一生に一度のブライダルジュエリー!

ブライダルジュエリー値段も、美しさもいろいろ、どれを選べばいいの?そんなあなたにちょっとしたアドバイスを送ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結婚指輪の交換が始まったのはいつ?

2017-05-26 11:36:51 | ブライダルジュエリー
結婚指輪の交換が始まったのはいつ?

結婚指輪の歴史の長さは並大抵のものではありません。

2000年以上前にもさかのぼるのです。

時は古代。

結婚指輪の習慣は、ローマ時代から始まったといわれます。

一説には、当時のローマ教皇が、誓いのしるしとして鉄の指輪を用いるようにしたことが始まりだといわれています。

相手から贈られた指輪をはめるということは、すなわち「約束を必ず守る」ことを意味したそうです。

その後、西洋においては、13世紀頃から司祭が立ち会う形式の結婚式が始まり、16世紀になると、今度は教会で式が挙げられるようになったといわれています。

結婚式で指輪が交換されるようになったのは、この時期だといいます。

そしてこの結婚指輪の交換儀式は、西洋から日本へ伝わり、一般に広まったのは約50年ほど前でした。





一生に一度のブライダルジュエリー!
じっくりと考え・相談して選んでください。
ブライダルジュエリー専門店 来店予約が便利です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トゥリングをつける指が表す意味 | トップ | 結婚指輪 ダイヤはダイヤでも... »

ブライダルジュエリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL