All Things Must Pass

森羅万象 ~ 歩く印象派

雪崩、尾根歩く先頭を直撃 後続生徒「上から強い風」

2017年03月29日 04時59分49秒 | 歩く印象派

2017年3月29日00時57分朝日新聞

雪崩が発生した斜面の下で調査する消防関係者=28日午前11時10分、栃木県那須町、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影

 

 栃木県那須町のスキー場付近で起きた雪崩事故で、圧死した高校生ら8人はゲレンデ脇の尾根上付近で雪崩の直撃を受けていたことが、生存者の証言や県教育委員会の説明でわかった。8人の班は集団の先頭を進んでおり、同じ班の生徒1人が意識不明という。後続の生徒らは手前の樹林帯の斜面で巻き込まれた。

 県教委によると、高校生らは深い雪をかき分けて進むラッセル訓練中だった。県内の高校山岳部の男女40人と教員8人が参加。27日午前8時に那須温泉ファミリースキー場のふもとを出発し、学校別に5班に分かれてゲレンデ脇の樹林帯の斜面を登り始めた。

 班ごとに別々のルートで1列に進み、先頭の1班には、前後の教員2人の間に県立大田原高校の男子生徒12人がいた。右後方から2班(真岡高、宇都宮高)が続き、さらに左後方から3班(矢板東高、那須清峰高)、4班(矢板中央高、宇都宮高)が登り始めた。女子だけの5班(真岡女子高、矢板東高)は斜面の下の方で待っていた。1班が登り始めて30分ほど進んだころに雪崩に襲われた。

 後続の班にいた別の高校の男子生徒は「強い風が上から吹いてきたと思って身をかがめた瞬間、雪崩にのまれていた」と証言した。雪が全身に覆いかぶさり、一気に40~50メートルほど流されたという。胸まで埋まったが、自力で脱出した。樹木にぶつかるなどしてけがした生徒もいたという。

 このとき、8人が死亡した先頭の1班は尾根上付近にいたという。「(斜面にいた)僕の方は雪が少なくて助かったが、(尾根上は)雪の量が多かったのではないかと思う」。山岳救助隊員によると、死亡した8人は尾根上の開けたくぼ地で雪に埋まっていた。

 一方、国立研究開発法人「防災科学技術研究所」の職員らが28日、雪崩現場下方の雪面を調査し、深さ約30センチの場所に崩れやすい層(弱層)があったことを明らかにした。「その層がきっかけになって崩れたのではないか」という。

 ラッセル訓練は県高校体育連盟主催の「春山安全登山講習会」の一環。講習会には県内7校の62人が3日間の日程で参加していた。

 雪崩で生き埋めになった場合、遭難者の位置を知らせる発信器「ビーコン」が早期の発見に役立つが、生徒らは持っていなかったとみられるという。県教委の田代哲郎スポーツ振興課長は「雪崩の危険を予期していなかったため」と説明した。

 28日は県警と消防などが現地に入り、ドローンを飛ばして雪崩の状況などを調べた。

 生徒と教諭計8人が亡くなった大田原高校では、28日午後6時から山岳部員の保護者向け説明会が開かれた。説明会は非公開で、2時間以上続いた。生徒が登山講習会に参加していた矢板東、真岡女子、矢板中央の各高校も同日夜、生徒の保護者らを対象に説明会を開いた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木のスキー場雪崩、死亡した8人の死因は圧死

2017年03月28日 07時08分34秒 | 歩く印象派

TBS系(JNN) 3/28(火) 5:02配信

 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、警察は死亡した8人の氏名を公表しました。死因は全員が圧死でした。

 亡くなったのは、県立大田原高校に通う、高瀬淳生さん(16)、浅井譲さん(17)、佐藤宏祐さん(16)、奥公輝さん(16)、萩原秀知さん(16)、大金実さん(17)、鏑木悠輔さん(17)、そして引率していた教諭の毛塚優甫さん(29)のあわせて8人です。

 8人は27日午前、那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」で登山の講習会に参加していましたが、「ラッセル訓練」という1列になって雪をかき分けて進む訓練中に雪崩に巻き込まれたということです。死因は全員が圧死でした。また、同じ講習会に参加していた40人が重軽傷を負いました。

