goo

『ドストエフスキイ後期短篇集』

2009年01月29日 | 読書日記ーロシア/ソヴィエト

米川正夫訳(福武文庫)



《内容》
マイナスをすべて集めればプラスに転化しうる――思索に思索を重ねた末に辿りついた、後年のドストエフスキイの逆説の世界観がちりばめられた後期傑作8短篇。

《収録作品》
*おとなしい女 空想的な物語
*ボボーク
*キリストのヨルカに召されし少年
*百姓マレイ
*百歳の老婆
*宣告
*現代生活から取った暴露小説のプラン
*おかしな人間の夢 空想的な物語

《この一文》
“ けれど、すべての人間は、同じものを目ざして進んでいるのではないか。少なくとも、すべての人間が、賢者から、しがない盗人風情にいたるまで、道こそ違え、同じものを目ざして行こうとしているのだ。これは月並みな真理ではあるが、この中に新しいところがある。というのはほかでもない、おれはあまりひどくはしどろもどろになり得ない。なぜなら、おれは真理を見たからだ。おれは見た。だから、知っているが、人間は地上に住む能力を失うことなしに、美しく幸福なものとなり得るのだ。悪が人間の常態であるなんて、おれはそんなことはいやだ、そんなことはほんとうにしない。ところで、彼らはみんな、ただおれのこうした信仰を笑うのだ。しかし、どうしてこれが信ぜずにいられよう、おれは真理を見たのだもの、――頭で考え出したものやなんかと違って、おれは見たのだ、しかと見たのだ。
  ――「おかしな人間の夢」より   ”



夢で見たことなんて、何の意味も、価値もない。私はそんなふうには思えない。その夢を見たことによって、それまでの人生が一変してしまうような体験は誰にでも起こり得る。私にも起こる。
世の中には、「夢解釈」とか「夢分析」というものがあって、夢で見たことをあれこれ考え直したりする人もいる。私もそういうのを面白いとは思うけれど、夢で得た幸福感や絶頂感が台無しになりそうな場合は信じないことにしている。
結局のところ、ある夢を見て、目覚めた時、それが自分にとって重大な意味と価値を持つという手応えがあった。それでいいじゃないか。だって、私は見たのだもの、たしかにそれを見たのだもの。
「おかしな人間の夢」という物語は、そういう私の考えを強く補強してくれました。

ここに収められた短篇はどれもすごく面白かったです。「ボボーク」は別のアンソロジーにも入っていたので、読むのは2度目ですが、最初に読んだときとは別の印象を受けました。墓場に横たわる死者たちの会話を盗み聞くという物語なのですが、終わりの方にさしかかって、エレンブルグの『フリオ・フレニト』を思い出しました。フレニト先生が言っていたことを思い出しました。しかし、これは多分逆で、『フリオ・フレニト』の中にドストエフスキイの存在を感じるべきところだったのかもしれません。違っているかもしれませんが、そんな気がしました。

また、別の短篇ではストルガツキイの『ストーカー』を思い出したりもしました。「おかしな人間の夢」ですが、この物語の上に引用した部分では、すごくレドリック・シュハルトを思わせます。人類に絶望しながら、でも愛しているのです。叫ばずにいられないのです。自分では何もそれらしいことは出来ないと分かっていても、せめてただ祈らずにいられないのです。信じずにはいられないのです。泣きそうです。

この「おかしな人間の夢」は、意外にもSFテイストな作品です。ユートピア小説ともいえるかもしれません。この作品の強い印象は、ほかの7作品の印象をことごとく吹き飛ばすほどの威力がありました。ここへきてようやくこの本の裏に書かれてあった説明書きの意味が理解できました。「マイナスをすべて集めればプラスに転化しうる」。なるほど。そういうことだったのか。

