サヒロの個人美術館

趣味の油絵製作活動を写真付きで日記風にgooブログ。

立膝で椅子に座る裸婦03

2017-06-10 12:40:03 | 日記
 サークル活動最終4日目。例によって実際のモデルを見ながら各部の形を修正した。キャンバスから離れて、描かれた絵とモデルを全体的に見比べ、不自然さがなくなるよう(実際に近づける)修正を行った。私としてはまだ、より美的に形を創造していくまでには至っていない。
 前回までに行った体の各部の色や明暗付けは大雑把で、実際より茶色味を帯びた状態なので、全体的には(微量の黄土色を加えた白色の割合を多くして塗り重ね、ハイライ)ト部分は白をさらに増し、青、紫(赤と青の混色)、場合によっては黄緑を加えて影や色の違いを表現した。顔の部分は逆に色味が足りなかったので、実物を見ながら両目付近の影や頬の赤みを付けていった。
 毛髪は紺、茶色、白を用いて表現したが、まだ実際より青みがかったままである。
 座っている椅子は鉄製のパイプで作った丸椅子であるが、人物を中心に力を入れて描いていたので、完成度はさらに低い。とりあえず現物を見ながら床に接する円形部分を大きくなるよう修正し、パイプのメッキ部分の光っているところを白で大雑把に位置を抑えた。
 背景を最終的にどうするかは未定であったが、とりあえず画面下部に水平線を入れ、床と壁の雰囲気を作り出してみた。
 サークルの終わりには指導の先生から講評があったが、①顔の表情はいまいち、②手が大きすぎる、③背景特に右側の広い部分はこれから何かしようとしているのか今の時点ではよくわからないとの指摘があった。
 実際にモデルを見ての作成時間は2.5h×4=10hなので、時間が足りない。この絵を完成させるためには、頭に残ったモチーフの記憶を頼りに筆を進めることになるが、ネット上の多くの女性の画像を参考にしていく。背景は座っている丸椅子は変更せずに、前述緑青色を基調に、アトリエでほかの画家が同じモデルを見ながら作製しているところ描き足していこうと考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立て膝で椅子に座る裸婦02

2017-06-09 11:37:18 | 日記
 サークル活動2日目。実際のモデルを見ながら体の各部の位置関係・輪郭をチェックし、削除する部分には白、書き足す部分は茶色、背景との境は青色で使って修正した。また、顔や体の部分は、白に赤、橙、茶、黄土色を適宜少量混ぜて、色の違いや明暗をつけていった。顔は1mmずれただけでも実物と違って見えるので苦労するところではあるが、2日目の時間内で何回か描き直したが満足できる結果が得られず、最終20分を使って、スケッチブックに顔部分だけクロッキーで描き、家に持ち帰ってゆっくり時間をかけて描くこととした(写真参照)



 顔の部分はクロッキーを見ながら白茶青を使って目鼻口の形と位置関係をキャンバス上に移していったので、体部分に比べて白く見えている。髪の毛は量が多くおかっぱ風であり、黒色は用いず紺と茶色を混ぜて描き、光っているところには適宜白色を使った。 
 活動日3日目は、前回と同様実際のモデルを見ながら形や位置関係を修正した。木炭画の下絵に比べて、横に伸びた右手の長さを短くし、胴の長さを若干長くした。背景も大きな平筆に紺色を付け、ぺたぺたと縦横斜めの方向に動かしキャンバス全体に青みを帯びさせた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立て膝で椅子に座る裸婦01

2017-06-09 06:51:08 | 日記
2017年5月から6月にかけて計4日の日程で、裸婦をモチーフにした油絵の製作が開始された。初日はF10のキャンバスに木炭を使って下絵を描いた。丸椅子に右足をのせ、左足は伸ばして床につけている。右手は膝にのせ左方向に水平に伸ばし、左手は右肩に手を掛けている。顔はやや下を向き目は右側を見ている。ポーズとしては描きやすい。
サークルでの初日の作業終了後、家に持ち帰り、ホルべインの定着液SPRAY FIXATVEを使って木炭画を固定した。スプレーし過ぎたせいか、木炭が下方に流れた跡ができてしまった(写真参照)。
 一旦乾燥後ホルべイン油絵の具の茶色(バーントシエンナ)を使って輪郭、影を上書きし、体部分は白に茶色を適宜少量混ぜて色を置いて行った。背景部分は下塗りとして、大きな平筆(100均で購入)を用いて黄色を塗った。この時点では上野の展覧会で見た絵の中の一つので、全体が紺色に近い深緑で所々黄色がかった水色の明るい部分がある背景に感銘し、それをイメージしている。
 天気がよかったので、ベランダで絵を乾かして2回目の活動日に備えた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加