 「急だったので、ちょっとよく分からないです」(高瀬淳生さんの兄)
(言葉にならない?)
 「まだ全然分からない」

 「(雪の深さは)1メートルから1メートル50くらい。意識のあった生徒は返事もできていて、まず(山から)下ろそうと」(救助活動にあたった 植木孝さん)
(意識のない生徒は?)
 「呼びかけるしかない」

 警察は、悪天候の中、訓練を続行した判断などに過失があった可能性があるとみて、業務上過失致死傷の疑いで捜査を始めました。(28日01:43)

最終更新:3/28(火) 6:07

TBS News i

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須雪崩8人死亡

2017年03月28日 06時58分49秒 | 山関係のニュース(報道されたもの)

毎日新聞3月27日

 「引率教員に専門知識」教育長

雪崩が発生した那須温泉ファミリースキー場で捜索活動する救助隊=栃木県那須町で2017年3月27日午後4時12分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 

 

栃木県教委の宇田貞夫教育長は27日、那須温泉ファミリースキー場で起きた雪崩事故で8人が死亡したことを受け、宇都宮市の県庁で、記者会見し、「事故は誠に残念。事故の原因を調査し再発防止策に努める」と話した。

 県教委によると、講習会に参加したのは、大田原(大田原市)12人▽矢板中央(矢板市)3人▽矢板東(同市)7人▽宇都宮(宇都宮市)13人▽真岡(真岡市)8人▽真岡女子(同)4人▽那須清峰(那須塩原市)4人--の栃木県内7高校の生徒51人と、7校の教員11人。

 登山を中止し、雪をかき分けて歩くラッセル訓練の実施は県高体連登山専門部の委員長と副委員長の2人が相談して決めたとみられ、宇田教育長は「登山中止の判断は正しかったと思っている」と話した。なだれ注意報が出ている中での訓練については「専門知識のある複数のベテラン教員が引率している」などと説明した。

 スポーツ庁が原則として高校生の冬山登山をしないよう求めていることについては「専門知識のある人がいる講習会という位置づけなので」と言葉を濁した。講習会は、毎年同時期に同じ場所で行われるが、過去10年でトラブルはなかったという。【野口麗子】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須のスキー場で雪崩  2017年3月27日

2017年03月28日 06時50分05秒 | 歩く印象派

那須のスキー場で雪崩 6人が心肺停止か 栃木県7高校が登山

2017年3月27日 夕刊 毎日新聞 より

 

雪崩があった「那須温泉ファミリースキー場」の27日午前11時すぎのライブカメラ画像(同スキー場のホームページより)

 

二十七日午前九時二十分ごろ、栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」付近で、雪崩が起きたと一一〇番があった。地元消防に入った連絡によると、登山講習会に参加していた高校生らが巻き込まれ、生徒六人が心肺停止の疑いがあるという。ほかに三十七人けが、うち二人が重傷との情報もある。

県警は三人が心肺停止、三人が意識不明としているほか、県は不明者のうち一人を発見したとしている。県警や消防などは、ほかにも巻き込まれた高校生らがいないか詳しい状況の確認を急いでいる。消防によると、講習会は県高等学校体育連盟が主催。大田原、那須清峰、矢板東、真岡(もおか)女子、真岡、宇都宮の六県立高に私立矢板中央の計七校の一~二年生ら六十人以上が参加し、午前七時半ごろから登山を開始したという。

雪崩は営業していないスキー場の第二ゲレンデ上方で発生したとみられ、専門家は表層雪崩の可能性を指摘している。

各学校によると大田原高は山岳部の男子生徒ら十三人が参加し、安否が分かっていない。生徒八人と教員二人が参加した真岡高も一部と連絡が取れていない。

ほかに、真岡女子は生徒四人と教員の一人、矢板東は山岳部の生徒八人と顧問教員一人、那須清峰はワンダーフォーゲル部の生徒四人と教員二人、矢板中央は山岳部の生徒五人と顧問教員二人、宇都宮は生徒十三人と教員一人が参加していたが、いずれも生存が確認された。

県内の高校関係者によると、講習会は二泊三日の日程で、生徒らは二十五日に同県那須塩原市内に集合。学科の講習を受けた後、スキー場へ移り、テントで宿泊。二十六日も春山登山の講習を受け、二十七日に実技を実施して昼すぎに撤収予定だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受動喫煙対策「東京だけでやれ」 自民党内で反対論噴出

