の道端に咲いていました。
 マメ科の多年草。鮮やかな黄色はカロチノイドによるものだと思われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油虫

2016-07-26 20:33:00 | 園芸

 2階のベランダで育てているオクラ。今朝、そばに寄ってじっと見ると、若い葉っぱや花芽にアブラムシ(アリマキ)がいます。
 さらに、葉を裏返すと、どの葉にも大量のアブラムシが!

 うかつでした。順調に育っていると思って、点検がおろそかになっていたのです。

 習字用の小筆を取り出して、掃き落とすことにしました。
 最近、私のアブラムシ対策はこれ。よく効くのです。

 葉が多いのと、1枚1枚が広いので大変でしたが、おおむね掃き落としたはず。
 でも、また寄ってくるのがいるだろうし、取り残したのもいるので、明日以降も何度か筆で掃き落とすことになります。油断大敵。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-07-25 20:46:22 | 草花

 最高気温 27.9℃(隣町アメダス)。昨日より1℃低く、暑いのか涼しいのか、微妙なところ。
 プールへは行かずに、ひさしぶりに野川公園を散歩しました。

 野川沿いの道端にアカザが生えていました。

 アカザ科の1年草。ホウレン草もこの仲間で、アカザの若葉はゆがいて食べることができるそうです。
 その若葉は、見てのとおり、赤紫色に染まっています。同色の粉が表面を覆っているため。

 なんとも微妙な色で、見つめていると、なぜか切なくなります。
 この色は一般的な植物色素であるアントシアニンやカロチノイドとは違い、ベタレインという色素によるもの。ナデシコやサボテンにもこの色素をもつものがあるそうです。
 透明感があり、鮮やか。淡い光を放っているようにも思えます。

 写真の背景に見える黄色い花は、たぶん、クサノオウ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加