goo

おニャン子クラブ・元マネジャーの衝撃発言 玉袋筋太郎が暴露

21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、かつての人気アイドルグループ・おニャン子クラブ元マネジャーの衝撃発言を浅草キッド・玉袋筋太郎が暴露した。

番組のオープニングでは、ゲストの熊切あさ美のプロフィールが紹介された。熊切は1998年、18歳のときにアイドルグループ・チェキッ娘として芸能界デビューしている。

チェキッ娘がフジテレビから誕生したグループのため、「平成の“おニャン子”みたいな感じ」だと説明した熊切。すると玉袋が、おニャン子クラブの元マネジャーから聞いた話を暴露。そのマネジャーは「おニャン子3人食った」と話していたというのだ。

これには、ほかの出演者から「ええええ!?」と驚きの声があがり、熊切も「それダメなやつ!」と指摘する。アイドルに造形の深いヒップホップグループ・ライムスターの宇多丸も「結構、いまの暗部…」とこぼしていた。

おニャン子クラブは、1985年に「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)から誕生したアイドルグループ。同年にデビューシングル「セーラー服を脱がさないで」を発売し、メンバーには国生さゆり、渡辺美奈代、渡辺満里奈、工藤静香、生稲晃子らがいた。

マネージャーふぜいで3人も食っているんだから秋豚など何人喰ったか?
少なくとも両手以上だろう。
そして、その中で一番相性のいいのを選んで結婚したんだろうな・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 慰安婦問題「... 小倉智昭氏の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。