名刹・古刹・国宝・名塔を巡ります

五木寛之著「百寺巡礼」講談社刊
日本列島の北から南まで百の寺と百名塔を巡ります





広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国宝・白水阿弥陀堂

2017年06月09日 | 日記

国宝・白水阿弥陀堂 願成寺は平安時代の末期、みちのくに黄金文化を築いた奥州藤原一族である徳姫が亡夫の極楽往生をねがい、いわきの地に建立した

永暦元年(1160年)蓮の花咲く浄土庭園の池泉に囲まれて「蓮沼の御堂」である ご本尊は阿弥陀如来 脇侍は勢至菩薩・観音菩薩そして持国天と多門天何れも重要文化財です、この後に大分・富貴寺と愛知・金蓮寺も阿弥陀堂として立つ

国宝・白水阿弥陀堂

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京・大原三千院 青紅葉 | トップ | 国宝・瑞巌寺 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事