新東京歯科技工士学校ブログ 

東京大田区大森にある歯科技工士の専門学校
新東京歯科技工士学校のブログです。
学生生活や技工業界情報をお届けします!

ものづくりで人を笑顔にする★ 新東京歯科技工士学校

歯科技工士を養成している専門学校です。 学校生活を中心に記事を投稿しています。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  

歯科技工士の働く現場〜職場見学に行ってきました〜

2016-05-13 13:16:01 | ★歯科技工業界★

先日5月6日、技工局遙映生〜3年生で

東京都江戸川区にある和田精密歯研株式会社に

職場見学に行ってきました

全体を2つのグループに分けて

社内の見学と、

レクチャールームにて会社概要説明を受けました

 

技工室はとても広々としていて、

作業工程ごとに行う場所が決まっており、

効率よく仕事が出来るようになっていました

新しいというだけでなく、

片付いていて清潔感があり、とてもキレイな部屋でした

会社概要では、和田精密の目指す姿や

その現状についてお話頂きました

歯科技工業界で最大手の企業なので、

自分の会社だけではなく

技工業界全体を引っ張っていこうということも

考えていらっしゃるとのこと…

また、CAD-CAMなどの自動化を取り入れることにより

効率よく働くことを心がけることで

社員の方の残業の時間は減り、

お給料は上がっているそうです

実際、見学は18時からでしたが、

ほとんどのスタッフは帰宅した後でした

 

技工室内のキレイさと、勤務時間、

お給料など具体的な数字も見せて頂き、

学生達は驚きとともにやる気いっぱいになった様子でした

 


この記事をはてなブックマークに追加

歯科技工士の意義

2016-05-09 18:56:20 | ★歯科技工業界★

新入生導入教育期間も、残りわずか

そんな新入生に向けて、

9日に学校長の講義がありました


まず始めに

『コンセント(ソケット)』の穴の長さの違いに関するお話

コンセントの穴も、実は左右で長さに違いがあります

同じに見える長さも、本当に同じ長さかどうか調べ、数値化し、

物を見るようにしましょうと仰っていました

なぜかというと、

歯科技工士が作る技工物(入れ歯や金歯、銀歯etc...)が

患者様のお口の中に入り、食べ物をいざ噛んだ時に

もし、小さな違いがあると

噛み辛かったり、不快感を持ってしまうため、

特に慎重になって欲しいとのことでした

そして次に

『入れ歯になったロバ』について

(一つ前のお話とも繋がります)

歯が無くなってしまったロバは、

大好きな野菜も食べることが出来ず、困っていたところ、

なんと入れ歯を入れることで、昔の感覚を思い出し、

噛めるようになったというお話でした

驚き

 

動物でも人間でも、物を噛む事はとても大事で、

生活には欠かせません

今回の講義で、歯科技工士の必要性を
さらに実感したことと思います

学生の皆さんには、

ぜひ、患者様の立場に立ちながら

小さな違いにも気づき、より良い技工物を作れるよう

こだわっていって欲しいです


この記事をはてなブックマークに追加

職場見学で得たもの(デンタルサポート株式会社)

2016-05-09 12:16:46 | ★歯科技工業界★

 

先日、デンタルサポート株式会社様に職場見学をさせていただきました。

ラボも今年新しく新装したそうで、とても広くて、キレイな職場でした!

 

 

見学では、

歯科技工所での部署、役割、機械・器材、それぞれの部屋を案内していただきました

 

途中、先輩が後輩にひとつの机で、熱心に技術を伝えているところが多く見られ、

技術は見て盗めということではなく、

しっかりと、先輩から後輩に、技術を伝えていく社風だと感じられました

 

職場の雰囲気も明るく、学生の質問にも気さくに答えていただき、

現場の方に直接聞くことが出来てとても参考になりました

 

 

 

途中、CAD室では、責任者が自ら学生を案内してくださって、貴重な体験となりました

 

これからは、海外に進出するので、特にアジアを重視していくということ、

ジョブチェンジ制度を取り入れているので、

部署の異動などは、積極的にやりたいことを声に出した社員の要望に応えていきたい

と、丁寧な説明をいただきました

 

 

 

昨年も訪問させていただいて、

 今年社員になっている卒業生もお会いできました。

 

さらに、社内を歩いていると、出勤していた多くの卒業生ともお話が出来ました。

在学中にお世話になった先生の話や、新しくなった校舎の話で盛り上がりました

 

最後に、在学中にぜひやっておいてほしいこととして、

 学生から社会人になるに当たって、気持ちの切替、特に挨拶・身だしなみはきちんとすること

 カービングの練習はこの先でも基本となってくるので、しっかりやっておいて欲しい。

 材料学も素材一つ一つに興味をもって、新しい情報を調査するぐらいでいてほしい。

とアドバイスをいただきました。

 

見学した学生の中には、

初めて職場見学をした学生がほとんどで、とても良いイメージを持つことが出来ました。

 

そして今回、海外就職を希望する学生も参加していました!

