映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

イエスマン  ”YES”は人生のパスワード

2009-04-07 | 映画 あ行
春休みでファーストデイ割引の日とくれば、
映画館は子供でごった返しているんだろうなぁ〜と少々恐れつつ、
でもやっぱり割引の日は外せない!
というわけで、「魔法にかけられて」以来のディズニー映画「ベットタイム・ストーリー」へ。
やっぱり、とんでもなく混んでました
予告編を見るかぎり「魔法にかけられて」や「ナイトミュージアム」のような大人が見ても
十分楽しめる映画をイメージしていたんだけれど・・・残念ながら子供向けのドタバタでした。
アダム・サンドラーはやっぱり苦手やなぁ。
でも「LAコンフィデンシャル」や「メメント」のガイ・ピアースがこんなドタバタ映画の
ゴマすり男で最後はバカにされちゃう役やっちゃっていいのかな〜?


NO NO NO NO NO NO NO NO NO NO NO NO NO 

   イエスマン   ”YES"は人生のパスワード

YES YES YES YES YES YES YES YES YES YES YES 

コメディー系の俳優さん、結構好きです。
トム・ハンクス(昔はコメディー系だったのに今やアカデミー賞2回連続受賞の大物になっちゃって・・・)
を始め、スティーブ・カレルにベン・スティラー、オーウェン・ウイルソン等々。
マスク以来ジム・キャリーも好きなんです。
強烈な個性とハイテンションな顔の演技で、今までにないコメディアンのスタイルを確立。
「マスク」は衝撃的でした。
最近ケーブルTVのムービープラスで「マスク」を見直して、キャメロン・ディアスの顔が随分変わっているのにビックリ。
整形とかじゃあなくて、今が老けたとかいうのじゃあなくて、当時は顔が若くてキュート!

         
ジム・キャリーはといえば、いやぁ〜、人のことは言えんけれど、歳とったなぁ〜
前半、「NO」を連発する暗〜い主人公を演じている時は特にそう感じました。
友人や恋人を演じる俳優さんたちが若いから余計に年齢を感じたのかもしれません。
中盤「YES」に目覚めてからは、本領発揮!元気でおかしなジムでした。
シリアスなドラマを目指してコメディーからの脱却を図っているようで、
「トゥルーマン・ショー」「マジェスティック」や「エターナルサンシャイン」のジムも良かったけれど、
「マスク」や「ブルース・オールマイティー」系の印象が強すぎて苦労なさっている気がします。

 < ストーリー >
銀行で融資担当のカール(ジム・キャリー)は、仕事でもプライベートでも「ノー」を連発。
電話にも出ず、親友の婚約パーティーをもすっぽかしてしまう。
ひょんなことから自己啓発セミナーに出席し、
「どんな事に対しても『イエス』と答えることが、意味のある人生を送るための唯一のルール」と教えられる。
それ以来どんなことにも「イエス」と言うルールを自分に課しひどい目にもあうが、
その結果知り合ったアリソン(ゾーイー・デシャネル)から好意を持たれ、次第に運気が上っていくが…


とんでもない設定だなぁと思ったけれど、実はこの話、
すべてに「イエス」と言ったらどうなるかを実際に試したBBCラジオディレクターの実話に基いているそうな。(ここシャレですよん

しかし何にでもYESって・・・かなり危険。
実際、車を買わされたり、おかしなバンドのライブに行ったり、週末シンガポール旅行
を決行したらしい。

主人公は、バンジー・ジャンプに挑戦し、ギターを習い、韓国語を習ったり大忙し。
USJのジェットコースターでびびってるようじゃあ、絶対バンジーにYESは言えません。
でも空港で行き先を決めず一番最初に取れるチケットで旅行するって、ワクワク〜
こういうの、私はアリです。

人生って、小さなことから大きなことまで選択の繰り返し。
「何を食べる?肉?魚?」「出かける?出かけない?」「右か左?」・・・
「出かけたら疲れる〜」とか「面倒くさい〜」って言っていたらな〜んにも始まらない。
最近は子供まで、若いみそらで何かというと「面倒くさい〜」って言いますもんね。

決まりきった日常に一石を投じて・・・ってそんな大層なことじゃなくても、
ちょっと波風を立てるってワクワクするじゃぁないですか?
同じことの繰り返しじゃつまらない。
まぁ、知らない人に「車に乗せて」といわれてYESとは答えられないけれど・・・
「自己啓発セミナー」なんてとっても怪しげだし、あの雰囲気はアメリカのTV伝道か、新興宗教
みたいだけれど、「信じるものは救われる〜」「イワシの頭も信心から」
ワクワク感が気持ちを高揚させ、前向きに良い方に転がるってあると思うなぁ。

