goo

「朝ドラほぼ出番なし」島崎遥香早くも女優失格か

元『AKB48』の島崎遥香が女優として酷評されている。現在、島崎は朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演中だが、全く存在感がなく、「いてもいなくても同じ」と言われている。



「島崎は6月からひよっこに出演しているのですが、ほとんど画面で見ることはありません。連日15分の放送のなかで、画面から目を離さず見ていないと気付かない程度の出番しかないのです」(ドラマ関係者)


ひよっこは、前半から中盤にかけて毎週平均視聴率18~19%近辺を推移していたが、第13週から20%を超え、第18週には22.4%まで上がってきている。


「テレビ小説は全話平均視聴率20%が成功か失敗かの目安です。前半の出遅れを取り戻すために、22%以上を記録し続けられれば、それ以上の結果も見えてくるでしょう。だんだん波に乗ってきたので、問題児の島崎がトラブルを起こさなければいいのですが」(同・関係者)


?


AKBファン失笑ものの出番
島崎は、主役の有村架純が演じる谷田部みね子の働く『すずふり亭』のシェフである牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘、牧野由香役だ。由香は既婚者だが、喫茶店『白猫』にいつもいて、省吾に金を無心するという設定だ。


「根はいい性格なのですが、パーマをかけ、派手な服装をし、わがままでで勝手な役柄はところは島崎そのものだという評判です。奥茨城の田舎から出てきて、真面目に働くみね子は、由香が苦手なタイプ。AKB内で浮いていたのと、まるで同じような雰囲気を出しています」(NHK関係者)


8月6日と7日の両日にわたって、ひよっこのこれまでの放送分(1~17週)の総集編『「ひよっこ一週間」一挙放送 「ひよっこ」ダイジェスト入ります!!』が合計約6時間放送された。その際の島崎の出番もわずかなものだったという。


「彼女は物語途中からの出演ですので、2夜目のダイジェストから登場したのですが、出番が2カットくらいでした。時間にしたら数分でしょう。しかも『白猫』の飲食代を食い逃げし、みね子が払うという場面です」(アイドルライター)


島崎はAKB在籍時にファンを「キモオタ」と呼び、女優を目指して卒業した。


「大騒ぎの末に出ていったのに、端役で“食い逃げ”でしょう。ばかにしていたファンに笑われています。それにドラマ内では妙に老けて見えて、30歳過ぎのようです」(同・ライター)


AKBファンが驚くような活躍とはほど遠い。

こんな元AKBの中でもカスの部類の性悪アバズレを使わなければならないほどNHKは秋豚に何かヤバい秘密でも握られているのか?
国民の受信料でこんな性悪のクズのアバズレなど出演させるんじゃねーよ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 慶大生6人を書... 【警察官暴言... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。