映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

白いリボン

2011-01-27 | 映画 さ行
水曜日はハシゴの日。
私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。
関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます
最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。
「メンズ」があって「レディース」がなかったら・・・大変なことになりますよ
女性は暴動を起こすと思うけれど、男性は心が広い?ですよね。
この件に関して不満もあまり聞いたことがないし・・・。(レストランのメニューもですね)
まぁ、TOHOシネマズさんが値下げに踏み切ってくれるのはありがたいことですが、
やっぱり「映画館に行くのは水曜日!」です。

なので、今日(26日)は勇んで横浜ジャック&ベティへ
ウディ・アレン監督作「人生万歳!」とミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」のハシゴでした。

「人生万歳!」はニューヨークが舞台の都会派コメディーです。
ウディ・アレンが出演する最近の映画はあまり好きではなかったのですが、この映画は好きです。
こちらは近いうちにアップします。


   ***************

          白 い リ ボ ン

   ***************


 < ストーリー > シネマトゥディさんより
第一次世界大戦前夜のドイツ北部。プロテスタントの教えを信じる村人たちに、
不可解な事故が次々と襲い掛かる。
小さな村は不穏な空気に包まれ、村人は疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ始めていた。


おにぎり2個を頬ばって、2本目「白いリボン」へ。
カンヌ映画祭パルムドール受賞!、2009年アカデミー外国語映画賞受賞!
その他映画祭でも賞を総なめってことでしたが・・・2001年度カンヌ審査員特別グランプリを受賞した
「ピアニスト」の監督ってことで、ちょっと不安な気分で鑑賞。
う~ん・・・、やっぱり。
未熟な私にはわから~んというのが正直な気持ちです。
帰宅後、解説や映画評を読んでみたところ、皆さん絶賛しておられるご様子。
書くのも止めようかな~と思ったのですが・・・。

            

全編白黒で音楽もありません。
舞台は1914年オーストリア・ハンガリー帝国の皇太子が暗殺される第一次世界大戦勃発直前。
まず白黒で全編緊張感がみなぎっているのですが、唯でさえ馴染みのないドイツ人(?)俳優さんたちなのに
暗くて顔が識別できない。
ちんぷんかんぷんドイツ語(第二外国語でドイツ語取ったのに・・・)の字幕が白い部分に重なって読み難い。
男爵様や牧師さんは誰でもわかるけれど・・・「家令」って何ですか???
広辞苑によると「律令制で親王・内親王・三位以上の家で家務・会計を管理した人」って・・・はぁ?
男爵さんちの執事さんって感じでしょうか?字幕で「家令」って出るたびに「なにそれ?どの人?」でした。
そんな訳で、夫々の関係と顔が一致するのに時間がかかり、その上訳の分からん嫌ぁ~な事件が
次々に起こります。

身分の違い、職業的権威、親の権威などなど、上から下へ、強い者から弱い者へと威圧的な言動や
行動が繰り広げられ、下位にある者が鬱屈した心情のはけ口をより弱い者や動物・物へとその怒りや屈辱を
陰険な方法で爆発させる。

まず時代が違うし、ヨーロッパの閉鎖的で敬虔なプロテスタントの村での出来事ということで、
かなりハードルが高いです。
時として、キリスト教社会描写では、表向き驚くほどの厳格さと勤勉さと潔癖症、裏で信じられないような
性の乱れ、女性蔑視が描かれます。
(→「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」(原題は「女を憎む男たち」)で感じた「ミソジニー 女性嫌悪」でしょうか)


「人間の本質を問うている」
「人間の奥底にある悪を描く」
「ナチス台頭の暗示」「ファシズム・テロリズム発生過程の検証」
「今の時代と似ている戦争前夜の空気」
「時代や場所を越え人間社会に普遍的に存在する閉塞性」
「人間とは何か、芸術が追う究極の問いを見つめる、新たな古典がついに誕生」・・・
などといった言葉で絶賛されているのですが、人間の本質ってこんなにドロドロ、陰湿かぁ?

