goo

野田佳彦幹事長が新年に決意 民進党は「もう水中に沈んでいる」

与野党は4日、党本部などで仕事始めの会合を開き、幹部が新年に臨む決意を語った。民進党の野田佳彦幹事長は「われわれは背水の陣ではない。もう水中に沈んでいる。そこからどうやってよじ登っていくのか、という覚悟が問われる」と述べ、党勢拡大に全力を尽くすよう訴えた。

 野田氏は衆院解散時期について「通常国会の早い段階での可能性も残っている。その段階でなくても今年中の解散・総選挙は十分にあり得る」との見方を示した。

 公明党の山口那津男代表は、当面の地方選の日程に触れた上で「総仕上げとして、都議選に全力で臨みたい」と強調。衆院選についても「常在戦場の心構えで臨んでいかなければならない」と語った。

 共産党の志位和夫委員長は、民進党などとの野党共闘について「いつ、いかなる衆院解散にも対応できるよう準備を進める。本気の共闘の態勢をつくることができれば安倍政権を退陣に追い込むことは十分可能だ」と力説。社民党の吉田忠智党首も「野党がばらばらでは安倍政治の暴走を止めることはできない」と述べた。

こいつ、何、他人事の顔してほざいてんだ?
お前が、増税と詐欺政策で水中に沈めた張本人だろうに!
まずお前を水中に沈めて排除しない限り浮き上がることは出来ねーだろうに!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« GACKT 堀江貴... 『フルタチさ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。