サヒロの個人美術館

趣味の油絵製作活動を写真付きで日記風にgooブログ。

タイの民族衣装を着た女01・・・・久々の投稿その2

2018-01-08 18:12:41 | 日記
 この回も、久々の「ひさびさの投稿」で、昨年11~12月に製作した(まだ途中だけれど)、着服人物画の分である。モチーフはタイの民族衣装を着た女で、モデルの女性はネイティブである。
 製作第1日目は、B7の鉛筆によるデッサンを行った。F6のスケッチブック一杯に正面左斜め前より描いた(添付図<上段>参照)。モデルの顔は日本人とは何か違う東南アジア系の人の雰囲気が出せるかがポイントである。体つきは少しふっくら目である。出来上がった絵は少し頭にのせた冠が少し実際より小さい気がする。



 キャンバスはF10縦使いとし、5cm毎に縦横に引いた格子をたよりに、持ち帰ったスケッチブックの絵を鉛筆がきで要所要所の位置関係を移植した。製作2日目にはこれをもとにバーントオーカーを薄く溶いた絵の具で下図を描き始めたが、鉛筆の粉が溶剤に溶けて黒くなるので、用材を含ませた布で鉛筆を適度に拭き取り、実際のモデルを見ながら再度下書きをした。スケッチブックへの鉛筆デッサンの絵に比べて、下半身が長目に描かれた。
 3日目には主体各部に色を載せ、大まかに衣装の詳細な線や模様を描いた(添付図<中段>参照)。
 これを持ち帰り、背景にしようと考えている、タイの風景をネット上で探し、アヤタユ移籍の寺院郡を遠景にすることとした。茶、青、白を使って寺院、仏塔、回廊などを描き込んで、4日目に備えた。
 最終4日目には顔部分の詳細を描き、王冠の形や宝石の位置決め、色づけを行い、合掌部分、衣装の詳細を描いた。




着色








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かごの野菜、ビン類トランプ・・・・ひさびさの「久々の投稿」

2018-01-08 17:03:36 | 日記
 新年明けましておめでとう。ひさびさの「久々の投稿」となりました。
 今回は昨年秋のサークルの活動で手掛けた静物画で、モチーフはかごに入れたトウモロコシとアスパラ、白いずんぐりした陶製のビンと後ろの背の高い洋酒ビン2本、そしてお馴染みのランプである。計4回の作成日の初日は例によってF6版スケッチブックに鉛筆でデッサンした(添付図<上>参照)。
 F6の小さな画面にいっぱい詰め込んで、どうも美的ではない。しかし、この前の作品展で3品を出し、少々疲れぎみだったので、キャンバスもこのままF6版とすることにした。また、少し涼しくなってきたので油絵の具を使うことを考えたが、結局はアクリル水彩画製作のひとつの課題である中間色、グラデーション技術の向上の場とした。
 絵の混雑感を少しでも解消するため、キャンバスにモチーフを配置する時は白いビンとランプは少し右側にずらし、中央を空けた(添付図<下>参照)。


 


 アクリル水彩は上塗りして下の色を覆えるので、比較的色の濃い茶や黒、青の絵の具を使って下書きしモチーフの配置を細かく修正できる。また、乾きが早く、その待ち時間が短いことから、色を重ね合わせて深みや味わいを出すことができる。大体の色を置いた後、試しに額縁に入れて完成時をイメージしてみた。
 今後は、かごと白い陶製の瓶を主役に、立体感を付与して全面に出し、後ろのビンやランプ、敷布類はやや焦点を甘くするつもりである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品展に3品出展(Ⅲ)・・・・木枠と枯れ草