セミナーの主催者を演じるはテレンス・スタンプ。
最近「ゲット・スマート」や「ウォンテッド」「ワルキューレ」と出演作が続いています。
「あんたのせいでこんな目にあった」というカールに、
「何でも肯定するのは最初は身体を慣らすため、次第に思考が前向きになる」という台詞には
説得力があります。
    
                            勿論左がアリスン
アリソンが所属するバンドの名前は「ミュンヒハウゼン症候群」何ともすごい名前を付けたもんです。
ウィキペディアによると、
『自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、
病気を装ったりする症例の事。ビュルガーの著作から「ほら吹き男爵」の異名を持った
ドイツ貴族・ミュンヒハウゼン男爵(実在)の名前から付けられている。』とあります。
今年1月、自分の子供に腐敗液の入った点滴をうって殺してしまった女性のニュースで
「代理ミュンヒハウゼン症候群」という言葉を聞いたばかりだったので妙に頭に残りました。
アリソンを演じているゾーイ・デシャネルがキュートでチャーミング!

カールのチャレンジを不審に思ったFBIの取調べや
上司の「ハリーポター」「300」のコスプレパーティーなど笑いも満載、
そして前向きな元気をもらえる映画でした
       

それにしてもこの映画、もっと宣伝してもいいんじゃないかなぁ?
テレビCMもあっという間に終っちゃったし、映画館での扱いも小さいなぁ



にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 今週 見た 映画 *****

 4月 1日 「ベッドタイム・ストーリー」@TOHOシネマズ海老名

 4月 2日 「クワイエットルームへようこそ」DVD 内田有紀、宮藤官九郎主演の日本映画

 4月 3日 「無ケーカクの命中男」DVD 「40歳の童貞男」の監督だからって日本語タイトルが悪すぎる
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三都物語 後編 | トップ | フロスト×ニクソン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2009-04-07 21:30:25
ご無沙汰です!
「イエス」を言い続けたらどうなるか・・・というこの作品、もっと単純なコメディかと思いつつ観ましたが、いや〜楽しいだけじゃなくて前向きに生きるヒントをくれるような、ちょっと素敵な映画でしたね。

私も「マスク」以来のジムファンですが、あれはキャメロンに一目惚れした作品でもあります♪
トラコメありがとうございます! (SOARさんへ(ryoko))
2009-04-08 12:45:33
お久しぶりです。
あまり宣伝してないですし、映画館の扱いが小さいのに不満です。
と〜っても面白くて、それでいて台詞が良くて、素敵な映画でしたね。
主人公がYESで始めるギターや韓国語、融資の乱発、イラン人とのお付き合いがすべてうま〜く伏線になっていて、それを使ってFBIの捜査ってところに皮肉も効いていて、久々に本領発揮のジムなんだからもっと大きく扱って欲しかったです。

