映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

マイケル・ジャクソン  THIS IS IT 

2009-11-10 | 映画 た行
10月末の公開から2週間限定公開ってことで、早く行かなくっちゃ~と気になっていた本作。
上映開始からたったの5日間で、世界での興行収入が1億100万ドル(約90億5600万円)!
日本での興行収入はアメリカに次いで2番目に多く、アメリカ同様日本でももう2週間公開延長を決定!
急がなくてもよかったかも? いえいえ、もう一回行けるかも?

                     

         THIS    IS   IT

                        


コンサートは勿論のこと、マイケルのCDやDVDを買ったこともないけれど、この映画はぜひ見たい!と
思ったのでした。

マイケルに憧れ、世界中からオーディションを受けに来た若者たち。
バックで踊るダンサーたちは全身バネのような20代、30代のマッチョな人たち。
ところが・・・、 
映画を見ていると、そんな若者たちの真ん中で踊るマイケルが50歳であることを忘れてしまいます。
華奢でスリムなあの体のどこに、あんなパワーがあったのでしょう?
致死量まで痛み止めを打たなくてはならなかった人が、歌って踊って、あんなパワフルな動きが
できるもんなんでしょうか?
誰よりもしなやかに、華麗に、あの体系とあの声で歌い踊る姿は少年のよう。
そう、やっぱりマイケルはネバーランドに住むピーターパン、いえピーターマンです。
普通、50歳っていったらメタボだったり、御髪が気になる「おっちゃん」でしょう。
あの体形で、あの踊りは・・・無理。

80年代中ごろ、アメリカのMTVチャンネルは「WE ARE THE WORLD」や「スリラー」を
毎日、何度も流していました。
いま思えば、あの頃がマイケルの全盛期、一番輝いていた時期だったのですね。

マイケル本人の「ずっと当時の少年のようなパワーを維持していたい」という思いと同時に、
ファンの側にも「永遠にあの当時のままでいて欲しい」という強い思いがあったのではないでしょうか?
今回映画を見ながら、自分の年はさておいて、マイケルには80年代当時のパフォーマンスを
期待するってとこ、大いにありました。
そんなファンの勝手な思いは、マイケルには重荷だったかなぁ?


一体どれだけの時間を、このリハーサルにかけたのでしょう?
一つの曲が流れる間、マイケルの衣装がラフなものから本番用?に変わるってことは、リハーサルを
何回も繰り返しているってことでしょう。

自分が納得できるまで、スタッフたちやダンサー達に、丁寧に、穏やかに、自分の意図を説明し、
上手くいったら褒め、合間に「THANK YOU」「I LOVE YOU」「WE ARE FAMILY」の言葉をかける。

観にきてくれるお客さんを「日常を忘れ、非日常の世界に連れて行くんだ」という強い思い、
まさにエンターテインメントの真髄に徹する姿に感動!
めっちゃいい人やったんやぁ~
若いダンサー達やスタッフ達のマイケルへの傾倒ぶりも頷けます。

今回の公演用に作り直した「スリラー」の映像は半端じゃなくスゴイ!
これで1本ホラー映画を作って欲しいと思うほどの迫力です。

いつの頃からか、マイケルの話題といえばスキャンダラスなことばかりが報道され、
どないしたん?昔はすごかったのに・・・良かったのになぁ~なんてあまり顧みることもありませんでした。
ごめんよ、マイケル~!
「HEAL THE WORLD」を作れる人に悪い人はいてへんわ~。(私って、単純?)
この曲を聴いてると、この人は本当にピュアで無垢な人だったのかなぁと感じ、そしてそれが故に
誤解されていたのかなぁと胸が痛くなりましたした。
マスコミの心無い報道にどれほど傷ついていたんだろうと思わずにはいられません。

亡くなったことは本当に悲しく、悔しいことだけれど、
この映画の公開でマイケルは永遠の存在になったように思います。

KING OF POP マイケルは不滅です!

