サイドスタンド 

 バイクが教えてくれたことなどを勝手に気ままにつづるブログです。
 少しでもバイク好きが増えてくれたらうれしいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NUDAミーティング2017の写真について

2017年08月18日 20時56分43秒 | バイク

大変申し訳ございません、PCが飛んだのでアドレス全部消えたのと、やる気のなさで写真のUPができませんでしたが、

メールにて参加の皆さんあて、ダウンロードのリンク先連絡させていただきましたのでよろしくお願いします。

ukiさんとヒロユキさんは不明アドレスとして戻ってきました。お気づきでしたらコメントください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メータの修理(トリップ等切替ボタン破損)

2017年08月18日 09時20分14秒 | バイク

NUDA定番故障のひとつ、メータの切替ボタンのお亡くなりです。

前回カズさんとツーリングでの最後のガス入れ時、トリップゼロにしようとしたら、「スカっ!」と手ごたえ無し。「ああ、あれだ!」と察し。

 

つがたくさんが補修要領をブログで見ていたので、その構造上、みんなが経験するな(;^_^Aと思ってましたので、焦らずただため息w。

 

で、暑さと忙しさにかまけてほおっておいたのですが、車検に出す期日になり、オドメータが見れないのはまずいな、となり修理に重い腰を上げました。

 

ツガタクさんの写真みて、私なりの補修方法は概略考えてあったので、現物に合わせて考えることにして、まずはメータ取り外し。

 

1、メータ取り外し

奇跡的にこの作業はNUDAの作業性から考えると神対応な安易さで助かるw。ウインドシールドの下2本とウインカー側の横2本のトルクスで簡単にアクセスできます。

次に、でかいコネクタを爪を折らないように、丁寧に押して引き抜いて、後はメータの支柱3本をCリングで止めてあるので、これをラジオペンチなどで引き抜けばメータは上に取れます。

 

2、メータの分解

T6の極細トルクスでメータを分解します。ラビリンスでパッキンを押し付ける防水構造のため、ねじを外せばメータは割れます。これもプラスチックがやわなので、割らないように慎重に。

 

3、メータのボタン再生

警告類のパネルを先に一旦外します。んで、折損個所と全体のつくりを観察。走行モード切替ボタンも同様の構造なれど、使用頻度が少ないのでこちらやまだ折れていない。しかしいずれは時間の問題でしょうから、こちらも先に手を打つ感じで真横から支柱兼ばね代わりにシャフトを通して補修することに。

①支柱用の横穴開け(穴サイスは使うクリップの直径が通るサイズ)

②そのままだと回ってしまうので、適当なガイド役として、ワッシャを使うことに。

③そもそも、手袋では押せない奥まったボタンだったので、ボタンの頭にミニビスを打ち込んで、ゴムのボタンがやや膨らむ程度に高く矯正。

これで、空ストロークゼロで、手袋からでもプチプチ押せるようになりましたw。

 

4、再組

メータはゴミなどあると目障りなので、きちんとゴミが無いように、丁寧にブロアして、メータもついでにふきふきしておきます。

トルクスで中央から締めてゆきます、あくまでT6のタッピングビスですから、隙間が消えたらOKなトルクで軽く締めます。

車載時にトラブルが、、、コネクタが硬い。 「ん?」とみるとグリーンのOリングがどうやら噛み込んでいるよう。よくよく観察すると、そもそも最初にうまくシール出来ていなかったようで、めくれていた永久変形跡がwww。

流用工具でなんとかオーリングを引っ張り出して、外周にうまく収まるようにひずみ取りをします。んで合体・・・スッキリ!。軽くはまりました。

 

5、これで、完成。

ついに2万キロ越えの5年目車検(これから出しに行きます)です。

車検では、ステムベアリングの状況、5年目なのでクーラント全交換予定です(ただし、これは作業スキルが心配なので要領を念押ししておかねば!)。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 NUDAミーティング 第5回の開催報告!

