映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

カールじいさんの空飛ぶ家  UP

2010-09-11 | 映画 か行
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です
あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ
おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。

そんな気持ちを上げようと、「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。
この映画の原題は「UP アップ」なんです。
私のやる気玉にも風船付けて飛ばした〜い   喝〜!

  

                           

      カールじいさんの空飛ぶ家   UP

                          

 < ストーリー >
カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。
空飛ぶことを共に夢みた幼馴染のエリーと幸せな結婚生活を送ったが、病気で彼女を亡くし
一人で暮らしていた。ある日、ちょっとしたトラブルから老人ホームに強制収容されることになり、
「いつか南米を冒険しよう」というエリーとの約束を果たすため、無数の風船をつけ
家ごと伝説の場所「パラダイスの滝」への冒険の旅に出る。
ところが、思いがけず自然探検隊員の少年ラッセルが家のポーチにしがみついていた。
果たして二人の冒険の行方は・・・?

「カールおじさん」じゃなくて「カールじいさん」ね。
それにつけても、おやつはカ〜ァルって、おじさんだったら畑でとうもろこし収穫せんと

先日「トイ・ストーリー3」を見て思いもよらず涙し、
「ピクサー作品って子供向けじゃなくて大人の心の虚をつくな〜」ニクイね〜!
そういえば昨年多くの映画ブロガーさんがベスト10に選んでおられたなぁと、本作にも挑戦です。
そして、これまた涙

オープニングの夫婦二人の馴れ初めから別れまでを映像だけで一気に見せ、
二人の夢と絆、そして愛する妻を亡くしたカールじいさんの深い悲しみと夢を叶えてあげられなかった
悔恨の情が伝わってきます。
じいさん家の周りが再開発でぽつ〜んと一軒とり残された姿は、まさに童話の「ちいさいおうち」。
あのお話の最後、おうちは田舎に移されそこで幸せに暮らすという結末でしたが、
本作は南米の滝の近くに安住の地を求めて移動する途中、とんでもはっぷんの大冒険を経て、
安住の地は場所にあるのじゃなくて心を許せる人とのつながりの中にあるというメッセージ
でしょうか?

カールじいさんの周りに集まるのは、自然探検隊員の少年ラッセル、幻の鳥ケヴィン、
わんこ仲間からはみ出すダグ。孤独な心が引き合い団結して戦うという構図。
旅の途中、カールじいさんとの会話の中でアジア系の風貌のラッセルはお父さんとの関わりを話す。
・忙しくてなかなか会えない
・道路の縁石に座ってしたゲーム
・お母さん?を名前で呼ぶ  などなど。
最後の表彰式でお父さんの代わりをカールじいさんが勤めたり、二人でゲームってことは・・・
ラッセルの家族についてはっきりとは語られませんが、お父さんは○○○○○ってことでしょうか?

子供たちも楽しめ、童話「ちいさいおうち」や「トイ・ストーリー3」同様大人の心にもグッとくる
ストーリー。
       
                              こんな風に飛べたらいいね〜
       
しかし、どう考えても冒険家マンツさんはおいくつですかー?
カールじいさんたちが子供の頃憧れた冒険家ってことは100歳越え?なのに、
じいさんと対等に、いやそれ以上にエネルギッシュって・・・ん?

DVD鑑賞なので特典映像を見ることができたのですが・・・
ピクサーのスタッフはあの風景を描く為、実際に南米のギアナ高地に登山しておられたのでした。
アニメのって言ったら叱られそうですが、実写でないアニメにリアリティーを出すために
そこまでするのか〜!というのはちょっと驚きでした。かなり大変な登山でした。
ピクサーの心意気に脱帽です。

ピクサー作品って必ず短編作と二本立てなんすかね?
本作では「晴れ ときどき くもり」。な〜んか得した気分です 
「トイ・ストーリー3」の「ナイト&デイ」の方が好きかな。


そして、久々アップしようと、ボタンを押そうとしていたら なんという偶然!
NHKBSハイビジョンで「世界の名峰 アウヤンテプイ」を放送しているやないですか!!!
アウヤンテプイにある世界最大の落差979mを誇るのが「エンジェルフォール」本作の舞台です。
アメリカ人パイロット、ジミー・エンジェルが1937年発見し、彼の名前に因んでつけられたそうです。
いやぁ〜、自然はとんでもないものを創りあげるもんですねぇ〜。
生態系もとってもユニークです。
ガイドさんの案内で、麓から4日かけて頂上へ、そこからもう四日経ってもエンジェルフォールまでは
まだまだ。
麓の村から滝までの番組の全行程は2週間だそうです。ひぇ〜!
悠久の時間が創りあげた美しい大自然を堪能するには、大変な行程を堪えぬかんとあかんなぁ。
番組はまだ続いています。
 
  wikiより 本物の滝とテーブルマウンテン


にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 9月  日 「カールじいさんの空飛ぶ家」 DVD

 9月 7日 「ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」DVD

 9月10日 「小さな村の小さなダンサー」@シネスイッチ銀座
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根の美術館 | トップ | ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさです〜 (cyaz)
2010-09-12 10:42:29
ryokoさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
ちょっとご無沙汰でした
毎日毎日厳しい暑さですね〜
いつになったら涼しくなることやら(笑)
ま、それでも朝晩は幾分涼しくなりましたが。

いい映画でしたよね〜、この映画
イントロの夫婦の歴史を短く描くシーンだけで泣けて来ます
そうそう先日TDLに行ったら、彼らの像が園内に作られていましたよ〜
Unknown (cyazさんへ(ryoko))
2010-10-06 02:02:51
10月になったというのに・・・もはや日本は亜熱帯?ですね。

遅ればせながら見た本作、良かったです。
こんなことなら劇場で3Dで見ときゃ良かったと反省してます。
ほぅ〜、ディズニーランドにできましたか。もう何年TDLに行ってないでしょう?
ハロウィーン期間に行って見たいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) (風に吹かれて)
冒険のページは続く大人も子供も楽しめる公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan12月5日公開監督: ピート・ドクター 「モンスターズ・インク」ピクサ
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想をはるか越え奇想天外、かつハートウオーミング、とは 凄くないか (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆...
カールじいさんの空飛ぶ家~大事なバッチ (Osaka-cinema-cafe)
これは去年から公開していますが、見逃してましたので、 ようやく見てきました。 3Dで字幕となるとどんな感じかなと思いました。 最初は何か違和感がありましたが、慣れてくると普通に 見ていましたね。 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと 『...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
カールじいさんの空飛ぶ家 (のほほん便り)
私、大いに勘違いしてました。タイトルと、パッと見のイメージから、クライマックスに家に風船つけて、ふわふわ飛び上がる、きわめてメルヘンチックな、のんびり話だと思ってたら、さにあらず 最初から「想い出つまった家を連れて旅に出る」思いっきり冒険活劇なオハナ...
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...