ぬふあうえお!

世間のかたすみでなにかを語る

じいっと見るのは(痴漢かそうでないか その2)

2017-06-16 04:15:38 | 日記
ある日、隣の席に座っていた職場の先輩(男性)が、管理人の足をじいっと見ていたことがあります。
わたしはタイトスカートにストッキング。ふつうのオフィスカジュアル。なんの変哲もない足です。

別の時、男性の友達と向かい合わせで話していたら、管理人の顔よりも胸を見ていました。
水着とかではなくセーターでした。大きな胸でもありません。

その時はなに見てるんだよ!と思いました。じろじろ見るのは失礼だろうと。
そして、足や胸という女性性が強いパーツを見つめる彼らに混乱しました。
彼らは恋人ではないし、恋人になろうとする関係でもなかったのです。

あとで、なに見てるんだよ!となぜ思ったのかわかりました。

わたしは男性をじいっと見ることが全然ないんですね。

彼氏でも熱っぽく見つめあうなんてそんなにしないし、眠ってても起こすのもいやだし
見つめることもあんまりしないでほかの部屋に行きます。

恋人でもそうなのに、仕事先のひとや友達や、たまたますれ違った人にそんなことしません。

自分は男性をやたら見つめることはないのに、男性の彼らが恋人でもない女性にそうすることに
戸惑っていました。
でも、だんだんわかってきました。
彼らは別にわたしを見ているのではなかったのです。

彼らにとっては、わたしの顔や性格はどうでもよくて、ただそこに女性の足と胸があったから
見ていただけのことだったのです。

それがわかったとき、けっこう楽になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痴漢かそうでないか。 | トップ | スマホ見ながら歩きたくない »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。