2017年02月09日 23時55分49秒 | 私の目の前での喫煙はお断り

2017年2月9日21時54分 朝日comより

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて政府が検討中の受動喫煙対策を強化する法改正案。海外の主要国と比べると規制が緩い内容だが、9日に自民党が本格的な議論を始めたところ、「五輪のためなら東京だけでやれ」「喫煙の自由を認めろ」などといった反対論が噴出した。政府がめざす3月の法案提出が危ぶまれる事態になっている。

 政府案では、飲食店は原則建物内禁煙で、喫煙専用室の設置は認める。延べ床面積約30平方メートル以下のバーなど一部は例外とする。違反を繰り返す管理者らには、罰則(過料)を科す方針だ。当初の「たたき台」では、飲食店はすべて原則禁煙としたが、飲食店業界の支援を受ける議員らの反発を受けて後退した。

 9日に開かれた自民党厚生労働部会には、約80人の議員が参加。当初案より後退した内容でも「小規模店への配慮が足りず、廃業だ」「30平方メートルの基準はきつい」などの意見が相次いだ。規制反対の署名活動を念頭に、「次の選挙が危なくなる」という声もあり、全体のうち反対意見が9割を占めたという。

 医師資格を持つ議員らを中心に「受動喫煙が健康に悪いことの根拠は明らかで、対策が必要だ」などと政府案を擁護する意見が出ると、反対派がヤジで応酬する場面もあった。

 「政府案では党内をまとめられない」(ベテラン議員)と、お手上げ状態。法案を担当する厚生労働省も「法案提出がずれ込めば五輪に間に合わない」(幹部)と、危機感を募らせている。

 一方、国会内ではこの日、本会議前に議員が控室に集まると、部屋の隅でたばこをふかす議員がちらほら。こうした現状に自民若手は嘆く。「国会議員が分煙してみせないと、法案をつくっても実効性がない」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間の流れで標高を計測 東京と埼玉、15メートルの差

2016年08月16日 02時27分23秒 | 地球の不思議・宇宙の不思議

「光格子時計」を説明する香取秀俊東大教授=10日、東京都文京区の東大

 

2016年8月16日 02時03分  東京新聞 より

 

重力が大きいところでは時間がゆっくり進むとするアインシュタインの相対性理論に基づき、東京都と埼玉県で標高の差によって生じる重力のわずかな 違いのために時間の進み方が異なることを計測し、標高差を約15メートルと算出できたと東京大などのチームが15日付の英科学誌電子版に発表した。

香取秀俊東大教授が開発した160億年に1秒しかずれない「光格子時計」を使った成果で、実測の標高差と数センチしか違わなかった。時計を使って大地の測量が可能なことを、実用レベルで実証したのは初めて。

(共同)

>「光格子時計」なるものを初めて知りました!

※ 光格子時計の詳細は以下を参照

http://www.nict.go.jp/publication/NICT-News/1110/01.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナチスドイツと障害者「安楽死」計画

2016年07月28日 00時29分54秒 | 読んだ本・おすすめ本・映画・TV評

 

相模原の事件には戦慄を覚えました。

かつてナチスは知的障害者らをおよそ20万人殺したという。


この本の存在は今回初めて知りました。

未読ですが(ぜひ読もうと思います。)

amazonのカスタマーレビューが参考になりました。

 

 

こちらも参考になります。

優生思想の本質(http://www.geocities.jp/wan_ojim/sub4c.htm)

驚くべきことに茨城県の教育委員にはとんでも発言をする人も(2015年)

http://mamari.jp/13450

この記事も

http://news.infoseek.co.jp/article/20160727jcast20162273737/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〔地震〕茨城県日立市・常陸太田市で震度5弱、津波の心配なし