2017-08-07 09:48:58 | 日記
 作品展への出品、3点目はF10のキャンバスを用いた静物画。中空の箱状の木わく2つに、蔓状の枯れ草の塊を立て掛け、何枚かの歯や木の実が散らばっている。
 まず、モチーフを見ながら白のキャンバス上に柔らかい鉛筆で各要素の位置決めをしていく。比較的大きな形状の中空の直方体の木枠と、それより小さいスケルトン状の立方体は、直線のみで構成されているので、工学的厳密さ考慮して描いた。一方、蔓状の枯れ草の固まり、枯れ葉や木の実は複雑の線の集まりで、木枠とは対照的で面白い。
 アクリル水彩をはじめて間もないので、手探りで製作している状況です。アクリル水彩は油絵と違って絵の具の乾きが格段に早く、パレットに使用予定の色を全部並べて使おうとすると数10分もしないうちに乾いて固まってしまい、もう使うことができなくなってしまうので、円形の小皿に混ぜるべき2~3種類の絵の具を出しては塗り、また違う色の組み合わせを同じように出しては塗るを繰り返す。
 木枠の部分は定規を使って、直線どうしの平行や直行を意識して、また遠近法も微妙に加えて描いた。各面の明るさを考慮した配色で塗り始めた。枯れ草の部分は、あえて黒の絵の具で、鉛筆をなぞり、明暗はこの時点では気にしないで、各要素の配置を固定した。
アクリル絵の具の早く乾く特性を利用して、各部の大まかな色を塗り、乾かしては色調整をして重ねていく作業を繰り返し、少しづつ現実の色になるようにした。
 複雑な色模様の沢山の枯れ葉はアクリル水彩を描くよい練習材料になった。 アクリル絵の具の性質上、キャンバス上で前に塗った色と新しく塗る色を混ぜて中間の色を出すのは限界があり、なかなかグラデーションをうまくできない。
 そんな時、サークル仲間から「リターダー」という画材があり、絵の具の硬化を遅らせることができるという情報を聴き、早速世界堂でホルベイン製のものを入手した。取扱い説明によると絵の具2に対してリターダー1の割合で混ぜて使用するとなっていた。確かにパレット上の絵の具の固化は遅くなり、より多くの色を絵の具皿に並べることが出来るようになり、またキャンバス上での絵の具の混色もしやすくなった。
 画面手前の床部分は黄色からオレンジ系で、遠景の床、壁は青系にして、大きめの平筆で効率よく塗った。床は始め、明るい黄土色で塗ったが、木枠や枯れ草などの形を修正する度に、はじめの色と少し違った色のバックになるところが各所で発生してしまった。今回の出展直前にそこの部分を修正する目的で、少しオレンジ色を加えた明るい色で上塗りし色むらを解消を試みたが、塗り終わってみると、オレンジ色がきつすぎて火星の表面担ってしまい、木枠や枯れ葉と馴染まないので、出品前夜遅く急遽明るいクリーム色塗り重ねたが時間切れとなった。影の部分まで描き直すことができないまま、見ようによっては明るい砂浜に浮かぶ木枠と枯れ草が空間に浮かんだように見える作品を出品することとなった。
 時間をおいてまた手直しすることを考えている。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品展に3点出品(Ⅱ)・・・・真夏のシーボニア

2017-07-26 21:35:05 | 日記
 作品展出品の二つ目は以前から手掛けていたもの。2014年4月の投稿でとりあえず完成宣言をした真夏のシーボニア。



 投稿後約3年の間に、さらに完成度をあげるため、少してを加えては額に入れては、夏の季節に部屋に飾ったりしていた。今回の作品展に向けて手を加えたところは、左端のシュロの葉の描き直し、日蔭部分の明暗調整、遠景特に白く輝く建物・屋根の薄い青でのグレージング、人物のスリム化、遠景の木立の陽の当たる部分の明度調整を行った。
 これらの手直しをしても白色部分の各部の明暗のメリハリや微妙な色変化をつけたいところではあるが、真夏の眩しい陽射しを表現するため、そのままにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品展に3品出展(Ⅰ)・・・・洞穴

2017-07-26 13:55:27 | 日記
 今年の油彩サークルの1年総決算にあたる作品展は、市民館のギャラリーで1週間行われた。私は油彩画としてF6版の絵を2点(「洞窟」、「真夏のシーボニア」)、アクリル水彩画としてF10版の絵を1点(「木枠と枯れ葉」)、合計3点出品した。
 このブログでは「洞穴」について書き留めることとした。製作一日目はデッサン帳にモチーフとしてテーブルに並んだ多くのものをありのままにスケッチした。中央には木箱にずた袋をかけた上に置かれた鹿の頭骸骨。立派な角と大きく開いた眼孔が特徴的である。周りには錆びたブリキ製みずさしにさされた枯れたアジサイ?、アルコールランプ、ところどころ実がついた枯れ草が置かれているが、まとまりが無く絵にしにくい。F10のキャンバスに描けば全体は入るがあちこちに空間ができ間延びした絵になるかもしれない。
 結局F6のキャンバスを使って、中央に鹿の頭蓋骨を画面一杯に描き、背景右手にアルコールランプを、左側には錆びた水差し刺されたドライのアジサイの花を画面からはみ出し気味の描き込んだ。しかし、左右対称気味の配置になるのと、単純な背景になるのを避けるため、洞窟の中を想定して暗闇の中にぼんやり浮かぶ洞窟出口を左手上方に配し、ランプも水差しの花も薄暗く描き、中央の頭蓋骨が主役になるようにした。
 最終的には、中央の鹿の頭蓋骨の歯の並び、角の表面のでこぼこの詳細にてを加え、またずた袋の微妙な波打ちや垂れ下がりを表現し、各モチーフ下部や後部の影、洞窟出口から暗闇に差し込む僅かな光を表現した。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加