事前にデンタルサポート様にアピールできる機会ともなったことで、

とても充実した職場見学になりました


この記事をはてなブックマークに追加

職場見学。見学後も大切!〜プレゼン準備

2016-05-02 11:30:18 | ★歯科技工業界★

今日はGWの中日ですが、

学生さんたち元気に登校しました!。

 

技工士学校昼間部2年生は

午前中はパソコン教室での授業です。

先週、グループに分かれて9施設の

技工の職場を見学したので

施設ごとの発表会用プレゼンを作ってます。

見学の様子はいくつか紹介してます。

職場見学のようす こちらは4月28日。

職場見学のようす2 こちらは4月26日。

 

発表会は5月13日。

1施設7分で発表します。

メンバ〜で手際よく分担して作業をしています。

見学時間は2時間ほどありましたが

発表時間は7分間と質問2分。

限られた時間で

何を伝えるのか、伝えないのか。

これもプレゼン制作を通じた

コミュニケーション技術の学びです。

発表会では見学できなかった

施設の様子を知り、就職活動につなげます。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

昭和大学歯科病院へ見学実習に行ってきました☆

2016-05-01 19:25:47 | ★歯科技工業界★

4月23日(土)に、局(夜間部)の1年生が

昭和大学歯科病院を見学して来ました

入学してまだ間もない時期ですが、

早期に歯科医療現場を見学することにより、

自分の将来像と目標を明確にすることができればと、

一昨年から実施しています

昭和大学歯科病院は、土曜日は13:00まで診療をしていて、

歯科技工室のスタッフ15名が交代で4、5名勤務しているということでした

見学コースは、治療室、歯科技工室、デジタルラボラトリー室(CAD/CAM室)

案内役は、夜間部1年生の歯科理工学の講義を担当される鍜治田忠彦先生

先生は本校の吃遙慨生(1984年卒)で同窓会会長でもあります

また、鍜治田先生の他にも、各務 信幸先生(1987年卒、6期生)、

平間 雪野先生(2006年卒、25期生)が仕事中にも関わらず、熱心に説明してくれました

新入生達からは、

・歯科技工士としてのやりがいや喜び、達成感などを現場で働いている技工士の方々から感じ取ることができました。

・さすが、大学病院!!充実した機材設備!!個人ラボではできない魅力が満載でした。

・まだまだ、学校では触れていない所をみることができて、これからの授業にますます興味が沸いてきた。

・ナイトガードを作るところを見せて頂いて良かったです。

・国家資格をとってからも勉強しなければいけないという話と技術が日々進歩しているという話が印象的でした。

・義歯に特化した歯科技工士になり患者さんと一緒に笑顔で治療を進めていける歯科衛生士になりたいと思いました。(歯科衛生士歴5年の新入生)

など、様々な感想をいただきました

今回、残念ながら仕事の調整がつかず参加できなかった学生もいましたが、

歯科技工士の働く現場の一つである大学附属病院での仕事の一端を見学できたことは、

今後に向けて学生達に大きな刺激や目標を与えてくれたと思います


この記事をはてなブックマークに追加

職場見学で得たもの(ケン・デンタリックス株式会社)

2016-04-28 08:40:10 | ★歯科技工業界★

昨日の職場(技工所)見学は、

東京都文京区にあるケン・デンタリックス株式会社様に行かせて頂きました。



見学中、社長から直接お話いただきました。

極力、機械で出来る部分は機械に任せて、

機械が出来ない難しいところを人間が行うという方針で仕事を行い、

職場環境を年々工夫することで、仕事の流れを効率良くしています。

そのため当時は相当高額(現在も高額ですが)なCADCAMのソフトと機械も、

すでに16年前から導入していたそうです。

すごいですね!

 

実際の技工物を見せてもらいました!

