映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

2008-06-28 | 映画 あ行
おっと~、先行上映やったのね~
ブログ諸氏もすでに先行上映で鑑賞済みのご様子。

22日意気込んで、前々日にネットでTOHOシネマズ海老名の座席予約
雨にも負けず、映画館は人で溢れておりました。
久しぶりに満席の映画館!予約しておいてよかった~
満席って、やっぱり一体感があっていいなぁ~。
 
予想通り、幅広い年齢層、昔のインディーファンから、初めてみる若者までギッシリ!
期待に胸が膨らみます。

 TOHOシネマズ海老名のカフェでも、盛り上げる為にこんなセットが…
  


!!!@@@???!!!@@@???!!!@@@???

   インディー・ジョーンズ   クリスタル・スカルの王国

@@@???!!!@@@???!!!@@@???!!!

学生時代に、大阪梅田の映画館で友人と「インディー・ジョーンズ 失われたアーク」を見ました。
「アークって何だろう?」なんて会話をしながら、
初めてみるタイプの冒険活劇(古い?)に大興奮!
当時、入れ替え制じゃないのをいいことに、ぶっ通しで2回半見た事を覚えています。
コンピューターグラフィックスじゃないのに、頑張ってましたよね

最近では「ハムナプトラ」や「ナショナル・トレジャー」など、古代遺跡で大暴れ系が多い中、
やはり「インディー 失われたアーク」は元祖です。


 <ストーリー  チラシ参照>
1957年の冷戦時代を背景に、今回インディーが捜し求める秘宝とはクリスタルスカル
言い伝えによると、スカルは黄金に輝き死者たちに守られていた伝説のアマゾンの都市から盗まれた。
スカルを神殿に戻したものは神秘のパワーを得ることが出来る。
その伝説を信じるソ連軍のスパルコ(ケイト・ブランシェット)はインディーを捕え、
スカルの捜索を強要する。
スカルに秘められた謎とは?インディーは手に入れることが出来るのか?


クリスタルスカルは水晶でできた頭蓋骨。悪趣味~。
後頭部が長く伸びてて、なんだかちゃっちいな~、なんて思っていたいたけれど・・・、
なんと実際にクリスタルスカルなるものが存在するんですねぇ。
水晶髑髏といわれるものは世界中に十数個あるらしいが有名なのが大英博物館のもの。
キレイじゃない。(右写真)
   

アンデスの遺跡から発見されたというふれこみだったらしいけれど、
19世紀後半に作られたものだと判明。おいおい。
映画でも言ってましたが、「人智の及ぶものではない」な~んて
色んな憶測を呼ぶミステリアスなものですね~。


私も含め多くのインディーファンにとって、19年ぶり待望の続編!

映画も前回の3作目「最後の聖戦」から19年後の1957年の設定だそうな。
戦う相手は、ヒットラーのナチス・ドイツからフルシチョフのソビエトへ。

「アメリカン・グラフィティー」を思わせるオープニングから、
インディーシリーズ、ルーカス/スピルバーグ/ハリソン・フォードがらみのお楽しみカットがあちこちに・・・
まるでファミコンの隠れキャラやボーナスきのこを探すような楽しみが。
あっ、アークみっけ~。

仲良し3人組が旧交をあたため楽しんでいる感じですね~。
   

今回の映画、「面白かった?」と聞かれたら、「うん、面白かったよ」と答えるでしょうが、
「良かった?」と問われて「良かった」と言えるかどうかは、ある1点に懸かっています。

1作目と3作目は「ありえな~い」と思いながらも、一応旧約聖書の記述に基づいたストーリー、
2作目もインド奥地の魔宮が舞台で、ロマ~ンがありました。

今回は南米古代遺跡やナスカの地上絵までは良かったけれど・・・、一足飛びに、えぇ!?
クリスタル・スカルって、現在の技術を持ってしても作るのは難しい・・・てことは、
?!?!ってことなのね!?(ここまで書いたらわかっちゃうか?)





反転させてネタばれを隠す方法をまだ習得していないので 
申し訳ございません。


 ***** ネタばれ しちゃいます *****



エンディングはまるで「プレデター」じゃないかー?
そこは「触れてはならないサンクチュアリー(聖地)」・・・
その結末じゃあ、まるでB級映画だぜ。

「インディペンデンス・デイ」で、
最後に出てきた宇宙人と、宇宙人を撃退するのにコンピューターウイルスを使うと知った時に感じた
「こりゃアカン~」を思い出してしまいました。

何故か宇宙人というと必ずあの、誰もが思い浮かべるイメージ「タコ」か「グレイ」。
怖さを出すなら最後まで映像化しないか方がいいですね。
あのイメージと被った途端に、恐怖が消え笑いすら起こってしまう。
その点「マーズアタック」はコメディーだからバッチリOK!


