カフェオレ色の午後

見ているだけで幸せな気持ちにしてくれる
大切な猫たちと過ごす大好きな時間

我が家の紹介に代えて 過去記事セレクト

 自分から車に乗って我が家へ来たリサは元気そうに見えたのに…

  2010年12月19日 足りなかった私の覚悟
  2010年12月25日 驚きの生命力

 子猫時代を外でひとり生きてきたリスの不器用な愛情表現

  2011年09月19日 私は狙われた
  2013年06月02日 うちはまるで“あやさん”ち

 お喋りライの戦場カメラマン&芸能リポーターシリーズ♪

  2013年11月17日 転職した戦場カメラマンだけど
  2014年01月09日 パパラッチにアシスタントまで

 仲良しレオ&レナの過去記事はただ今セレクト中

縮まらない距離

2017-01-03 02:22:22 | Abbylog
▲ひきこもり…


ご無沙汰のまま2017年になってしまいました^^;

皆さんお元気でしょうか。



積もる話はありますが、先ずはアビーのその後です。


先生も私も、もう少し先にと考えていた抜歯を
思い切ってお盆明けにしてもらいました。

牙から前を残して奥は全部です。


これでアビーは痛みから解放されると思っていたのに。

9月になっても食欲は回復しないばかりか
通院後のある日、なんとひきこもりになってしまいました。

キャリーケースから出て来ないのです。

飲まず食わず、トイレもせず…


とうとう三日目の朝、
私は根負けしてケージの扉を開放しました。

ところがオシッコはしたものの
アビーはまたそのままキャリーケースの中に戻ってしまい
ケージから出るまで更に三日もかかりました





彼女はかなりデリケートな性格のようです。
痛みに対して、それから精神的にも。


3ヶ月ほど自由にさせていましたが
12月、やはり通院せざるを得ない状況になりました。


またしばらくはケージ生活をさせないとだろうから
中を冬仕様に準備していたら





早速、自分が入ってみるリス。





マロも同じく。





リサちゃんまで?!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


アビーはピーク時には3.9kgもあった体重が
約半分の1.9kgにまで落ちていました。
(ちなみに、マロは今その3倍の5.7kgあります)


歯がないので歯茎はきれいなのですが
喉に近い上顎の部分に赤みがあるようです。

今は痛み止の薬を確実に飲んでくれさえすれば
痛みはコントロール出来る状態です。
※ステロイド以外の薬を調整して2種類使っています。


やはり問題はアビーと私の関係ですね。

ケージの外でも私が出す薬入りのフードを
ちゃんと食べてくれれば良いのですが。


通院で怖い思いばかりさせたから関係は悪化の一途。

お皿を持って近付いただけで逃げるんです。


私とアビーの道のりは長くなりそうです。
気長に行きます^^





早くアビーもここでみんなと一緒に
日向ぼっこをさせてやりたいんですけどね…













コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

この7月で

2016-07-25 18:36:48 | お気楽なライ
15歳になりました

先月、画像はアップしてたのに更新は出来ず
早くも挫折してしまいました^^;


そうしている間にも
どちらも仮の誕生日ですが7月4日にライが
そして7日にリスが7歳になりました。





リスはマロにマウントすることで





たぶんこのオトコの自尊心は満足するのでしょう。





テロがなくなりました、良いコトです。





リサには敵わなくて





あれは自分の存在を誇示するための
行為だったのかなと思ったり。



そしてアビーはケージでの生活が続いています。





ステロイドを減らすとまた悪化して通院。
通院で怖い思いをさせると私はまた嫌われる。

その繰り返しです( ̄  ̄)


ケージから出してもちゃんと
薬入りのご飯を食べてくれれば良いのですが
今の状況ではマロやリスが先に食べてしまいそうです。

なのでアビーに確実に薬を飲ませるためには
隔離せざるを得ない苦渋の選択です。


あるいは思い切って全抜歯をするかだそうですが
3月に歯石除去と3本抜歯をしたばかりなので
まだそこまでは決断出来ずにいます。



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



【 私 信 】

家族のお誕生日で外食予定の かなで様へ

これを読んだからサイドバーの
「メッセージを送る」より連絡をお願いします。
アドレス入力欄がありますのでこちらからも返信可能です。

どうか無事に伝わりますように。








ランキング参加中です♪
ポチッと応援していただけると励みになります^^

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村







コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

地震、その後

2016-05-02 21:37:15 | Abbylog
みなさんご心配かけました

ようやく猫たちが警戒するような余震は減り
たまに小さな揺れを感じる程度です。




最初の「前震」があった翌朝、寛いでいるリス。

まさかその夜にまたあんな大きな「本震」が来るとは
思ってもいなかったので本当に怖かったです。


こっちも揺れています^^;