今のCAD/CAMの機械にかかれば、硬い金属も彫れてしまいます

 

毎年何人もの卒業生が就職して、

見学にいくと多くの卒業生に会う事ができます。

この春就職した卒業生も後輩に説明ができるぐらい勉強し、頑張っていました

学校の先輩が頑張っている職場環境に入り、歯科技工士としての先輩方にお話を伺い、

学生のみなさんには良い目標が出来ましたね


この記事をはてなブックマークに追加

大手歯科技工所に職場見学

2016-04-26 10:42:54 | ★歯科技工業界★

新東京では今週、インターンシップがあります!


就職活動を控えた最終学年の学生達が、

グループに分かれて、

職場見学👀
 
 
 
今日は江東区にある大手歯科技工所を訪問しました。

広いスペースの技工室を中心に、色々な部屋が使いやすそうに配置されています。

 
 

まずはミーティングルームで所長さんに会社の説明をして頂きました
スタッフの研修制度が整っていて、新人にも安心

 
 

次にCADルームを見学。
学生たちは最近CADの授業を受けたばかりなので、プロの設計スピードにビックリ
 
 
 

女子学生たちは職場で活躍するカッコいい女性技工士さんの話に興味津々
 
 
 

今日の体験をこれからの就職活動に活かして下さいね

この記事をはてなブックマークに追加

衛生士学校2年生との合同実習

2016-04-21 15:55:50 | ★歯科技工業界★

1年生は、衛生士学校2年生との合同実習です。


自分たちの口の中の型(口腔内印象)を
衛生士学校の学生さんに採ってもらいます。

 

緊張してドキドキ中の子もいたり、

先輩と実習するからか楽しみにしている子もいたりと、
ソワソワしています。

診察台に座った途端みんな静かになっていました。
 
採ってもらったあとは、いつものみんなですね。
 

この後、型に石膏を流して模型を作ります。
みんな初めての体験の子もいて楽しかったようです。

この記事をはてなブックマークに追加

卒業生もびっくり!あの実習をCADで作ってるの?!

2016-04-21 05:06:29 | ★スクールライフ★

こんにちは!

GWももうすぐ。

新東京の学生たちは

カレンダー通りのお休みですが

でも、なんだかソワソワしますねw

 

さて、昼間部2年生たち、

CADを使った歯科技工実習に

取り組みました。

講師の木下先生です。

木下先生はCAD/CAMを活用した

歯科技工所を経営されています。

CADを操作する前に、

いつもの模型をスキャナーで読み込ませると

パソコンに表示されます。

グレーの歯がこれから作る歯です。

卒業生のみなさんは

「どこかで見た歯列」と思われるかも

はい。そうです!

2年生のあの実習!

ポーセレン実習

 

ポーセレンという

セラミックの歯をつくるとき、

土台部分を金属で作ったのが

今は、CADで作ってるんです。

マウスで設計する時代がやってきました。

今まで以上に、

歯に関する「知識を使うこと」が求められてるんだと思った実習になりました。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

卒業生と院長先生(歯科医院)にご講演いただきました!

2016-04-20 09:27:43 | ★歯科技工業界★

 

先日、歯科技工士科夜間部は、1〜3年合同で、

平成23年卒業の高橋巧さんと、勤務する斎藤歯科医院の斎藤院長先生講演していただきました。

 

 

高橋さんは歯科技工所(ラボ)に勤務経験もあり、

歯科医院とラボのそれぞれのメリットや仕事のやりがいや楽しさ、外部の先輩たちとの交流が、

日々のモチベーションアップにつながっていることなどを体験談から分かりやすくお話ししていただき、

学生生活においても、 すぐ取り入れられる努力目標を提示して頂きました。

 

 

また、斎藤先生からは臨床例を挙げながら、

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士との連携=チーム医療の重要性を教えて頂きました。

 

在校生に感想を尋ねると、

・具体的なイメージができ、かつ目標ができまました

・これから私たちがつくるのは人工臓器の一つなんだと実感できました

・努力は大きく裏切らないとわかり、勇気づけられました

・患者様の体の中で調和する技工物をつくれるようになりたいと思いました

・コミュニケーションの大事さがよくわかり、これからはクラスのチームワークも大事にしていきたいと思いました

このような答えが返ってきました

 

各学年で理解度には、もちろん差はあったと思いますが、

歯科技工業界を目指す在校生に、学ぶ意味・目的をさらにしっかり持って欲しい、

また忘れそうになっていたら見失わないようにして欲しい。。。

新年度のスタートにあたり、心引き締まる有意義な時間となりました


この記事をはてなブックマークに追加