何度も書き直した末、最終的に採用した脚本が、『宇宙戦争』のデヴィッド・コープによる脚本だったって・・・。
そういえば、スピルバーグは「未知との遭遇」「E.T」や「A.I」、「宇宙戦争」などなど、
昔から宇宙ものがお好きだったのね。その流れか?


前半はネバダ州の「エリア51」と呼ばれる空軍基地で大暴れ
そこは1947年のロズウェル事件
(アメリカ政府がUFOと異星人の死体を回収したのではと憶測を呼んだ事件)など、
異星人に関する極秘情報が隠されているらしい。
って、まるで矢追純一氏出演の2時間スペシャル!
つなぎのジーンズをはいたおじさんが東北弁のアフレコ付きで
「おらぁ見たんだ~」ってシーンを思い出すのは私だけ?

ここで、壮絶な奪い合いをする強力な磁気を帯びたナゾの遺体はどうつながったのかしら?
クリスタル・スカルとの接点は???
エンドロールを見ながら「あれ、あの遺体はどうなったの?」

突然原爆実験用の作り物の街に着いたインディー。
鉛製の冷蔵庫で放射能を遮断、でもぶっ飛ばされた後、
出てきてきのこ雲みたらあかんでしょう?
ガイガーカウンターバリバリ鳴る中、数人に洗浄されている時、
二の腕プルプルしてましたよ。(人のことは言えんけど・・・)

インタビューで、ルーカス曰く「インディーはわれわれと同じ人間です」って、
いや~彼はすでに不死身、マクレーン刑事やランボー同様、軽~く人間を超えてます。



第1作、カレン・アレン扮するマリオン、少々太られたようですがまだまだお若いです。

ハリソンは以前「ハリウッド的殺人事件(見てませ~ん)」のキャンペーンで
来日したのをテレビで見て、愕然
すっかり老け込んで、ピアスがイタイ・・・「もう、インディーは無理やな~」だったのに、
スタローンやブルース・ウイルスが頑張っているのに触発されたんでしょうか?
随分努力の成果が出ている感じ、若返っておられます。

   

今回の悪役、ケイト・ブランシェットはロシア語訛りの練習なさったんですね。
エンドクレジットに目を凝らしていたら、「発音指導」ありました~。

ハリソン・フォードの年齢から察するに今回が最後だろうなぁ~と、
また、今回の相棒マットがインディーの帽子を最後に拾い上げそうになった所で
「やっぱりマットが受け継ぐんだ」と思ったら・・・
あらあら、インディーまだまだやる気かい?!

インディーランキング!
 ①失われたアーク
 ②最後の聖戦
 ③魔宮の伝説
 ④クリスタル・スカルの王国

やっぱり、期待が大きすぎたかしら?





  ***** 今週 見た 映画 *****

 6月22日 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

 6月22日~24日 「マイガール」DVD 韓国TVドラマ 全16話!
  3日で16話17時間超は、流石に疲れた
  Mさんに、面白いから見てねと言われ、お借りしたDVD8枚!
  手元にあると、気になって「止められない止まらない
   
   韓国TVドラマの王道、でも主人公が可愛くバイタリティがあり元気をもらいました。
  ファイティバシャ
 

にほんブログ村 映画ブログへ


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュノ JUNO | トップ | 七人の侍 と 荒野の七人 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます! (mezzotint)
2008-06-28 23:22:53
nryokoさん
今晩は
いつもありがとうございます。
レビューが長~くなってしまいましたので、前半と後半に分けて載せております。ぜひご覧下さいハリソン・フォード、元気ですね。今年66歳だそうで・・・。頑張っておられました私も元気を分けて欲しいな~~なんて思う今日この頃です。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-06-28 23:40:08
インディのシリーズは大好きなんですけど、やっぱりこれまでの作品の順位をつけると、「クリスタルスカル」は4位かな~。

ところで、せっかく記事の中に「マイガール」のことが出ていたので、TBさせていただきました。
私も先月見たばかりです~。
最初の方はノレなかったのですが、しり上がりに面白くなっていきました。
Unknown (moriyuh)
2008-06-29 09:00:10
おはようございます。
TBありがとうございました。