リサがタワーの天辺で寝ていたのに
マロが上って来た振動で慌てて飛び降りました。


そしてアビーはマンションで一人暮らし中。



ステロイドのお薬を飲むようになったので
確実に飲ませる為と他の猫が薬入りのご飯を食べないように。

アビーとの距離を縮める為にも
もうしばらくはケージの中で生活してもらうつもりです。



―+*゜。*。゜*+―+*゜。*。゜*+―+*゜。*。゜*+―+*゜。*―+*゜。*。゜*+―



2016年春の花。



今年はこんな感じで



並べてみました。



普通の黄色やオレンジも鮮やかできれいだけど



これは「ハッピーイエロー」だったかな。



淡い色合いのは「オレンジリップ」。
どれもきれいでした♪






ランキング参加中です♪
ポチッと応援していただけると励みになります^^

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村








コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

大揺れでした!

2016-04-15 12:53:14 | et cetera






こんな地震は生まれて初めてだと
70歳を超えた母が言うくらいの物凄い揺れ方でした。

揺れている時間も長かったです。



家に居たのですが、とても怖くて不安になりました。

猫たちも何が起きているのか分からず
姿勢を低くして逃げ惑う軽いパニック状態でした。

リスなんてずっとベッドの下に潜ったまま…


その後の余震もけっこう大きくて
エリアメールも鳴ったりしてなかなか眠れなかったです。

夜が明けてからは体に感じる大きな余震は減りました。

みんなも落ち着いています。


大丈夫です、ありがとうございます。
先ずはご報告まで…











コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

怪我も覚悟の通院

2016-04-01 21:52:27 | Abbylog
▲可愛くないねw

マロのこの写真を見た時すぐに思い出した。


(※比較のために左右反転させてます)

12年前の写真だけど
ライの寝顔はこんなに可愛いのにって。



ある日、隣の部屋で不穏な音がしたので見てみると



ンモォー!! o(*≧д≦)o″))
カーテンフックが外れただけではありません。



折れてるんです、三本も

マロ子~!ヽ(* `ω゜)ノ
アンタはもう子猫じゃないんだからね


「 やせろって言うから 運動したでしゅよ 」

このふてぶてしい顔っ?!

マロ子さん、うちの女子史上ではもちろん最重量。

ぽにょぽにょ倶楽部だったレオの6kgに迫る
現在5.5kgです(/□≦、)



*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫



実はアビーが2月半ば頃から
あまりご飯を食べなくなっていました。

元気はあるけど口を気にしている様子でした。


病院へ連れて行きたいけど

アビーは保護翌日のウィルス検査や避妊手術後は
翌年のワクチンも見送って一度も病院へ行っていません。

なぜならば、捕まらないから…



2月17日 歯茎が全体的に真っ赤
ステロイド注射と消炎剤を飲んで経過観察

3月3日 歯茎の赤みは引いているけど食べない
血液検査は異常なし 再度ステロイド注射

3月17日 あと考えられるのは歯根部の虫歯
そのまま入院して18日に歯石除去と3本抜歯の手術




通院の間隔が二週間も空いているのは
アビーと私の根比べ、及び知恵比べの時間です( ̄  ̄)

隠れるし、逃げ回るし…
とにかく最後はもう心を鬼にして怪我も覚悟でした。

まさに「家庭内野良猫」を実感




逃げ場の少ない部屋に追い込んで
更に狭い場所に追い詰めて

手を伸ばすとシャーシャー威嚇するけど
それはたぶん怖いから。

アビー、一度も私に手は出しませんでした。
少しは信頼してくれてるのかも…




怖い思いばかりさせてごめんね。

アビーが大好きだから、大切だから
アビーが嫌がることもしないといけないんだけど

そんなことアビーには分からないよね。
ごめんね、アビー。



相変わらず警戒レベルはMAXのままですけどね








ランキング参加中です♪
ポチッと応援していただけると励みになります^^

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村








コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加