映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ウォルト・ディズニーの約束  Saving Mr.Banks

2014-04-07 | 映画 あ行
ディズニーの「メリー・ポピンズ」は大〜好きな映画の一つです。
映画の挿入歌を歌いたくて、辞書をひいて、カタカナで発音を書き、何度も歌った覚えがあります。
本作を見ている時、思わず一緒に口ずさみました。結構覚えているもんです。
大好きな歌の製作シーンがこんな風だったんだと感無量です。
昨年実家で発掘したパンフレットの中に「メリー・ポピンズ」があったはずっと
探し出しました。
      
        裏表紙に¥200の印刷がありました。当時の映画入場料っていくらだったのかしら?

中身を読み返したのですが、本作で扱っている原作者P・L・トラヴァースに関する記述はスタッフの
ところに原作者として名前が出ているだけで、彼女に関することは何も書かれていません。
ディズニーの娘さんが夢中になって本を読み耽っていたので、映画化を考えたものの「あまりにも困難を
伴うなう内容に、一時見送っていた」とありますが、これだと映像化が難しいように思っちゃいますよね。
原作者トラヴァースとの間で映画化に際し、色々トラブルがあったとは・・・。
他にはシャーマン兄弟の音楽の素晴らしさや振付、衣装、特殊効果やアニメと実写の合成など
本作の成功は「チーム・ワークの勝利」だと結ばれています。
     
ジュリー・アンドリューズを紹介するページで、ウォルトの隣にいるのは…パメラかな?
   
                           パンフの中にこんな洗剤の広告がありました。懐かし〜い。

映画「メアリー・ポピンズ」が大好きだったのに、原作を読んだことはありませんでした。
映画を見てから原作を読んだというMちゃんに聞いたところ、ポピンズ像にはかなりのギャップがあるそうで、本ではかなり厳しく、口調もちょっと…イメージが壊れて途中で読むのを止めたとのこと。
日本には乳母(ナニー)なんてお勉強からテーブルマナーまで厳しく躾ける住み込みの家庭教師なんて
システムが無いからなんとも…。


    ***********************

          ウォルト・ディズニーの約束
                       Saving Mr.Banks

    ************************

 < ストーリー >
1961年。英国に住むパメラ・トラヴァースは、ウォルト・ディズニーから「メリー・ポピンズ」の
映画化の申し出について話し合うためにロサンゼルスに向かう。ディズニーの一行は大歓迎で迎えるが、
パメラは気難しい性格でことごとく周りを困惑させる。何とか映画化の契約書にサインをしてもらおうと
スタッフ一同心を砕く。実は彼女はオーストラリア人で、銀行員だった父の辛い思い出を抱えていた。
英国に帰ってしまった彼女を追って、ディズニーは英国に向かい・・・。

      
             
       
原作は1934年英国で出版され、映画のリリースが1964年。
アカデミー賞では13部門ノミネートされ、5部門で受賞
ジュリー・アンドリューズは「マイ・フェア・レディ」のヘップバーンを抑え主演女優賞を獲得しました

「メリー・ポピンズ」の映画化に際して、こんなに大変なことがあったとは。
本作でエマ・トンプソン演じるパメラ・トラヴァースはとても気難しい女性です。
契約書にサインをしに来たというのに、あれこれ文句ばかり付け、皆を困らせるパメラ。
映画はそんな騒動と、彼女が幼少期を過ごしたオーストラリアでの日々が交錯し、次第に彼女が難癖を
つける理由がわかってきます。

彼女の父は銀行家。子供たちには優しいいいお父さんだったけれど、銀行が合わなかったのか?
お酒に溺れ体を壊し、妻や娘パメラを失望させてしまう。
そんな一家の窮状を救う為、遠くから来た母の姉エリーがポピンズのモデルだったのですね。
ポピンズのいでたちで現れた伯母エリーですが、ポピンズがバンクス一家を救ったように
パメラの父を救うことはできず…。