キャメロンの顔がホントに初々しくってキュートでしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』・・・いきなり「セパレイト・ウェイズ」かよっ!(喜) (SOARのパストラーレ♪)
ジャーニーの「セパレイト・ウェイズ」がいきなり流れ出したのにはぶっ飛んだ! 高校時代こよなく愛したハードロックバンドが二つあって、そのひとつがジャーニーなのだ。中でもアルバム「フロンティアーズ」収録のこの曲は『ワルキューレ』の記事に余談として書いたバン...
イエスマン ”YES”は人生のパスワード (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もしも、すべてに”YES”と答えたら。 それは、今まで 誰も気づかなかった 幸せになる方法』  コチラの「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」は、すぐに”ノー”と言ってしまう主人公がすべてに”イエス”と答えるように努力する3/20公開となったジム・キ...
イエスマン “YES”は人生のパスワード (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダニー・ウォレス原作、原題:Yes Man。ペイトン・リード監督、ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、リス・ダービー、ジョン・マイケル・ヒギンズ、ダニー・マスターソン、テレンス・スタンプ。金融大不況の中、あえて中小零細企業へ...
イエスマン ”YES”は人生のパスワード [監督:ペイトン・リード] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ぬるま湯につかりに行きました。いいぬるま湯加減でした。
「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」みた。 (たいむのひとりごと)
めっちゃアヤシイ自己啓発セミナー。ポジティブシンキングとしての「YES」は分るけど、何から何まで「YES」と言わなければならないとは恐ろしい。一体どうなることかと思ったら、そこにはフォローがあったけれ
映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」(23008年、米) (富久亭日乗)
     ★★☆☆☆  Jim Carrey 主演の喜劇。 原題は「Yes Man 」。       Carl Allen (Jim Carrey )は融資担当の銀行員。 離婚をきっかけに、何事にも消極的な人生を送っていた。 ある日、友人Nick(John Michael Higgins )に誘われ、 Carlは自己啓発セミナ...
[映画『イエスマン /“YES”は人生のパスワード』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆予告編を見て、「ああ、この映画は観に行かないな」と思っていた作品なのだが、ここにTBを飛ばしてくれる皆さんのレビューが頗る良好なので、しずしずと鑑賞に向かった次第だ。  ・・・面白かった。  この作品、特に、私のような40代の独身男には、ちょいと、こ...
イエスマン☆“YES”は人生のパスワード (銅版画制作の日々)
 あなたも“YES”で人生を変えてみませんか? 3月30日、MOVX京都にて鑑賞。いやあなかなか面白かった。ジム・キャリー、最高です!!彼は顔の表情を色々変える百面相が得意な俳優さん。セロテープを顔に巻きつけて、独特な表情を作って楽しませてくれました。もちろ...
★「イエスマン “YES”は人生のパスワード」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウ第二弾は・・・ オーウェン・ウィルソンの「マーリー〜」、アダム・サンドラーの「ベッドタイム〜」に続いて、ベン・スティラーが主人公の声をやってる「マダガスカル2」を観て、一週間に3フラット・パックを達成しようかとも思ったけど、 こっ...
イエスマン “YES”は人生のパスワード (5125年映画の旅)
自分に自信がなく、人付き合いも下手でどんな誘いにも「NO」と言い続ける男・カール。そんな彼が偶然出会ったのは「どんな事にもYESと答えれば幸せになれる」と謳うセラピーだった。カールはセラピーに従い、どんな無茶な要求にもYESと答えるようになる。その...
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:YESMAN監督:ペイトン・リード出演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、テレンス・スタンプ公式サイトはこちら。<Story>3年前に離婚して以来、カール・アレン(ジム・キャリー)の毎日は“NO”の連続だった。銀行の貸し付け担当....
大切なのは自分の意思。『イエスマン "YES"は人生のパスワード』 (水曜日のシネマ日記)
周囲との接触に消極的で何事にも「ノー」と否定的だった一人の男性の物語です。
YES MAN を観ました。 (My Favorite Things)
大作を観られない日々…仕方ない約束だから…そろそろヤバイかも?
イエスマン "YES"は人生のパスワード (だらだら無気力ブログ)
何事にも後ろ向きで常に答えは「ノー」だった男が、いついかなる時でも 「イエス」と答えるルールを自分に課したことから起こる騒動を描いた コメディー。実際にイギリス人のダニー・ウォレスが「イエス」と答え続けた 生活を実践した体験記が基になっている。銀行で融...
イエスマン“YES”は人生のパスワード (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ちょっと前に観たんだけど、感想が遅くなっちゃった〜ブヒ【story】カール(ジム・キャリー)は、面倒くさい相手からの電話はいっさい出ず、友達からの誘いも何かと口実をつけて断わり、勤め先の銀行ではローンの申し込みをほとんど却下する「NO」が基本の男。ところが、...
イエスマン "YES"は人生のパスワード (小部屋日記)
YES MAN(2008/アメリカ)【DVD】 監督:ペイトン・リード 出演:ジム・キャリー/ゾーイ・デシャネル/ブラッドリー・クーパー/ジョン・マイケル・ヒギンス もしも、すべてに“イエス”と答えたら。 それは、今まで誰も気づかなかった幸せになる方法 全てに“YES...
「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
Noと言わず、Yesと言い続ける生活ってちょっとだけやってみたいかも^^
「イエスマン」(YES MAN) (シネマ・ワンダーランド)
「トゥルーマン・ショー」や「マジェスティック」「マスク」などの作品で知られる米国喜劇俳優、ジム・キャリー主演のヒューマン・ドラマ風コメディ「イエスマン」(2008年、米、104分、ベイトン・リード監督、ワーナー映画配給)。この映画は すべての答えを「ノ...
イエスマン "YES"は人生のパスワード (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:イエスマン "YES"は人生のパスワード 制作:2008年・アメリカ 監督:ペイトン・リード 出演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、ジョン・マイケル・ヒギンズ あらすじ:仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親...