主人公は、自殺するつもりで装填済みのピストルも用意してあったのに、なぜかつい椅子に座ったままで眠ってしまう。そして夢を見るのだが、そこで信じられないくらいに幸福な「地球」の人々に出会う。幸福で善良な人々に囲まれて、魅力と美と真実に貫かれながら彼は目覚める。これが単なる夢に過ぎないとは言えそうもないことには、彼の人生はすっかり一変し、彼はもう決して死にたいとは思わなかったのだ。

私は本を持つ手が冷たく震えるのを抑えることができませんでした。血がすべて真ん中に集まってしまったのです。ほんの短い物語ですが、ここには私の探しているものがたしかに存在しています。

ただ、ひとつ不思議なのは、きっとこれまでにもこの「おかしな人間の夢」をはじめ数々の作品においてドストエフスキイの激しさに触れて感激し、世界を人類を新しい目を持って見つめ、実際の行動に移した人さえ多く存在したことでしょう。それにも関わらず、依然として人類も世界もさほど良くなったように思えないのはどうしたことなのでしょう。文学にそれを期待するのが間違っているのですか。そんな力はありませんか。私はナイーブ過ぎるのですか。そう思うと、ふいに虚ろな気持ちになってくる。

いや、だがそうではないはずだ。私は信じる。多分100年や200年では足りないのだ。これは種子なんだ。いつかその日が来たら、爆発的に成長する可能性を秘めた、堅い殻に守られた種子なんだ。物語が人を惹き付ける間は、きっと眠ったままだろう。そうやって受け継がれていくだろう。でも、いつか芽吹くに違いない。こんなことを信じることができる。だって、ここで心が動いたことは事実なのです。なんの根拠もなく、何かに憧れたりすることは出来ないはずです。もしそれが決定的に無意味で無価値なものだとしたら。



私は恥ずかしながらドストエフスキイをあまり読んだことがなく、とくに主要な作品にはまったく触れたことがありませんが、この人の作品は思っているよりもずっと読みやすく、そこでこの人が伝えたいだろうことが直接的に伝わってきます。要するに、面白いということです。長編もひょっとしたら読めるかもしれないという希望がいよいよわいてきています。
今のところ私には、ドストエフスキイという人は気軽に手を出すにはあまりに巨大な人物ですが、思いきって読み進めたならば、その人の巨大さは思っていた以上であったということをさらに深く知ることになるのではないかと感じているのでした。





goo | コメント ( 6 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
ドストエフスキー (ペーチャ)
2009-01-29 23:40:47
最近たびたびコメントしてしまってちょっと気恥ずかしいのですが…ドストエフスキーと聞いたらコメントしないわけにはいかないです!

真面目に感想を書くとかなり長くなってしまいそうなので手短かに。「おかしな人間の夢」はユートピア文学として有名ですよね。これはアレクサンドル・ペトロフがアニメーション化しています(「おかしな男の夢」)。

遠い将来、いつの日か人間たちはもっと賢くなっているはずだ、というノトさんのお考えは、まるでチェーホフの『三人姉妹』に出てくるヴェルシーニンの台詞を思い出させますね。文脈は違いますが、未来への希望を語る口吻は、どちらも感動的です。

ドストエフスキーはいいですよ。ぜんっぜん難しくないので、気軽に本をお取りになれば、と思います。その長編は、エンターテインメント的な要素と、いわゆる純文学的な要素が完全に混じり合った、大傑作です。おもしろい。深い。美しい。絶望であると同時に希望、醜悪であると同時に純粋、とにかく凄まじい文学です。

手短かと言いつつ長くなってしまいました。
 
 
 
どんどんお願いします(^^) (ntmym)
2009-01-30 00:23:15
ペーチャさん、こんばんは!
遠慮なさらず、むしろどしどしコメントお願いします♪ ロシアにはまりかかっている私が、ロシア文学専門のペーチャさんとお知り合いになれたのは、幸運としか言えません! いろいろと教えていただけるとありがたいです~。よろしくお願いします!