>インディーランキング!
 ①失われたアーク
 ②最後の聖戦
 ③魔宮の伝説
 ④クリスタル・スカルの王国

私もほぼ同様ですね。
私の場合、魔宮とクリスタルが同位かな?ってところです。

レイダース先週TVで観ましたが、やはりよく出来ていましたね。


トラコメどうもでした (ひらりん)
2008-07-01 01:18:20
次回作のバトンタッチが出来たような結末でしたね。
それにしても、アドベンチャーにあれもこれも詰め込むなんて・・・
さすが、スピルバーグ+ルーカス+フォードの3オッサン・・・恐るべし。
トラコメありがとうございます (mezzotintさんへ(ryoko))
2008-07-01 09:52:17
拝見しました。
前編・後編力作ですね。
細かいところまで記憶にとどめておられ、
「そうだった、そうだった」と映画のシーンが蘇りました。
いっときの老け込みを跳ね飛ばし、若返りましたね~。アンチエイジングにはインディー!ですね。
マイガール!! (ミチさんへ(ryoko))
2008-07-01 10:15:12
コメントありがとうございます。
はい、「1%の奇跡」と同じ俳優さんがおじいちゃんでしたね。
前半では、無茶苦茶だけどケ・セラ・セラなユリンの生き方に元気をもらい、後半ストーリーは盛り上がりましたがユリンの笑顔をが見れなくてちょっと寂しかったです。
20話を超える「1%」に比べ、こちらは16話だったのでホッとしました。
トラコメありがとうございます (moriyuhさんへ(ryoko))
2008-07-01 10:24:31
やはり1作目・3作目には及びませんでしたね。
あのエンディングが・・・十分面白かったのですが。
見る側も、この19年でCGを使った作品をた~くさん見て目が肥えてしまったかもしれませんね。

私も、映画を見た日に「レイダース」TVで見ちゃいました~
トラコメありがとうございます (ひらりんさんへ(ryoko))
2008-07-01 10:32:57
間延びした2つ続きのコメントを送ってしまってすみません
消えたと思って打ち直したら残っていました。
オッサン3人が久しぶりに集まって、「気づくかなぁ~?」なんて言いながら、あれもこれも入れちゃえって楽しんで作った感じですね~。
こんにちは! (由香)
2008-07-03 12:38:12
お邪魔します♪
インディシリーズが大好きで、やっぱり私もレイダースと最後の聖戦がお気に入りかなぁ~
今回は、とにかく65歳のハリソンがインディを演じられるのか?―という不安もあったので、インディがインディのままで登場してくれたことが何よりも嬉しかったです♪
流石に老けてはいましたが、お茶目なところやユーモアのあるところなんか、、、昔のままで感動でした!

ラストはSFになっちゃって、一瞬引きましたが、時間が経ったらそれもOKになってきました~
公開中に何とか時間を作ってもう一回観るつもりですが、その時は丸ごと楽しんでこようと思っています♪
トラコメありがとうございます! (由香さんへ(ryoko))
2008-07-03 21:48:52
いつもありがとうございます!
3作目最後の聖戦はショーン・コネリーを迎えて、ストーリー的には失われたアークより良かったですよね。アークは当時画期的だったということで、やはり1位にしておきました。
以前老け込んでいるのを見たので、ハリソンの若返りぶりと頑張りには目を見張りました
SFはやっぱり・・・遺跡系でいって欲しかったです
次回作はインディー?マット?どっちなんでしょうね。
おじゃまします (ピロEK)
2008-08-07 23:02:11
はじめまして(ですよね?)。私のブログにコメントを頂きありがとうございました。
…私のブログにコメントを頂いてから約1ヶ月…こんなに反応が遅くなってしまって本当にすいません
この映画のオチである宇宙人(?)ですが、私は許容できた派なんですよね。特に違和感なく鑑賞しました…でも、このレベルの大作シリーズになると、人それぞれ思いいれというか、それぞれのインディ像はあるようで、宇宙人がNGって方は割りと多いみたいですねぇ。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます (ピロEKさんへ(ryoko))
2008-08-10 16:32:52
おっと、ピロEKさんは宇宙人許容派ですね。
やはり1作目からの思い入れがあるので宇宙はありゃりゃ~でした。南米の遺跡に留めておいて欲しかったです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
こんばんは (David Gilmour)
2008-12-09 04:27:42
トラバエコー&コメントありがとうございました。

