曖昧批評

調べないで書く適当な感想など

iPhone 5sでHipstamatic 〜Coleford Hipstapakの巻

2016-10-12 23:20:00 | カメラ
ちょっと遅くなったが、10月配信のColeford Hipstapakのご紹介。

今回のパックは、ルーク・ベアードというカメラマンがデザインしたらしい。そう公式サイトに書いてある。

Beardレンズはリッチなコントラストと色飽和だそうな。まあそんなのは常套句なのでなんの説明にもなってない。僕が使った感じでは、やや露出オーバー気味、彩度高い。特に緑が派手。コントラストはやや高め。時々明るすぎるときがある。それがなければLowyに代わる素通しに近いレンズになれたのだが。

Breamフィルムは極太のマットな縁が特徴。気のせいかもしれんが、写真が若干白っぽくなるような気がする。おしゃれではあるが、あまりにも縁が太いので使用頻度は低そう。

作例は、縁有りは見ての通りBreamフィルム。縁なしはお馴染みBlanko Freedom 13フィルム。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「真田丸」第40回「幸村」の感想 | トップ | XPERIA XZのホットモックをチ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。