2016年07月28日 00時17分13秒 | 歩く印象派

レスキューナウニュース 7月27日(水)23時50分配信

 気象庁によると、27日23:47頃、茨城県北部を震源とするM5.3の地震があり、茨城県日立市・常陸太田市で震度5弱の揺れを観測しました。

この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
発生日時 :7月27日23:47頃
震源地  :茨城県北部(北緯36.4度、東経140.6度)
震源の深さ:約50km
地震の規模:M5.3(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度5弱】
茨城県:日立市役所*、常陸太田市金井町*
【震度4】
茨城県:水戸市金町、水戸市千波町*、日立市助川小学校*、日立市十王町友部*、常陸太田市高柿町*、高萩市下手綱*、北茨城市磯原町*、笠間市石井*、 笠間市笠間*、ひたちなか市南神敷台*、ひたちなか市東石川*、茨城町小堤*、東海村東海*、大子町池田*、常陸大宮市北町*、那珂市福田*、那珂市瓜 連*、石岡市八郷*、鉾田市汲上*
福島県:白河市新白河*、白河市東*、泉崎村泉崎*、棚倉町棚倉中居野、玉川村小高*、浅川町浅川*、田村市滝根町*、いわき市錦町*
栃木県:大田原市湯津上*、真岡市田町*、真岡市荒町*、真岡市石島*、益子町益子、市貝町市塙*
【震度3】
茨城県:水戸市内原町*、常陸太田市町屋町、常陸太田市町田町*、常陸太田市大中町*、高萩市安良川*、笠間市中央*、笠間市下郷*、ひたちなか市山ノ上 町、大洗町磯浜町*、常陸大宮市中富町、常陸大宮市山方*、常陸大宮市高部*、常陸大宮市上小瀬*、常陸大宮市野口*、城里町徳蔵*、城里町石塚*、城里 町阿波山*、小美玉市小川*、小美玉市堅倉*、小美玉市上玉里*、土浦市常名、土浦市下高津*、土浦市藤沢*、茨城古河市下大野*、茨城古河市仁連*、石 岡市柿岡、石岡市若宮*、結城市結城*、龍ケ崎市役所*、下妻市本城町*、下妻市鬼怒*、取手市寺田*、牛久市城中町*、つくば市天王台*、つくば市研究 学園*、つくば市小茎*、茨城鹿嶋市鉢形、阿見町中央*、河内町源清田*、八千代町菅谷*、五霞町小福田*、境町旭町*、坂東市馬立*、坂東市山*、稲敷 市江戸崎甲*、稲敷市結佐*、筑西市舟生、筑西市下中山*、筑西市海老ヶ島*、筑西市門井*、かすみがうら市上土田*、かすみがうら市大和田*、神栖市溝 口*、行方市山田*、行方市玉造*、行方市麻生*、桜川市岩瀬*、桜川市真壁*、桜川市羽田*、鉾田市鉾田、鉾田市造谷*、常総市新石下*、つくばみらい 市加藤*
福島県:郡山市朝日、郡山市開成*、郡山市湖南町*、白河市郭内、白河市八幡小路*、白河市表郷*、白河市大信*、須賀川市八幡山*、須賀川市岩瀬支 所*、二本松市油井*、二本松市針道*、川俣町樋ノ口*、鏡石町不時沼*、天栄村下松本*、西郷村熊倉*、中島村滑津*、矢吹町一本木*、棚倉町棚倉舘ヶ 丘*、矢祭町戸塚*、矢祭町東舘*、塙町塙*、鮫川村赤坂中野*、石川町下泉*、古殿町松川横川、古殿町松川新桑原*、小野町中通*、小野町小野新町*、 田村市船引町、田村市大越町*、田村市常葉町*、田村市都路町*、いわき市小名浜、いわき市三和町、いわき市平梅本*、川内村上川内小山平*、川内村上川 内早渡*、葛尾村落合落合*、飯舘村伊丹沢*、喜多方市御清水*
栃木県:日光市鬼怒川温泉大原*、日光市芹沼*、大田原市本町*、塩谷町玉生*、那須町寺子*、那須塩原市鍋掛*、那須塩原市共墾社*、那須塩原市あたご 町*、宇都宮市明保野町、宇都宮市中里町*、宇都宮市中岡本町*、足利市大正町*、鹿沼市晃望台*、鹿沼市今宮町*、小山市神鳥谷*、上三川町しらさ ぎ*、茂木町北高岡天矢場*、茂木町茂木*、芳賀町祖母井*、高根沢町石末*、栃木さくら市氏家*、栃木さくら市喜連川*、那須烏山市中央、那須烏山市大 金*、那須烏山市役所*、栃木那珂川町馬頭*、栃木那珂川町小川*、下野市小金井*、下野市田中*
群馬県:桐生市元宿町*、桐生市黒保根町*、伊勢崎市今泉町*、太田市西本町*、渋川市赤城町*、群馬明和町新里*、千代田町赤岩*、大泉町日の出*、邑楽町中野*
埼玉県:熊谷市江南*、行田市本丸*、加須市大利根*、羽生市東*、深谷市川本*、久喜市下早見、久喜市青葉*、吉見町下細谷*、春日部市粕壁*、春日部市金崎*、春日部市谷原新田*、幸手市東*、宮代町笠原*、さいたま見沼区堀崎*
千葉県:香取市役所*、野田市鶴奉*、野田市東宝珠花*、成田市花崎町、印西市笠神*