英語で銀行は「bank」、銀行家だから「バンクスさん」だったんだ〜っと今回初めて気が付きました
ディズニー側のバンクスさんの描写がよくないと怒るパメラ。父と重なるバンクスさんが悪く描かれる
ことに我慢がならなかったのですね。

本作の原題が「Saving Mr.Banks バンクスさんを救え」であるということに納得です。
本作でパメラの父を演じるのはコリン・ファース。とてもよかったです。
ポール・ジアマッティ演じる運転手とパメラの関わりにも、ジーンときました。
娘を思いやる優しい父の姿に、パメラは幼い頃の父を重ねたのでしょう。


ちょっと前に「本当は怖い世界の童話」が話題となり、誰もが知る「白雪姫」「眠れる森の美女」
「人魚姫」など「王子様と幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」で終わると思っていたのに
実は結構怖〜い話だったという事を知った時、ディズニー映画で洗脳されてたのかも?っと感じた
のは私だけではないと思います。
本作で「くまのプーさん」のぬいぐるみを見て「A・A・ミルンは気の毒ね」と毒を吐くパメラ。
「アニメにはしないで」何度も言う彼女にとって、ディズニー作品になると大切な自分の作品が
別物になるのでは?と危惧していたのかもしれません。

「アニメーションにしない」というトラヴァースとディズニーの約束はどうなったのでしょう?
トラヴァースが最終的にオーケーしたということでしょうか?
公園でバートの描いた絵の中に入り、アニメとコラボするシーン。
始めてみるアニメと実写のコラボ映像に、幼い私は感激しました。(アカデミー視覚効果賞受賞です。)
何にせよ「メリー・ポピンズ」が映画化されてよかったよかった!
ジュリー・アンドリュースとディック・バン・ダイクの配役もベストです。
あれだけの音楽をつむぎだしたシャーマン兄弟は天才です!


私と父の思い出で映画がらみのもの・・・映画館で見たアニメじゃない初めて実写映画は
父に連れて行ってもらったディズニーの「黒ひげ大旋風」でした。



 にほんブログ村 映画ブログへ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナと雪の女王  FROZEN | トップ | メビウス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・
ウォルト・ディズニーの約束 (そーれりぽーと)
『メリー・ポピンズ』製作の裏側を描いた『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。 ★★★★★ 楽しい『メリー・ポピンズ』の原作者がこんなにも偏屈な女性だったなんてと言うギャップにまずやられるのだけれど、幼少期を平行して描くことで彼女が心に抱えるトラ...
ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks (勝手に映画評)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  原題は『SAVING MR.BANKS』 映画の内容を考えると原題の方が映画を現していると思いました。 英語があんまりできなくて残念に思いました。 きっと 英語ができれば 内容をもっと深く味わうことができたと思います。  『メリー・ポピンズ』を映画化した...
ウォルト・ディズニーの約束 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル....
『ウォルト・ディズニーの約束』 2014年3月27日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォルト・ディズニーの約束』 を鑑賞しました。 平日の夕方の回でありながら、いい感じでお客さんが入ってました。 意外とヒットしている映画かも(笑) 【ストーリー】  1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハン...
映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味...
DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に… (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ....
『ウォルト・ディズニーの約束』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話。 秘話?映画になるほどの秘話があったのかと思ったのです。 メリー・ポピンズの小説があることも知らなかったので。 ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を描いた映画は初めてですね。 スタジオジブリを撮影した...
ウォルト・ディズニーの約束 (こんな映画見ました〜)
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー....
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
メリー・ポピンズ/父の娘〜『ウォルト・ディズニーの約束』 (真紅のthinkingdays)
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズ...
「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え! (はらやんの映画徒然草)
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現
ウォルト・ディズニーの約束 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ウォルト・ディズニーの約束 '13:米 ◆原題:Saving Mr. Banks ◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」 ◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ ◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせて...
ウォルト・ディズニーの約束 (いやいやえん)
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 ...
メリー・ポピンズが出来るまで、 (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「ウォルト・ディズニーの約束」を鑑賞しました。 ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診する。 映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下、なぜ...