「人生万歳!」の中で、主人公が「様々な宗教や民主主義などアイデアは素晴らしいが、人は善という
当てにならない前提に基いていたことに問題がある」という台詞があって笑っちゃいましたが
本作ほど悪でもないんじゃないかなぁ?

ヨーロッパ社会の中で生まれ育った人たちにとっては、共感し理解できるバックグランドがあるのでしょうが、
異文化圏で生まれ育ち、仏教・神道混ぜ混ぜ宗教感にどっぷり漬かった日本人の私には
この映画が持つ空気は重くて陰鬱で疲れました。

エンドロール(音なし)が始まった時、隣に座った女性が「えっ、これで終わり?」と
ご主人につぶやかれるのをキャッチ。「同感です」と心の中で相槌を打ちました。

全編牧師(じゃなくて教師でした)の回顧の形を取っていますが、犯人を暴き出すこともなく今も失踪した人たちが怪しい
という噂だけって・・・見なかったことにしようレベルの話やないで~。
中途半端で終らんといてー。
犯人を特定しないままの方が怖いやんかー


「白いリボン」→「人生万歳!」の順番で見るべきだった・・・
やっぱりヨーロッパで賞を獲得する(特にカンヌ)作品は難しい~



スーパーで見つけた新発売ドリンクです。
サントリーもチャレンジャーね。
いや、新しい味覚を見つけると買ってしまう私もチャレンジャーか?
ペプシの毎年の新作、な味でも思わず買っちゃうんだなぁ。受けて立ちますよ。
         
透明でチョコ味・・・恐る恐る一口飲むと・・・確かにチョコレート!
でも透明でチョコレート味つうのを目も、舌も感じるのに頭が理解できない。
微炭酸で、二口三口と飲み進めると、チョコ味に慣れるのか違和感が薄れるってのは
舌が慣れるのか?頭がついてくる?のか、どっちでしょう?
パッケージは「不思議の国のアリス」イメージでカワイイ~です。



にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 1月26日 「人生万歳!」@横浜ベティ

        「白いリボン」@横浜ジャック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君を想って海をゆく  WELCOME | トップ | 「キック・アス」と街のスー... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きですよ (海パンjoe)
2011-01-27 16:12:24
この映画。日本も同じだなーって思ったし。
結局、大きな事件が起こっても、それを覆い隠すような
さらにデカイ事件が起こる。この映画の場合は、戦争でしたけどね。

で、最初の事件はどーでもよくなるみたいな。

ちょっと説明が難しいけど、小さな負が連鎖して大きな負に
なるっていうかな。

んーいい言葉が浮かばないです(涙)。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2011-01-28 00:31:31
いやいや、デカイ事件が起こっても最初の事件はチャラにはならんよ。

何とも中途半端な感じのエンディングで、「何とかしてよ!このモヤモヤ~」って行き場のない気持ちを抱えて帰路に着きました。「人生万歳!」で明るい気持ちで帰りたかった・・・。
Unknown (リバー)
2011-01-28 00:45:00
TB ありがとうございます

ハネケ作品は 全てを見せませんからね
やはり 難解ですね

しかし この引き込まれ 恐ろしさを感じました
映画的にはかなり完成度が高いのだと思います
戦争だけでは (海パンjoe)
2011-01-28 02:43:19
ならないけど、戦場になったら全てが白紙に近い状態に
なるんじゃないですかね。

最大級の負の波が最後にやってきたわけですし。

んー、ちょっと捉え方が違う感じですね。
コメント&TBありがとうございました (ナドレック)
2011-01-28 03:32:34
「人生万歳!」→「白いリボン」の順番は辛いですね。
私は「白いリボン」に大満足でしたが、たしかにこの順番だと「人生万歳!」の気分をぶち壊しかも。

あ、あと、

>全編牧師の回顧の形を取っていますが、

ここは教師の回顧ですね。
ジャクベ! (rose_chocolat)
2011-01-28 06:27:33
そうです、そこでも上映ありますよね。
これからミニシアター系がたくさん上映あるみたいですね。