このロンドン公演、見てみたかったねぇ~!!!
亡くなってからこんなにCDが売れ、映画が大ヒットを記録って、・・・何だか皮肉。


亡くなってから、テレビで「スリラー」を始め、懐かしい曲のミュージックビデオの数々をノーカットで見ました。
YouTubeで20数年前何度も見た「WE ARE THE WORLD」を久しぶりに見て、青春の日々を思い出しました。
  合掌。

            

・久々にパンフレットを買おうと思ったのに・・・・作ってないそうです。

・本作ではやらなかったけれど、マイケルが身体をありえないほど斜めに倒して戻る技には、
何という名前が付いているのですか?
 特許を取っているってことだったけれど・・・、なんで倒れないの~?



にほんブログ村 映画ブログへ

***** 見た 映画 *****

 11月 7日 「THIS IS IT」@TOHOシネマズ海老名
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オー!マイ・ゴースト  GHO... | トップ | 「THIS IS IT」 IMAXシ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (himagine)
2009-11-11 17:18:31
こんにちは♪
僕はこれ3回観ました。笑
IMAX版2回と通常版1回。全部109シネマズ川崎で。
僕、世田谷区民なんですけど、ここの映画館が好きでわざわざ行きます。
会員になるとエグゼクティブシートが通常料金で観れるので。病み付きに。
一度、IMAX版試されたらどうでしょ。
僕も舐めてたんですけど、ひっくり返りましたからね ww
想像の遥か上の体験だったです。
感謝~ (cyaz)
2009-11-11 22:35:22
ryokoさん、こんにちは^^
TB&コメントありがとうございますm(__)m

himagineさんもコメントされていますが、
ぜひ一度、IMAXでご覧になってはいかがでしょうか
特にこういうマイケルのリハ風景なんて最高ですよ
僕も川崎にIMAXができてから、何を観ようかと思っていましたが、
なんともそのキッカケがマイケルになりました(笑)
絶対に観れない、そして知らなかったマイケルを、
このフィルムで観られたことに感謝します
こんばんは♪ (RIKA)
2009-11-12 00:55:03
以前に「アフタースクール」でTB頂いて、時々こちらのブログをのぞかせてもらっています☆

「THIS IS IT」、私も公開すぐにでも行きたかったんですけど、当初の2週間期限ギリギリに行くことになってしまいました。(すぐに、延長のニュースきましたけどね!)TBさせてもらいました☆

すごく楽しみにしてたんですけど、想像を上回る感動でした~。

>致死量まで痛み止めを打たなくてはならなかった人が、歌って踊って、あんなパワフルな動きができるもんなんでしょうか?

これは本当にそうですよね。。こういう「表の顔」と「裏での苦悩」のギャップが人の理解を超えているし、多くの人が涙したりする所以なんじゃないかな~、と思いますね。
子どもの頃から舞台に立っている天才アーティストの、究極のショーマンシップをひしひしと感じました。

