惑星ダルの日常(goo版)

(森下一仁の近況です。タイトルをはじめ、ほとんどの写真は交差法で立体視できます)

キタサン沈没

2017-06-25 21:17:40 | 競馬

 今日もスポーツ観戦に力が入りました。

 午後3時40分、競馬・宝塚記念。
 キタサンブラックが圧倒的に強そうなので、馬券は買わず、勝ちっぷりを確認するつもりでテレビの前に座りました。

 最外枠からのスタート。スムースに出て、前をうかがいましたが、シュヴァルグランとシャケトラが先頭争いをしているのを見てか、無理をせず、3~4番手につけて向う正面へ。上り坂で後ろからデムーロ騎手のサトノクラウンにせっつかれる形で前へ出そうになったものの、まだ我慢。少し口を開いているように見えたのは、どんなサインだったのでしょうか?
 3コーナーから最終コーナーにかけて外側からしかけ、最後の直線でアクセル全開――かと思いきや、不発。まるで故障でも起こしたかのようにズルズルと馬群に沈み、さらに後方へ。出場11頭中9着という無残な結果に終わりました。
 武豊騎手は、敗因について「よくわからないです。全部勝つっていうのはむずかしいですね」とコメントしたとか。
 優勝はサトノクラウン、2着は横山典弘騎手の乗ったゴールドアクターでした。

 強くても、必ず勝つとは限らない。それはわかっているのですが、やはり驚きでした。なんとなく、馬の精神的なものなのかなぁと、思いはするのですが……。精神的なスタミナが切れていたのか、と。

 午後5時50分。
 今度は陸上全日本選手権、男子200メートル決勝。

 昨日、100メートルを制したサニブラウン・アブデル・ハキム選手の走りっぷりを見たいと思いました。
 スタートは特に良かったようには見えませんでしたが、悪くもない。すぐに先頭に立ち、そのままリードを保って、ゴールを駆け抜けました。

 「疲れが残っていたので、後半、もたないと思い、最初から飛ばした」とのことだったそうですが、確かに、ゴールした瞬間、顔を歪ませ、つらそうな様子でした。力を振り絞っての力走だったのでしょう。
 タイムは20秒32、自己ベストでの優勝。100、200両種目の制覇は見事としかいいようがありません。
 伸び盛りなだけに、この先、楽しみです。世界陸上でも活躍して欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲノム編集

2017-06-24 21:27:46 | ニュース

 朝に晩にスポーツ観戦。

 朝は米国大リーグ・ヤンキース対レンジャーズ戦。田中将大投手とダルビッシュ有投手が先発で投げ合いました。
 応援がむずかしい。どちらも良いピッチングを、と祈るしかなかったですね。
 で、その祈りのとおり、両投手とも素晴らしい内容で、ダルビッシュ投手は7回を、田中投手は8回を、それぞれ0点で抑え、先発の役目を最高の出来栄えで完了。
 試合は9回に両チームが1点ずつを取り合い、10回裏、ヤンキースが勝ち越してサヨナラ勝ち。

 夜は、陸上日本選手権。
 目当ては男子100メートル決勝。

 雨が降ってトラックは水を張ったような悪コンディション。5レーンの多田修平選手がスタートでリードしましたが、内側4レーンのサニブラウン・アブデル・ハキム選手が中盤からぐんぐん伸ばして10秒05で優勝。「今日は、9秒台はお見せ出来なかったのですが……」と、今後のタイム向上を誓っていました。
 多田選手が2位。ケンブリッジ飛鳥選手が3位でした。

 「血友病 ゲノム編集で治療 自治医大など開発」というニュース。
 血友病Bのマウスを、ウイルスによって運び込んだゲノム編集ツールで治療する方法を開発したというのです。自治医科大学と東京大学の研究チームの成果。

 すばらしい――というか、凄い!
 ゲノム編集の、とりあえずの最大目標がひとつ達成されたということではないでしょうか。遺伝子に原因のある病気を、ゲノム編集で治療する。

 東大の報告はもう少しくわしい。
 CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)の概要については、たとえば、こちら(クマムシ博士のむしブロ)

 ゲノム編集技術で色々できることが考えられてきましたが、この先ずっと良い目標に向かうことを祈りつつ、動向を見つめたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受粉

2017-06-23 21:17:13 | 園芸

 都議選告示。
 昼前、野川沿いを歩くと、すでに噂されていた候補者4人のポスターが貼られていました。自民、公明、共産、無所属(民進を離党)。
 この中から3人が当選することに。

 投票には必ず行くつもりですが、しかし、票を入れる候補者がいません。まいったゾ。

 ゴーヤの雌花が咲いていました。
 放っておいても虫が受粉してくれると思いますが、確実を期して人工授粉。雄花の花粉を雌花の柱頭にまぶしました(黄色い粒粒)。

 柱頭についた花粉は細い管(花粉管)を柱頭に潜りこませ、どんどんその管を伸ばして、子房に精細胞を届けます。うまく実ができますように。

 夕方はつつじヶ丘の本屋さん「書原」へ。
 ぐるりと棚を見てまわり、笹公人『ハナモゲラ和歌の誘惑』(小学館)、須黒達巳『ハエトリグモ ハンドブック』(文一総合出版)など4冊を購入。
 ハエトリグモを愛でつつ、ハナモゲラ和歌を詠んでみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭仕事

2017-06-22 21:16:36 | 園芸

 梅雨の晴れ間に庭仕事。

 私の場合、「仕事」というよりは「遊び」なんですね。庭仕事ではなくて、庭遊び。楽しんでます。

 まずはトマトの土寄せ。プランター栽培なので、寄せるというよりは、土を足す。
 堆肥が圧縮されるのか、土の量が減ってくるので、足すことにしました。堆肥に赤玉土と草木灰と卵殻紛を加えたものをバケツに何杯も足しました。
 こうするとトマトの茎の下部が土に埋もれます。そこから新しい根が出るので、トマトの勢いが盛んになるはず。今、4段目ぐらいまでついている実を、あと2段ぐらい増やしたい。

 次に、イチゴの株の整理。
 ほとんどの株を抜き取り、2つのプランターに1株ずつ残しました。ランナーを伸ばして、苗を育てる準備をします。
 こうやってイチゴは何年も育てつづけることができるんですよね。今のトチオトメは、今度で4年目になるのかな。

 続いて、カイヅカイブキの剪定を最後まで終わらせ(といっても道路脇のぶんのみで、まだ玄関前にある……)、枝をシュレッダー処理。
 先日のオウバイの枝を粉砕したものは、新たな堆肥の材料にし、カイヅカは地面に撒きました。

 これでちょっとひと息。梅雨にあまりたたられずに済ませることができ、やれやれです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポトリ

2017-06-21 20:37:09 | 園芸

 梅雨前線と低気圧の影響で、日中は風雨が激しくなりました。

 プランターで育てているトマト(ホーム桃太郎)の、いちばん下の実で赤くなったのがあるのですが、もう少し熟れるのを待ちたいと思っていました。でも、雨に濡れると、実が割れてしまうかもしれない。
 で、雨が強くなる前に雨除けをすることにしました。ビニールシートを張りめぐらせ、雨水が土に浸み込まないようにしたのですが、作業をしているうちに、赤い実がポトリと落ちてしまいました。

 たぶん、十分に熟していたため、振動によって落下したのでしょう。
 ということで、雨除けは不必要に。
 でも、まあ、まだ青い実もあまり水分をとると割れる可能性があるので、そのままにしました。

 雨は夕方には上がり、日没後の空はピンクに染まりました。明日はまた晴れて暑くなるそうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加