2017年05月07日 15時19分12秒 | バイク

早いもので、NUDAが日本初上陸して、もう5年経つわけですが、(と言ってもオーナーの手に渡ったのは9月ぐらい)まだまだ元気に走っております。

 

さて、今回は前夜宿泊組が6名で、千里浜に集合してから富山経由で行こうとなりました。

広島からjan@広島さんが、皆勤賞での参加ということで、さすがに当日ありすまでは厳しいと小松泊されるということで、

当方と前前夜祭を2人で一杯やりまして、翌日ホテルで合流して千里浜を目指します。

この日はまずまずの快晴でして、広島からせっかくきてるのだから、と千里浜の海岸線を走ってみます。

 

当日はスバルのレヴォーグの全国イベントがあったようで、100台以上のカッコいいレヴォーグが集まっていました。

改めて、千里浜は貴重な観光資源だな、と皆さんが海岸走行を楽しんでいました。

 

ここで、3台が合流。なぜか、BMWとドカティが!。

 

昼食を済ませて、富山までの快適ロードをカズさんに案内してもらいます。

スクランブラーを先頭に、快適に走ってR41を目指します。

途中で、カズさんはスクランブラーからハイパーにチェンジ。同時にカズさんから絶版のフロントシールドをjanさんに手渡しオークション、装着して出発(^^♪

主役のNUDAのアップ

背景のアルプスがさすがに富山県、壁のようです。

ここから、ひたすらありすを目指します。

15:40分頃に無事到着。翌日は天気が期待出来ないので、この日のうちに記念写真撮っておきます。

今回は、ツーリングしながらこれたので、大変道中楽しい走りでした。やはりこの時期ですから車が多く、

おとなしく走ったののは言うまでもありませんw。

 

ありすでは、夕食の後、ゆっくり温泉に浸かってから再び集合してケーキセットでまったり。

今回は酒もたばこもない、きわめて健康的な集いでした。(寄る年波で、大人しくなった(;^_^A

(ゆっくり露天風呂を独り占めで、おぼろ月を眺めていい時間を過ごしましたよ)

 

さて、翌日は、朝から激しい雨。「やっぱりか!」とあきらめ顔で皆さんと朝食。

遅いほど回復方向なので、ゆっくり準備して10時過ぎに出発。

ありすのオーナさん、毎度お世話になりました。

 

で、ものの

10分足らずで一の瀬園地の会場へ。

悪天候で、客足鈍く、駐車場も車はまばらです。いつもの一角を確保。

前5台のNUDAがせいぞろい。んで、同窓会の2台も加えて、総勢7名の集合となりました。

 

結構なヘビーレインのため、昼食を早めに取って12:30には解散支度。

 

関東、関西方面は松本方面へ、残りは安房トンネルで富山と福井方面に別れます。

janさんと福井で別れ、当方は16:00頃帰宅。にゃんこがお出迎え。

 

雨で、千里浜の塩も落ちたでしょうが、一応泥を洗い流して収容しました。今回は、キャンプ場から当日来ていただいたKさん以外、皆ありすで過ごしたので話のネタもほとんどが、前日に語り明かしておりましたので、Kさんのバイク状況など聞いて、解散となりました。

ご参加いただいた皆様も、本日無事帰宅されたことを確認出来て、ほっとしております。皆さん、お疲れさまでした、またありがとうございました。

主要な写真データは、またDropBoxにて、吸い上げてもらおうと思いますので、しばしお待ちください。

 

 

今後の動静について

何せ、情報不足な希少種のため、オーナ情報交換会のネットワークの役割を果たしてきたのかな、という感じのNUDAミーティングも、秋には2回目の車検を迎えることになります。

車体の不調情報も、

【必須メンテ事項】

・ステムベアリングのグリース交換。

 すでにグリースが固化してしまってのち、気が付いた方はベアリングごと交換。日本製のいいグリースをたっぷり

 塗りなおしてください。

・ECUのVerジョン書き換え

 信号停止でのアイドリングせず、、や、アクセルオフでの回転落ちせず、などの症状緩和と同時に液晶表示モードの更新。(完治はしませんが、かなり緩和されます)

 

・冷却水の補充

 気が付かないで、リザーバータンクからエアを吸わせると局部オーバーヒートの危険性

 一旦、オーバーヒート兆候をだすと、だいたいリザーバタンクがカフェオレになります。これはどっちが先か、定かではありませんが、カフェオレになると大体ウオータポンプシール交換が必要です。

 

これらが、一応、NUDAの重要メンテ事項でしょうかね。これ以外にサブ補修事項として

・シートレール後端のパイプ穴をふさぐ。

 ここを塞がないと、水が浸入しタンデムステップを外すとそのボルト穴から錆汁が出ます。何年持つかわかりませんが、いずれ腐ってここから折れるでしょう。

・触媒部、マフラーとの接合部溶接割れ

 おそらくエキパイの熱膨張とマフラー固定に対して、真横に付く触媒部をフレームにボルト締めしている関係で、熱膨張による熱疲労が90度に曲げられた溶接部にたまるせいだと思われますが、溶接補修するか、社外品の

 マフラーに変えるなどの対策が必要。

・一部の車両にみられるスプロケ異常摩耗

 納車時にチェーンラインが出ていなかったのか、初期純正チェーンの品質の低さから不規則な駒伸びが起きることで、振動やハブダンパーのパンクを引き起こした個体があり、これらは早期にスリードなどの高級チェーンに

 変えて、スプロケもダメージあれば同時交換することで、のちの被害を軽減できます。

 

後は、快適性へのモディファイとして

・クラッチの重さ軽減

・シートの加工

・ミラー、リアのフェンダーレス化(ナンバーステー交換:ただし、脳天まで泥が飛んできますので、、)

・ラジエーターフィンガード(巻き上げる砂利などで、ラジエータ全面には結構な砂が溜まります。致命傷を受ける前に必須でしょう)

まだ細々ありますが、ほぼ上陸したNUDA100台前後の中の25台程度のサンプル情報が得られましたので、十分な価値があったと思います。

何より人柱を厭わない濃いバイク乗りが多かったので、毎度楽しい話が聞けてバイク趣味の楽しさが味わえました。

 

というわけで、NUDAミーティングも一定の役割を終えたのではないか、と考えています。今後とも、NUDAライフを満喫してゆきますが、

メンバーの車両入れ替えも進んで行くでしょうが、貴重なヌーダを維持して行く情報交換は残したいので、適当な時期にツーリング企画はやりたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 NUDAミーティング 第5回 開催案内

2017年04月28日 22時58分10秒 | バイク

もう、1週間後となりました。

2017 NUDAミーティング 第5回 開催案内

すでに予告の通りですが、なんとかお天気しのげそうですね。

前夜祭:5月5日よりスタート

・11時30分頃~千里浜レストハウス集合
 (予定では5台ほど集合)
参考ルート:https://goo.gl/maps/LQKXKHuN52E2


・12:00~13:00:昼食

・13:00頃から富山方面移動

17:00頃?、ペンション「ありす」到着
 自由宴会
 

5月6日 NUDAミーティング 第5回

・集合場所:いつもの 「一ノ瀬園地 駐車場」
・集合時間:10:00~(出発時間まで)

・11:30:一ノ瀬園地 レストハウスにて昼食
 適当に歓談 / 昼食後は恒例の集合写真撮影会
 
・13:30:出発(解散)
 (帰路のコースに合わせてグループで・・・)
 
今のところ、参加表明者は
ありす組(Oyajinnさん、ヒロユキさん、jan@広島さん、カズさん、ukiさん、河童)
と、1、2名のゲストが来るかも、、、ナ展開。

(今年は子河童はNDで九州旅行に行くそうで欠席)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 NUDAミーティング 第5回 行動予定の予告

2017年04月26日 20時46分59秒 | バイク

皆さま、ご無沙汰しております。

パソコンの突然死で、不覚にもメールアドレスがデフォルトの保存から移し忘れた、、はずはないんですが、消えてしまいましたw。

 

ので、本ブログにてのみの連絡となります。(LINEは生きてますのでどーぞ)

で、5月5日に千里浜レストハウスにて、昼食とって、久々にマスツーリング(と言っても多分5台?)の工程を楽しんで、ありすでゆっくり風呂を楽しみたいと思います。

目立つバイクなので迷子にはならないと思いますが、11時30分ぐらいを目途に集まっておけばだいじょうぶでしょうかね?。

Oyajinnさんとカズさんとヒロユキさん。そしてまだ調整中ですがjan@広島さんと、私は小松から一緒に行くかも。

 

Ukiさんも余裕があれば、千里浜まで来ませんか?。昼だと厳しいかな。

では、何かありましたらコメントでもお願いします。

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加