gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら(産経新聞)

2010-03-13 00:09:38 | 日記
 鳩山由紀夫首相と平野博文官房長官は5日の参院予算委員会で、移設問題で揺れる米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)が、休戦状態にある朝鮮戦争に備えるため今も日本に存在する国連軍の指定基地であることを知らないという失態を演じた。

 普天間飛行場移設には、米軍とともに国連軍の扱いも必要だ。国連重視を掲げる民主党政権だが、首相と平野氏の念頭にはなかったことになる。

 質問したのは、陸上自衛隊のイラク先遣隊長だった「ひげの佐藤」こと佐藤正久参院議員(自民)で「そこも分からずに移設をうんぬんするのはおかしい」とあきれ顔だった。

 佐藤氏から在日国連軍について聞かれた平野氏は「(神奈川県の米軍キャンプ)座間に国連軍の旗を掲揚している」と答弁。佐藤氏は「そこだけではない」と指摘し、「日本には7カ所ある。その一つが普天間だと知っていたか」と、首相にも矛先を向けた。首相は「今、教えていただいたことに感謝する」と、初耳だと認めるしかなかった。

【関連記事】
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?
日米で食い違うグアムの位置づけ 同盟どう深化させるかが課題
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定
予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

小型ロボットアーム取り付け=「きぼう」で野口さん(時事通信)
上方漫才コンテスト 「銀シャリ」が優勝(毎日新聞)
前原氏、県内移設受け入れ先には追加支援も(読売新聞)
海老蔵さん、真央さん結婚(時事通信)
制御たんぱくの相互作用を解析=がんなど研究の基盤に-理研(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <東京モノレール>運転再開... | トップ | 非核三原則見直しを タブー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。