juntarouじいじの日々是好日

保谷障害者福祉センターの卒業記念に「じいじにも出来るよ」と言われて始めたブログ、早いもので、もう12年目に入りました。

ハンブルグ交響楽団

2017年07月06日 | 音楽・オペラ・美術


九州の集中豪雨、被災された方にお見舞いを申し上げるしかありませんが、それにしても凄い雨の量ですね。

朱色が鮮やかな上の写真の花、アガパンサスの次に咲きました。ばあばに「この花の名前は、何だっけ」と聞いたら、「名前は忘れたけれど、去年、近所の奥様に教えてもらったじゃない。その時ブログに書いていたでしょ」との返事。昨年のブログを見たら、ちゃんと写真もありました。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)という花なんですね。
私はすっかり失念していましたが、花の名前は忘れても、「去年近所の奥様に聞いた」ことを覚えていた「ばあば」はご立派です( ◠‿◠ )

火曜の夜、武蔵野市民文化会館でハンブルグ交響楽団のコンサートを聴いて来ました。ブラームス(1833~1897)の交響曲第1番と第4番です。ブラームスはハンブルグ生まれで、バッハ、ベートーベン、と共に「ドイツの3大B」と称される作曲家。ベートーベンを崇拝していて、交響曲第1番はベートーベンの交響曲第10番と言われることもあるそうです。
ハンブルグ交響楽団は、今日本ツアーで各地で公演を行っているようです。東京文化会館での公演はS席12000円とか、武蔵野では7200円でした。武蔵野は比較的安い料金で聴けるのですが、会員が約8000名もいるらしくて、人気の高い公演はチケットが早く完売になってしまいます。
ハンブルグ交響楽団のブラームス、熱演で素晴らしかったですね。どこがどう違うんだと言われても、説明は出来ませんが、N響とはまた違う音でした。

余談ですが、ハンブルグは、私は行ったことはありませんがドイツ北部の大きな港湾都市で明日からG20の会合も始まります。昔、世界史で中世の「ハンザ同盟」なんてならいましたが、そのハンザ同盟の主要都市だったんですね。正式名は「自由都市ハンザ都市ハンブルグ」と言うそうです。ハンザとは商人仲間と言う意味だそうです。ブルグは城塞とか城ですね。ちなみにオーストリアのザルツブルグのザルツは塩で、近郊に岩塩で有名な観光地があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フカヒレの姿煮込み | トップ | 名古屋場所始まる »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この花は扇と言うより私には鳥に見えます (きゅりー婦人)
2017-07-06 15:49:49
ジャイアンツが折角カープに2連勝したのに、今回はこのことが一切触れられていませんね。じいじ様は本当に今シーズンのジャイアンツをあきらめてしまったのでしょうか。もし今日も勝ってくれれば何かコメントしてくれるかもしれませんが。
じいじ様も教えた貰った花の名を失念されることもあるのですね。でも一年前に聞いたこんな長い名を覚えている方がおかしいですよ。私もこれを見て檜扇(ヒオウギ)の意味が判らず調べたような気もしますがその意味さえ忘れています。
じいじ様はハンブルグへ行かれたことがないようですが私は行ったことがあります。でも一泊だけだったので覚えていることは、ハンブルグは英語ではハンバーグと言うことと、ハンブルグのサウナは混浴だから気を付けなさいと言われたことぐらいです。
所で、じいじ様は最近テレビでよく見る時事通信社の政治評論家田崎史郎さんをご存知でしょうか。しかもじいじ様と同じ福井の藤島高校出身者(但し9年ほどの後輩)であることも。因みに、彼は大学時代に三里塚闘争に参加して逮捕拘留されています。
Unknown (エイム・ハイ)
2017-07-07 09:04:41
おはようございます。
ブラームスはハンブルグ出身、知らなかったです。1~4番までの交響曲はよく演奏されますね。少ないからですかね。小生はブラームスの室内楽も好きです。有名な弦楽6重奏曲なんか・・・
じいじさんが羨ましいなぁ。小生も・・・色々○○三昧で過ごしたいです。
ドイツはフランクフルトとその周辺しか行ったことがありません。もっとあちこち行きたかったなぁ。仲のいい友達がフランクフルトに駐在していたので行きました。そいつは今はあのブリュッセルにいます。無事ならいいけど・・・
では

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。