ぼくもシリーズ第1作「失われたアーク」を大阪梅田の映画館で見ました。その時、体験した面白さは今でも忘れることができません。第4作は、ほんまにハリソン君の体力で大丈夫なんやろかと心配していましたが、見事に演じきっていたのに感心してしまいました。ぼくもルーカスの「アメ・グラ」を見ているのですが、オープニングが本作と似ていたのでしょうか。

それでは、またよろしくです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Akira's VOICE)
温故知新の大冒険!  
INDIANA JONES KINNGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 前半 (銅版画制作の日々)
   やっと観ることが出来ました!インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 24日、MOVX京都にて鑑賞。何と20年ぶりにあのインディ・ジョーンズが帰ってきたのですね。お馴染みインディー役にはあのハリソン・フォードです。かなりアクションも激しいもんで...
INDIANA JONES KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 後半 (銅版画制作の日々)
インディ・ジョーンズ クルスタル・スカルの王国、続きです。 この2人はご存知、スティーブン・スピルバーグ監督(左)とジョージ・ルーカス《製作総指揮・脚本・原案》です。インディ・ジョーンズの生みの親です。   アマゾン インディはアマゾンのジャングル...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (いい加減社長の映画日記)
先週に先行上映していたのは、知ってたんですが。 先行上映だと、割引が効かなかったりするんで、通常公開の初日に「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」。 「UCとしまえん」は、結構人が多い。インディ効果? 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカル...
[映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあと...
映画 【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マ...
韓国ドラマ「マイガール」 (ミチの雑記帳)
お友だちに面白いと勧めていただいた韓国ドラマ「マイガール」(全16話)を見終わりました。 なるほど、確かに私好みで面白かったです。 基本は「宮(クン)」や「私の名前はキム・サムスン」に似てます。 “契約”だった関係がだんだん恋愛に移行していくところとか、男...
映画レビュー「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆これぞ冒険活劇ムービー。19年ぶりの最新作には懐かしい顔と新しい顔が見えて、サービス満点だ。 【65点】  冷戦時代の1957年、考古学者にして冒険家のインディアナ・ジョーンズ博士は、生意気な若者マットと共に、伝説の古代秘宝“クリスタル・スカ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ジョージ・ルーカス原案、スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート。昔読んだオカルト系、オーパーツ系のものがあまりに盛り沢山で、総集編という感じだ。
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 (Sweet*Days**)
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシ...
インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 を観ました。 (My Favorite Things)
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 やっぱり・・・(x_x) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
インディージョーンズシリーズのファンなので、凄く楽しみで、でも期待し過ぎると良くないからと、期待はしないで映画館に行きました。
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (迷宮映画館)
平均年齢・・・高!
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (★Shaberiba ★)
ルーカス&スピルバーグ&フォード結集!シリーズ4話!ココに登場!! 脚本はスパイダーマンのデヴィット・コーク。
★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ~」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ドキドキするなぁ~インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □...
生ハリソンに感激!【インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2008年6月5日。 インディ・ジョーンズが東京・代々木国立競技場に現れました!
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [監督:スティーブン・スピルバーグ] 映評前編 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
スピルバーグとルーカスが今さらインディに情熱を燃やすとも思えず。それでは彼らが何をしたかったのか・・・を深読み考察してみた。(当然ネタバレ)
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [監督:スティーブン・スピルバーグ] 映評後編 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
アリのシーンの不満と音楽のマニアックな解説など・・・
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (取手物語~取手より愛をこめて)
まさか、またインディがスクリーンでみられるとは・・・。
【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、今って“2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/face_as...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 世界で一番の「インディ」ファン (はらやんの映画徒然草)
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン
【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (利用価値のない日々の雑学)
先行上映も含めると、略1ヶ月遅れであったが、やっとインディを鑑賞することが出来た。実は家族揃っての予定であったのだが、直前になって次女が「あんなお爺ちゃんが活躍するアクションなんて嫌だ」と言い出して(彼女は先週花男観たばかりだからね。私の宝物である過...
【映画】 インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危う...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (シネマ・ワンダーランド)
ジョン・ウィリアムズの勇壮なテーマ曲とともに、あの冒険活劇の世界的ヒーロー、インディ・ジョーンズが19年ぶりに帰ってきた。シリーズ4作目となる本作のタイトルは「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年、米、スティーヴン・スピルバーグ...