仮眠室

2017-05-13 | リハビリ
病院のリハビリ科でリハビリをしない人たちが、「脊損のリハビリ情報がない」なんて言っているようです。もともとここに、実在の病院の回復期リハビリ病棟でのリハビリ、労災病院のリハビリ科での日常生活訓練のことが、タダで書いてあります(笑)。二年間調べてなにもわからないというのは、「金儲け」をしたいから言っているだけです。

皆さんここを読んで勉強されているようですが、世の中というより、脊損のリハビリはそんなに甘くありません。

最初のころはトレをすると、「身も心もスッキリする」なんて言ってましたが、今は帰る前の車の中で熟睡するそうです。トレをすると「ボロボロ」になるようですので、ジムに「仮眠室」を作ったほうがいいです。セキソン者がアスリート顔負けのトレをする(できるわけがない 笑)のに、10年間なかったほうがおかしいです。

最初のころは座っていることができなかったそうですが、二年ぐらいで、座って体感トレーニングができるようになったのは、「軽傷」の証拠です。

普通にセキソンになって毎日リハビリをすると、ワンクール約五年ですかね。

あまり詳しく書けないのがもどかしいですが、立って歩いても、「麻痺」は完全に残ります。二輪バイクに乗れるようにはなりますが、仕事ができるようになったという話は「完全なホラ話」です。

と、いうことで、脊損リハビリネタホラ吹きの人たちに、少しお仕置きのため(笑)、更新しますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キツイ話(笑) | トップ | 客引き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。