>今回の公演用に作り直した「スリラー」の映像は半端じゃなくスゴイ!
これで1本ホラー映画を作って欲しいと思うほどの迫力です。

ゴージャスでしたよね!ドレス姿で舞踏会のようなゾンビ!
昔のPVを知っているから余計に、進化してるな~!って楽しめますよね。

他の方からもコメントが入ってるかもしれませんが、
「マイケルが身体をありえないほど斜めに倒して戻る技」は、ゼロ・グラヴィティというもので、靴の裏にフックをかけているそうですよ。「Smooth Criminal」のPVで見られるテクニックで、今回の映画では、クラシックな元々の雰囲気を生かして、ハンフリー・ボガードと共演していた楽曲です。。
トラ・コメどうもでした (ひらりん)
2009-11-12 03:47:42
私生活でのゴシップネタばかりだったマイケルの、エンターテイナーとしての実力を遺憾なく発揮してたリハーサル風景は、感動ものでしたね。
IMAXシアター! (himajineさんへ(ryoko))
2009-11-12 21:13:55
トラコメありがとうございます。
さ、3回ですか!!!IMAXって全国で3館しかないんですね。知りませんでした。
私、ブロンズ会員でポイント貯めてます。エグゼクティブシートですね。
himagineさんと、cyazさんのお奨めでグラリ、横浜から川崎は近いので行くことにしま~す
想像の遥か上の体験・・・楽しみ~
体験後、ご報告します。
こちらこそ、コメントありがとうございます! (cyazさんへ(ryoko))
2009-11-12 21:57:50
himagineさんに続き、cyzaさんにもお奨め頂き、IMAXシアター行くことに決めました
今まで同じ映画を映画館で見たことはないのですが、どうせIMAXに挑戦ならマイコーを見たい!です。
この映画でマイコーのネガティブイメージ払拭しました。マイコー
トラコメありがとうございます! (RIKAさんへ(ryoko))
2009-11-12 22:47:41
起こし頂きありがとうございます。
私も想像以上の感動~!で、見に行って良かったとマイコーファンでない友人・知人にも勧めてます。
ありがとう!RIKAさん。
そうでした、「ゼロ・グラヴィティ」でした!
靴の裏にフックですか、なるほど~。最初に見たときは!でした。納得です、スッキリしました
トラコメありがとうございます! (ひらりんさんへ(ryoko))
2009-11-12 23:54:40
ゴシップで巷を賑わし、80年代の黄金期を忘れそうになってました。
50を過ぎてもこの情熱とパワー!文句なしに感動~でしたね。
本作を見てから「HEAL THE WORLD」が頭の中でエンドレスです。
TBありがとうございました (vic)
2009-11-28 17:53:26
私も全く同じようなことを考えました。
何故、今まで彼の偉大さに気付かなかったのだろう。
ゴシップばかり気にして...
と。
でも、彼の早すぎる死は残念だけどこれで永遠に伝説のパフォーマーになったな、と思いました。
尾崎豊やリバー・フェニックスみたいに。

ライブ観たかったですね!
勢いづいた私は「ムーンウォーカー」まで観てしまいました!!!
コメントありがとうございます。 (vicさんへ(ryoko))
2009-11-29 18:17:41
亡くなってから、初めて彼の実像がわかったってことが残念です。
完ぺき主義のマイケルは、こういう裏の姿を見せたくはなかったでしょうが、もっと早く出ていればゴシップなども笑い飛ばせたかもしれませんね。
「尾崎豊やリバー・フェニックス」・・・私はジェームス・ディーンかなと思いました。
年が・・・

フルパワーのマイケルをライブで観たかった!です。
「オペラ座のすべて」+本作を見た後だったので「ムーンウォーカー」まで手が出ませんでした
コメントとTB有難うございました (偏屈王)
2010-01-30 11:17:41
遅まきながらコメントとTB有難うございました。

>そう、やっぱりマイケルはネバーランドに住むピーターパン、いえピーターマンです。
素敵な一文ですね。
ほっそりとした身体に長い手足。
軽やかに歌い踊るマイケルは、まさにそんな感じでした。
「THIS IS IT」のマイケルは「スリラー」や「BAD」の頃の、一番カッコよかった彼に戻っていました。

>自分が納得できるまで、スタッフたちやダンサー達に、丁寧に、穏やかに、自分の意図を説明し、
>上手くいったら褒め、合間に「THANK YOU」「I LOVE YOU」「WE ARE FAMILY」の言葉をかける。
歌やダンスはマイケルの真似をしようたって出来ないけど(笑)、人に物を頼むときは今度からこういう風にしよう、と心密かに思いました。

>めっちゃいい人やったんやぁ~
この映画を観て、私を含めて多くの人がこのことに気付けたのは、マイケルにとってせめてもの慰めになったと思います。
本当は生きてるうちに気付いてあげたかったけれど・・・。
トラコメありがとうございます! (偏屈王さんへ(ryoko))
2010-02-02 10:17:37
本当に生きているうちにこういうマイケルの姿を見ていれば、あんなスキャンダルの報道があっても離れていかなかったかもと思います。
完璧主義のマイケルは完成したものしか公にせず、舞台裏を見せたくはなかったでしょうが、悔やまれる所です。
亡くなってからスキャンダルの検証番組などで無実だった等の証言を聞きましたが、何でもっと早く証言してくれなかったのー?と残念です。
常識で判断してはいかん人やったんですねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは祝日明けの水曜日。 いつもの平日より混んでるな・・・とおもったら水曜日はレディースデイだからなのね。 普通ならコンサートリハーサルの映像映画ならこんなに話題にならないだろうけど、さすがマイケル・・・ 限定二週間の上映も延長決定らしいし、...
私の誤解を解いてくれた映画。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (水曜日のシネマ日記)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのコンサートリハーサルを収録したドキュメンタリー映画です。
THIS IS IT (Akira's VOICE)
マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション (撮れん蔵)
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?ie=UTF8&dl=1&uid=NULLGWDOCOMO&lc=msn&a=B002QH0QAO&at=tenzoufurecor-22&url=%2Fgp%2Faw%2Fd.html ディスク:1 1. スタート・サムシング 2. JAM 3. ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス 4. ヒューマン・ネイチャー 5. ス...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版」 (おそらく見聞録)
監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT...
嫁とマイケル・ジャクソン「THIS IS IT 」を観で感動!!! (テニス日和と饒舌な寝言)
最近の映画館ではお目にかかれないシーンを2つ経験した。 館内の明かりが付くまで、誰ひとり立とうとしない (そりゃそうだ、最後の最後まで彼の歌声を聞いていたいのがファンだから) そして、最後に客席から沸き上がった「拍手」そう拍手が聞こえたのだ! オレが...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (KASHIWA一市民)
アリーナ最前列の興奮!! 2009年6月25日に急逝した “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。 本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート 「THIS IS IT」の何百時間にも及ぶリハーサルと ビハインド・ザ・シーンの映像を、 『ハイスクール・ミュージカル/ザ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (映画通信みるみる)
『THIS IS IT』観てみました。 マイケル、ジャクソン、あまりくわしくありませんが、 すごいです、すごすぎました。 彼が、ここまで卓越した...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Michael Jackson's This Is It。ケニー・オルテガ監督、マイケル・ジャクソン、オリアンティ・パナガリス、ジュディス・ヒル、チャールズ・クラポー。エンドロールの後に映画が完全に終了したら客席から拍手が湧き起こった。映画館で拍手が湧き起こるな...
『THIS IS IT』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイ...
「マイケル・ジャクソン This is it」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  大きな存在だったんだなぁ…と、しみじみ…。それほど大ファンだったわけではないのですが、中学生の時に「オフ・ザ・ウォール」高校生の時が「スリラー」という世代なので映画の中のほとんどの曲をリアルタイムで聴いていたからでしょう...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー―   監督 : ケニー・オルテガ 『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』【comment】公開2日目に観に行きました。劇場は前3列...
THIS IS IT MJはけっして朽ちてはなかった・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定...
THIS IS IT MJはけっして朽ちてはなかった・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定...
「マイケル・ジャクソンTHISISIT」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
本物のムーンウォークを観た事がある。東京ドームの閉ざされた空間であっても、マイケルの周囲の重力は彼の意のままに変化している、そんな気がした。滑らかにマイケルは後ずさり、すっと宙を指差した。スクリーンの中の在りし日のスーパースターの姿。それは良くあるセレ...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (ice-coffee)
昨日は マイケルジャクソン遺作映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を 見に行きました。 2週間しか放映しないというので 急いで見に行きましたら
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (そーれりぽーと)
故マイコーが死の直前まで完成に全力を注いでいたコンサート“THIS IS IT”のリハーサルとメイキングを映画としてまとめ、2週間限定で世界同時上映した『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をIMAXで観てきました。 ★とかそんな問題じゃないのです 凄い、愛に満ちてる、...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (5125年映画の旅)
マイケル・ジャクソン。2009年6月25日にこの世を去った伝説のキング・オブ・ポップ。彼がロンドンで行う予定だった公演のリハーサル映像と、舞台裏のメイキング映像を編集したドキュメンタリー。   マイケル・ジャクソンが亡くなってからもう半年近くに...
THIS IS IT マイケル・ジャクソン (ネット社会、その光と影を追うー)
今夏、ロンドンで実施予定だったコンサートの何百時間
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (LOVE Cinemas 調布)
