映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

アメリカン・ハッスル AMERICAN HUSTLE

2014-01-31 | 映画 あ行
「人は見た目が9割」なんて身も蓋もないタイトルの新書がベストセラーになっていましたが、
イケメンでも服装や髪形、体型でこんなにも印象が変わるのか!っと驚きです。

          
「バットマン」でクールなブルースを演じるクリスチャン・ベールが禿げでカツラ、その上太鼓腹!
「マシニスト」ではありえないほどげっそり減量、「バットマン」でマッチョだったのに・・・。
いまを時めくクールなイケメン、ブラッドリー・クーパーがパンチパーマ!に濃いヒゲ。
アクションの多いジェレミー・レナーはひさしの変な髪型だし、
アレッサンドロ・ニヴォラに至っては、全く彼と気が付きませんでした。
やっぱり、体型・髪型・ファッションは大事だね。


     ***********************

         ア メ リ カ ン ・ ハ ッ ス ル

     ***********************


1979年、アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」題材に、詐欺師がFBIに協力し、
おとり捜査で政治家を逮捕するに至った実話を基に脚色したものだそうです。

       
                       
 < ストーリー >
表向きはクリニーングチェーン経営の詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、
英国人を装う詐欺の相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。
2人はFBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への
協力を持ち掛けられる。カジノで雇用創出を図るニュージャージー州アトランティックシティの市長
カーマインに架空のアラブ人富豪紹介し、利権に群がる政治家を逮捕しようというもの。
上手くいくかに見えたおとり捜査だったが、フロリダから大物マフィア(大物俳優が演じてます)が登場し、
奔放なアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がシドニーに嫉妬し捜査が混乱。
おとり捜査の行方は…?

70年代ってこんなファッションでしたっけ?
まぁ、一世を風靡した「サタディー・ナイト・フィーバー 1977」のジョン・トラボルタのファッションだって
いま見たら「ダサ〜い!」の一言で一蹴されてしまうからね。
冒頭、クリスチャン・ベールが禿た部分にカツラを載せ接着剤?で固定し周りの毛を逆立てかき集めて
整えるシーンには目を見張りました。
エンドロールで、彼にちゃんとヘアスタイリストが付いていたことを確認しました。

ストーリーは、ざっくり言うとFBI捜査官が悪徳政治家を逮捕するというものですが、実は複雑。
パンチパーマのヒゲ捜査官は、マザコンでエキセントリック、派手に手柄を立てたい捜査官。
一方の市長は、アトランティックシティの経済を活性化し雇用を創出したいとカジノを合法化案を
通したものの、財政難で新たにカジノを作る予算がなく、家族総動員でリフォームなんて涙ぐましい
努力をしており市民の人気も高い政治家。どちらが悪者?
そもそも「おとり捜査」ってのがいやらしい。
まだ何もしていない人の前に上手い話を持ちかけ、犯罪を誘導している。
勿論誘惑に負けてお金の受け取ったらイカンけれど…。
そこで捜査官に利用される詐欺師のアーヴィン、シドニーと妻ロザリンの激しい三角関係や
アーヴィン、シドニーとFBI捜査官の三角関係。
ドバイのシークに、利権に割り込んでくるマフィアのボス(マフィアのボス役と言えば…あの方です)に、
マフィアの手下とロザリンの関係と、もう入り乱れてのシッチャカメッチャカ。
どうなるのよ〜?っと思ったところでアーヴィンが踏ん張ります。
ユーモアたっぷりで、後半テンポもよくなかなか面白い展開でした


日本でも、オリンピック招致でお台場やハウステンボスなどでIR(統合型リゾート)カジノ構想が
現実味を帯びてきているようですが、「おとり捜査」なんてやったらお縄になる政治家が出てくるかもよ?
まぁ、日本では「おとり捜査」は禁止されているらしいですから、大丈夫かな?

本作では女優陣も頑張ってます。
エイミー・アダムスは「魔法にかけられた」姫様を脱し、胸が見えそうな際どいドレスで
冷静な詐欺師の女を、一方ジェニファー・ローレンス盛り盛りアップのヘアスタイルで、
奔放で壊れやすくカワイイ女をハスキーボイスで演じます。
先日発表されたゴールデン・グローブ賞では、それぞれコメディ・ミュージカル部門の
主演女優賞、助演女優賞獲得です。
また、本作は作品賞受賞です。
アカデミー賞も期待できるかも。



にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 1月31日 「アメリカン・ハッスル」@TOHOシネマズ海老名
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モロッコ旅行中に見た映画  | トップ | ラッシュ/プライドと友情  RUSH »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アメリカン・ハッスル (試写会) (風に吹かれて)
髪の毛の話題はNG (≧m≦) 公式サイト http://american-hustle.jp1月31日公開 監督: デヴィッド・O・ラッセル  「ザ・ファイター」 「世界にひとつのプレイブック」 天
映画『アメリカン・ハッスル』観たよ〜 (よくばりアンテナ)
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してな...
アメリカン・ハッスル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:American Hustle。デヴィッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレン ...
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」 (日々“是”精進! ver.F)
最後に笑う者、泣く者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバー...
「アメリカン・ハッスル」 自分騙し (はらやんの映画徒然草)
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている
アメリカン・ハッスル / American Hustle (勝手に映画評)
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使った...
『アメリカン・ハッスル』 2014年1月24日 明治安田生命ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・ハッスル』 を試写会で鑑賞しました。 これはアカデミー賞を獲れるのか 私的には微妙だと思います 【ストーリー】  詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッド...
アメリカン・ハッスル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) クリスチャン・ベイルの痛々しさはいつ以来だろう。
「アメリカン・ハッスル」American Hustle (2013 SONY=ファントム・フィルム) (事務職員へのこの1冊)
異様に太ったクリスチャン・ベイルが、禿げ上がった髪をなんとかする描写からスタート
『アメリカン・ハッスル』 (2013) (相木悟の映画評)
名優たちが織りなす、騙し合戦に酔いしれよ! まさに観る者を虚像テーマパークに誘い込み、人間の本質を笑い飛ばす一大エンターテインメントであった。 本作は、一時期、人間性の問題で映画界を干されるも、『ザ・ファイター』(10)で華々しく復活し、次作『世界に....
デヴィッド・O・ラッセル監督『アメリカン・ハッスル(American Hustle)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件」を基に「ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が映画化した『アメリカン・ハッスル(America
アメリカン・ハッスル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN HUSTLE】 2014/01/31公開 アメリカ 138分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニ...
アメリカン・ハッスル (心のままに映画の風景)
アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。 アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権...
「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体...
『アメリカン・ハッスル』 (こねたみっくす)
人は信じたいものを信じる。 詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ...
みんな自己中。『アメリカン・ハッスル』 (水曜日のシネマ日記)
政治家などの収賄スキャンダル事件を題材にしたサスペンスドラマです。
アメリカン・ハッスル (Akira's VOICE)
真面目がいちばん!  
アメリカン・ハッスル ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙ったおとり捜査に協力させられる詐欺師たちの姿を、スリリングに映し出していく。メガホンを取るの....
映画「アメリカン・ハッスル」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ハッスルを鑑賞しました。
アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click '70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が 政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。 3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門で...
アメリカン・ハッスル (悠雅的生活)
人は信じたいものを信じる。 
アメリカン・ハッスル (こんな映画見ました〜)
『アメリカン・ハッスル』---AMERICAN HUSTLE---2013年(アメリカ) 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンストーマス・マシューズ...
「アメリカン・ハッスル」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカらしい作品。軽快で練れていてキャラが立ってて。芸達者な役者陣に支えられて最後の最後まで楽しめる。 とはいえ「諸手を挙げて絶賛」とまではいかないのは何故なんだろう?題材も展開もすごく好きなジャンルなのにね。この監督デビッド・O・ラッセルとは相性が...
アメリカン・ハッスル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...
詐欺師/懐かしの70年代 〜『アメリカン・ハッスル』 (真紅のthinkingdays)
 American Hustle  詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人にして相棒のシドニ ー(エイミー・アダムス)。完全犯罪を常としてきたふたりだったが、遂に逮捕さ れてしまう。FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らに...
アメリカン・ハッスル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ 【解説】 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキ...
映画『アメリカン・ハッスル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-17.アメリカン・ハッスル■原題:American Hustle■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,800円■観賞日:2月16日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル□脚本:エリック・ウォーレン・シンガ...
『アメリカン・ハッスル』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
この映画も実話です。 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を 題材にした映画です。 詐欺をして稼いでいる人がいることに驚いたのですが。そんな生き方しちゃいけないでしょ。 詐欺師として自由に商売していた時に、...
アメリカン・ハッスル (Some Like It Hot)
■「アメリカン・ハッスル/American Hustle」(2013年・アメリカ) ●2013年ゴールデングローブ賞 作品賞・女優賞・助演女優賞(ミュージカル/コメディ部門) ●2013年NY批評家協会賞 作品賞・助演女優賞・脚本賞  監督=デビッド・O・ラッセル 主...
アメリカン・ハッスル (チケット持って、おさんぽ行こう)
AMERICAN HUSTLE (2013) メディア: 映画 上映時間: 138分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(ファントム・フィルム) 初公開年月: 2014/01/31 ジャンル: サスペンス/犯罪/コメディ 映倫: G 奴らは生き抜くためにウソをつく――
強烈なアンサンブルの強み (笑う社会人の生活)
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。 詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる 架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...