レスキューナウ

最終更新:7月27日(水)23時55分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼 大橋巨泉氏 逝く(毎日新聞記事より)

2016年07月21日 00時25分54秒 | Rock 音故知新

<大橋巨泉さん死去>テレビ育て…硬軟自在、「反骨」示す

毎日新聞 7月20日(水)11時10分配信

 

前田武彦さん(右)が大橋巨泉さんと2人で司会を務めたテレビ番組「ゲバゲバ90分!」は人気を集めた=1969年10月

 テレビ文化を育てた巨星が落ちた。12日、82歳で亡くなった大橋巨泉さんは、番組司会などで活躍。豊富な語彙(ごい)とユーモアでスタジオを盛り上げ、社会を斬り、昭和を代表するテレビマン、文化人として駆け抜けた。


 ◇評伝

 ♪シャバダバシャバダバ--。

 軽快な女声スキャットで始まるテレビ界初の深夜ワイドショー「11PM」(日本テレビ系)は衝撃的だった。それまでテレビではタブー視されていたマー ジャン、競馬といったギャンブル系の遊びや、釣り、ゴルフ、ボウリングなどのレジャーが次々登場した。カバーガールがにっこりほほ笑み、当時15歳の由美 かおるが歌って踊る清潔なお色気路線も魅力の番組だった。

 「俗悪番組」とたたかれながらも1965年11月から90年3月まで25年続き、そのうち20年間、司会を務め番組の顔となったのが大橋巨泉さんだった。

 当初は構成作家として参加した。「夜でなければできないものを」と相談を受けて作ったのがマージャンのコーナー。「非難ごうごうで1~2回で終わると 思っていたら、もっとやろうとなって、お前が司会もやれと。裏文化、サブカルチャーを初めてマスメディアに乗せた存在価値があったと思います」。99年秋 に放送された一晩だけの復活特番の直前、あの笑いを含んだ陽気な声で誇らしげに語った。

 「お色気番組の元祖」と言われがちだが、巨泉さんの真骨頂は、落首や狂歌のように、軟派番組の中に政治や社会への批判を突きつける硬派企画を挟み込んだ反骨精神だ。

 従軍慰安婦や公害、返還前の沖縄の現実といった硬派ネタから、ストリップ、UFO、超能力、アングラ芝居などの軟派ネタまで取り上げた。「僕は、日ごろ新聞の社説を読まない人に、政治や経済の問題に興味を持ってもらおうとシリーズを続けたんですよ」とも明かした。

 もう一つ、テレビ文化を豊かにした功績がある。「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」(ともにTBS系)を、軽妙洒脱(しゃだつ)なスタジオトークを生かして、家族で楽しめる良質な娯楽番組に育てたことだ。

 17年前のインタビューの最後に、こう話していた。「当時のイレブンでは、人が取り上げていないもの、他でやっていないものを次々とやった。今のテレビ の堕落の原因は、そこが欠けていることにあると思いますよ」。愛するテレビへの遺言となった。【元毎日新聞編集委員・網谷隆司郎】

 

※私的には巨泉氏が司会をされた「ビートポップス」という番組の功績も大だったと思います。

ビ、ビ、ビッ、ビートポップス♪ Yeah!

合掌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永六輔さん死去 83歳「上を向いて歩こう」

2016年07月15日 23時03分04秒 | 歩く印象派

写真

 軽妙かつ歯に衣(きぬ)着せぬ語り口で、ラジオの世界を中心に絶大な存在感を示した永六輔さんが亡くなっていたことが分かった。八十三歳。

 親族によると、七日に自宅で亡くなった。十一日午前、永さんの実家で東京都台東区元浅草の最尊寺で、葬儀を済ませた。

 早稲田大学時代にNHKラジオに投稿。以来、放送の世界に入り、司会者、作詞家、作家として活躍。作詞家としては、作曲家の故中村八大さんとのコンビでヒット曲「上を向いて歩こう」や「こんにちは赤ちゃん」などを手掛けた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加