2009年6月25日、“KING of POP”マイケル・ジャクソンが急死したニュースは世界中を駆け巡り、その死を世界中が哀しんだ。幻のロンドン公演「THIS IS IT」、本作はこの公演のために死の直前までリハーサルを繰り返していたマイケルの記録映像と、実際に公演で使用...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT / This Is It (我想一個人映画美的女人blog)
これは映画じゃない{/atten/}マイケルのLove&soul{/m_0163/}そのもの{/atten/} 世界同時公開な上、たったの2週間だけの上映!!ってことで激混みが予想される土日を避けて行ってきました~。 このドキュメンタリーフィルムは7月に行われる予定だったマイケルのロンド...
♯49 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (cocowacoco)
映画ドキュメント 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 THIS IS IT        ケニー・オルテガ監督 2009年 アメリカ この作品、評判良いですね~皆さんの記事を読むと、映画館の大画面で観るのをお勧めしてらしたので、それならばと観てきました。 当たりです...
THIS IS IT (モナリザ珈琲館~ダイアリー)
「THIS IS IT」を見に行ってきました☆ すごく良かったですね~♪やっぱり♪ 名曲・ヒットナンバーのオンパレード!宝石箱のよう!(彦摩呂さんみたいな言い回しですが。。(^_^;)。) しかも、色んなリハ映像+本番用の凝ったショートムービーなども織り交ぜながらで飽...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (だらだら無気力ブログ)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱をか...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月6日(金) 19:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:非売 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト フリーパス鑑賞9本目。 静止画では、不気味なマイケルだが、歌って踊っている時は、やはりカッコいい! この急...
劇場鑑賞「マイケル・ジャクソンTHISISIT」 (日々“是”精進!)
マイケル・ジャクソンTHISISITマイケル・ジャクソンTHISISITデラックス・エディション「マイケル・ジャクソンTHISISIT」を鑑賞してきました2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THISISIT”。本作は...
終わらないマイケル狂想曲【THIS IS IT】公開4週に延長 (2ちゃんねるコメントNEWS)
1: 10月28日に2週間限定で世界同時公開した「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の公開期間が、4週に延長されることが決定した。
感動!リハという名のラストステージ「THISIS IT」 (映画好き集れ!!)
  感動!リハという名のラストステージ「THISISIT」昨日、マイケルの「THISISIT」を母と叔母と観に行きました。ダンサーのインタビューやオーディション、スタッフとやり取りなどを交えながらも、ほとんどをリハシーンでつないであり、ステージを観ているような臨場感が...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」みた。 (たいむのひとりごと)
感動した!月並みでチープな表現だけど、もうそれしか言えない感じ。幻となったロンドン公演の、数度のリハーサルと裏舞台で構成されるドキュメンタリー(に近い)作品。(ほとんどライブと思っていいと思うから)。
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (きららのきらきら生活)
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」観てきました♪
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (FREE TIME)
先日、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を鑑賞して来ました。
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 マイケルよ、永遠に (はらやんの映画徒然草)
本作は今年の6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、その死の直前まで準備をしていた
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (心のままに映画の風景)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。 数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。 同じ時代に生ま...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Movies 1-800)
This Is It (2009年) 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 今年6月に急逝したM・ジャクソンが7月に行なわれる予定だったラストコンサートのリハーサル風景に、関係者のインタビューを交えた作品。 M・ジャクソンに関しては、80年代に「スリラー」等のPVで...
映画「THIS IS IT」 (Playing the Piano is ME.)
密度が高い! これがこの映画を見た感想。 映画も、劇中のリハーサルも、密度が高かったけど、マイケル・ジャクソンという人そのものがとても密度が高いと思いました。
The King's Legacy 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
――― これがキング・オブ・ポップが私たちに遺してくれた最期の贈り物。 噂に違(たが)わぬ傑作でした。 2009年はあと一ヶ月ありますが、間違いなく今年観た映画のNo.1です。 マスメディアによって徹底的に傷つけられ貶められた天才は、最後の最後、自分では観られる...
「THIS IS IT」 ケニー・オルテガの手腕 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
映画「THIS IS IT」が素晴らしいのは、可能な限り淡々と、やる予定だったライヴのセットリストに従って映像を編集しているところ。 あたかも実際のリハーサルを客席で観ているかのよう。 飾りっけなし。 新鮮な魚は刺身で食べるのが最高なように、本当の美人は薄化粧で...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (シネマ・ワンダーランド)
世界的な米国エンターティナー、マイケル・ジャクソン(1958-2009年)の公演リハーサルの模様を綴(つづ)った音楽ドキュメンタリー「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2009年、米、111分、ケニー・オルテガ監督、コロンビア映画配給)。この映画は、...