ところで、「おかしな人間の夢」のアニメですが、私は冒頭だけ観たことがあるかも……。小説を読んでいて、最初の女の子が出てくるあたりにものすごい既視感がありました。どこで観たのかなーと思っていたのですが、それは全部観てみたいですね。

チェーホフも最近ようやく面白さが分かってきたところです。「三人姉妹」も手もとにあるのですが、未読。近いうちにぜひ読んでみたいと思います! 今のところでは「黒衣の僧」が面白かったですね。

ドストエフスキーは、いずれ読まなければならないと思いつつ、物語の長さにつまずいてなかなか手が出せません。私はどうも長編は苦手なんですよね; でも、けっこうスラスラと読んでしまえるから、そろそろ大丈夫かなと思えてきました。がんばります!

>絶望であると同時に希望、醜悪であると同時に純粋、とにかく凄まじい文学

私はそういうのが読みたいんですよね。世の中をそういうふうに切り取ってみせてくれる人を愛さずにはいられませんよね。
 
 
 
ロシア文学 (ペーチャ)
2009-01-30 23:58:25
ぼくは一通りロシア文学は読んでいるのですが、ちょうど読んでいないゾーン、ぼくにとっての空白部分を、ノトさんはお読みになっているようです。ストルガツキーとエレンブルクのことです。ですが『トラストDE』を去年入手したので、今年中には読みたいと思っています。

ぼくに何かお教えできるようなことがあれば、喜んでお力になりたいと思います。

チェーホフは好きな作家で、「ワーニャ伯父さん」は5種類の翻訳を持っているほどです(他にロシア語版も2冊所有)。ちょっとしたマニアですね…。チェーホフは短編作家ですので、ノトさんにとっても取り組みやすいかもしれませんね。ぼくはチェーホフに出会って、ロシア文学にのめり込みました。いいきっかけになる作家かもしれません。

ドストエフスキーは、腹を決めて、えいやっと読み始めれば、後は勝手に最後まで行ってしまうと思いますよ。エンターテインメント性が抜群ですので。恐るるに足らずです。健闘を祈ります!
 
 
 
わ~! (ntmym)
2009-01-31 09:40:52
ですよね、思いきって読みはじめれば、勝手に最後までいけそうですよね、がんばります!!

チェーホフは、たしかに読みやすいし面白いです。とは言え、やはり有名どころはほとんど読んだことがないので、そろそろ取りかかりたいです。「ワーニャ伯父さん」は、ペーチャさんがそんなにはまっておられるということですから、面白そう!

お察しのように、私は何事においても主流からはじめることができないので、まずストルガツキーやエレンブルグ(正確には、ロシア文学の最初はザミャーチンの『われら』でしたが)から入ってしまいます; 幻想怪奇SFを好むせいもありますけど。
ちなみに『トラストDE』は私の大好きな作品です!


 
 
 
今頃 (manimani)
2009-02-03 22:10:08
今頃こっそりコメントしてしまいますが、この短編集、がぜん読みたくなりました!読書心わしづかみですね!

ドストさん長編ではワタシは「悪霊」がntmymさんっぽい気がしました。その次は「罪と罰」でしょうか。ほんとにうっかり読み始めたら徹夜もしかねないのがドストエフスキーの長編だと思います。ntmymさんのご感想が楽しみですね~~
 
 
 
おすすめです~ (ntmym)
2009-02-03 22:47:57
この本はたまたまブックオフで見つけて救出してきたのですが、それにしてもいきなり「後期短篇集」から読むあたりが私らしいですよね……ハハ!
でも、すっごく面白かったですよ~! おすすめです!

私には「悪霊」が良さそうですか。いいですね、タイトルからしてもうワナワナしますよね(^^) いつかは読みたいなーとは思ってたんですよね。徹夜で読書とかこのごろ全然しなくなったので、なにか夢中になって読みふけりたいものです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。