私もこれは何となく、自分が分からない系列か? と思いながら鑑賞しまして、
で、やっぱり理解できませんでした(苦笑)
いいっちゃいいのかもしれませんけど、具体的に何がどうとちゃんと言えませんでして。。。
絶賛、はい、わからなくもないけど、どこを絶賛すればいいのか・・・、絶賛されてるみなさん素晴らしいです
あー (海パンjoe)
2011-01-28 09:48:08
分かりやすく例えると、「日本の警察」なんだけど、
これも捉え方が違うと全然違うものに見えるからのぉ。
Unknown (リバーさんへ(ryoko))
2011-01-28 23:19:15
コメントありがとうございます。
すべてを見せてくれなくてもいいのですが、あまりにプッツリ終ってしまったので・・・もやもやしたままの気持ちを引きずりました
Unknown (ナドレックさんへ(ryoko))
2011-01-28 23:31:52
コメントありがとうございます。
上映時間の関係でこの順番になってしまいました。
あっ、ご指摘ありがとうございます。
教師の回顧でした
Unknown (rose chocolatさんへ(ryoko))
2011-01-28 23:54:16
最近ミニシアター系は東京まで行かずにジャック&ベティに来るまで待っています。来月は「フード・インク」待ちです。

>どこを絶賛すればいいのか・・・絶賛されてるみなさん素晴らしい
同感です。私も戸惑うばかりです。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2011-01-29 00:17:57
「日本の警察」?
捉え方かぁ。う~ん、難しいなぁ~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
白いリボン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ドイツ映画、原題:DAS WEISSE BAND、英題:THE WHITE RIBBON。ミヒャエル・ハネケ監督、ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー ...
『白いリボン』 恋の行方も? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
不可解な事件 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず ....
■『白いリボン』■  (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:オーストリア+フランス+イタリア+ドイツ合作映画、ミヒャエル・ハネケ監督、クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ出演。
白いリボン (映画的・絵画的・音楽的)
 2009年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というので、『白いリボン』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というと、『ピアノ・レッスン』(1993年)、『パルプ・フィクション』(1994....
『白いリボン』(2009)/オーストリア・フランス... (NiceOne!!)
原題:DASWEISSEBAND-EINEDEUTSCHEKINDERGESCHICHTE/THEWHITERIBBON監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト...
白いリボン/Das weisse Band/Eine deutsche Kindergeschichte (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 2009年 カンヌ映画祭にて、パルムドール受賞他、 世界の映画祭32部門で受賞、54部門ノミネート! 待ちに待ったハネケ新作 わたしなんかが言うのはおこがましいけど、間違いなくハネケの傑作。 のちのファシズム、ナチズ...
「白いリボン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 学校教師にクリスティアン・フリーデル。 男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。 男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガ...
「白いリボン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。 知らない。 「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。 知らない。 知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。 このリボン見えるでしょう ラブサインなの 待っててね 知ってるじゃ....
白いリボン (心のままに映画の風景)
第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。 地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。 プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ...
白いリボン (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞白いリボン/DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE 2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144分 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: クリスティアン・フ...
「白いリボン」 (或る日の出来事)
見終わっても、戦争、ナチスということと、この映画は結びつかなかったけど?
映画『白いリボン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...
「白いリボン」 (或る日の出来事)
見終わっても、戦争、ナチスということと、この映画は結びつかなかったけど?
「白いリボン」、ミヒャエル・ハネケ監督作品 (カサキケイの映画大好き!)
老人となった教師が回想する形で始まるこの映画、 複雑に入り組んでいる上一度落ち掛けただけに、 正しく理解、解釈できているか心配ですが。。 第一次世界大戦前、 物語の舞台となったその村はドイツの田舎町、 大地主の男爵家が村の雇用の半分を担っていた。 村...
白いリボン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE/THE WHITE RIBBON】2010/12/04公開 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 144分監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテル...