郵貯スタンプ・じい散歩

日毎に選んだ街を散歩しながら、郵便局の窓口で貯金をし、局名のスタンプを押してもらう。歩く街の感じた事を紹介。

「青森魚菜センター」”のっけ丼”

2016-12-20 19:57:04 | Weblog
 11月23日(水曜日)
 昨晩は、霙が降る中、「半兵ヱ」の本部直営店の串焼き「助六」で飲んで、外に出たら本降りになっており、それ程早く寝た訳でもないのに、一度目を覚ましたら眠れなく(昨日の早朝の地震が影響しているのか?)、外を見るとかなり積もってきており、天気余予報は明日も雪。今日は”勤労感謝の日”で休日。本来は、レンタカーを借りて、津軽半島の「高山稲荷神社」の”千本鳥居”と「十三湖」、そして今回の目的の一つだった(テレビで吉永小百合さんが宣伝している)「鶴の舞橋」を回って、もう一泊して24日に帰京しようかと思っていたが、昨晩からの雪が積りだし、今朝は5㎝位積もっていたのでレンタカー移動はやめて、電車で「鶴の舞橋」だけ行って、今日中に帰京しようかと。
 青森に来ると、朝は必ず近くにある市場へ行って食事をする事にしている。雪が降り続く中、「青森魚菜センター」へ。ここの「のっけ丼」は2014年11月、「第一回全国丼グランプリ・海鮮丼部門・金賞」の店。自分が村さ来在籍中からの”行きつけの店”だ。

 
      泊まったJALシティー前の雪景色               「青森魚菜センター」

 まず、ご飯のお店で食券を買い、発泡スチロールの丼にご飯を盛ってもらい、それを持って市場内を歩き、好きな食材を食券で買い(不足したら現金でも可)、元に戻ってテーブルで食べる。

 
     ”ご飯のお店”で食券とご飯を買い        「のっけ丼食事券・10枚つづり 1080円

  
        ウニを              マグロの中落ちを           ホタテとヒモを

  
        卵焼きを               海老汁を              大海老を二尾

 
         これで”のっけ丼”完成                    丼だけでは 
海老汁を買った時点で食券が無くなったので、大海老二尾は現金で購入。テーブルに戻って座って食べる。隣のテーブルではサラリーマンが5人で食べていた。センター内は、左側から3本の通路が有り、左から、

 
            手前に案内所                       左の通り

 
            真ん中の通り                       右の通り

 以前は、これ程ではなかったが、今は、センター内の殆どの商店が”のっけ丼”の食材を売っている店の様で、”おばちゃん”に聞いたら、「一般の家庭は、大型のスーパー等での買い物が多くなり、必然的にこうなってきた」と。
 御馳走様でした。又、伺います。
         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォルムカードを求めて東北を。 | トップ | 新年明けましておめでとう御... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL