郵貯スタンプ・じい散歩

日毎に選んだ街を散歩しながら、郵便局の窓口で貯金をし、局名のスタンプを押してもらう。歩く街の感じた事を紹介。

「福島沖地震」に郡山で

2016-12-13 22:19:11 | Weblog
 11月22日(火曜日)
 朝6時、突然の揺れでビックリして目を覚ます。揺れが長く慌ててベッドから下り、テレビをつける。”津波情報”が殆どで、「直ぐ逃げて下さい」の連呼。
 
 5年半前の3月11日、当日は亡くなった妻の母親の95歳の誕生日で、地元の中野哲学堂のイタリアンレストランで昼食を済ませ、実家のマンションの7階で椅子に座って寛いでいた時。全く動けず、震源地が福島と聞いてビックリ。その後、何回か福島県・岩手県を訪問させて頂き、陸前高田の”奇跡の一本松”を始め、色んな場所を見させて頂いていたが、その福島県郡山市で地震を受けるとは思わなかった。
 約2時間、テレビを見ていたがそれ程の動きや、津波を感じられず、画面も殆ど変らない、もっと他の情報を送れないものか?と、思ってしまう。8時になり、2階のレストランで山口氏と待ち合わせていたので行ってみたら、”地震が起きた”とは一切感じさせない、普通の状態だった。
 この画像は、夜のニュースの時に見た画像です。
 
         沖に出た漁船の状況を            多賀城市の河川を遡上する津波
 本当は、来週(28日~1日迄)”大人の休日倶楽部”のパスで東北(新潟含む)7県を「ご当地フォルムカード」を買う為に、今回は日本海に沿った電車に乗って動き、青森からは日本海に沿って走る電車で移動しながら新潟まで回る積りでいたのが、一週間早くなってしまったので、パスが使えないので、一寸回り方を変えた。秋田県の分は、知人に送って頂いたので今日は、山形県・宮城県・岩手県・青森県の4県を回る積りで、郡山駅に向かったら、駅前で、今朝の地震の”号外”を頂いた。始めに山形県赤湯へ行こうとしたが、山形新幹線が不通で、路線を変えて仙台に向かう事に。
 
            郡山駅                        駅前で配られた”号外”
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村さ来東北地区本部20周年... | トップ | フォルムカードを求めて東北を。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL