映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

マネーボール

2011-11-30 | 映画 ま行
高校時代、数学のK先生がトラキチで、阪神が負けた翌日は先生のご機嫌が悪くバンバンあてられるので
阪神の勝敗が気になったもんです。大好きだったK先生は随分前に鬼籍に入られました。

今は全く興味が亡くなりましたが、20代のころ野球ファンだった時期があります。
応援していたのは、もちろん阪神タイガース。
母は今も文句を言いながら、懲りずに阪神ファンを貫いています。
当時は本当にダメトラでした。
今季を限りに退団を決めた真弓監督が選手だった時代で、甲子園にも何度か足を運びました。
マーフィーの法則?だか単なる偶然か?
リードしていても、私がテレビで観戦し始めると、逆転負けってことがよくあって、見ない方がいいのかなぁ~
なんて思ったりしたもんです。
本作でも主人公が雌雄を決する大事な試合、11点リードでいつもは行かない球場に見にいったら、
突如流れが変わって相手チームの猛攻が始まるってシーンがありました。
今も、スポーツ観戦をするときは「大丈夫かなぁ~」と一抹の不安がよぎってしまいます。


                            

          マ ネ ー ・ ボ ー ル

                            

 < ストーリー >
元メジャーリガーのビリー・ビーンは、引退後オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーとなる。
資金力のないアスレチックスは、せっかく育てあげた有力選手を、高い契約金で次々他球団に引き抜かれ編成に苦慮していた。
チームの立て直しを図るビリーはイェール大卒のピーター・ブランドと共に、統計データを使って出塁率を基に選手を評価する「セイバーメトリクス」を導入しチームの改革を進めていく。

           
              ビリー(左) と ピーター(右) いいコンビです。
 
日曜日の朝、世間を騒がしている巨人の清武GMがテレビ出演しておられるのを見ました。
野球にも巨人にも興味はないのですが、今だ85歳のナベツネ氏が今も絶大なる権力を振るっておられることに驚きを禁じ得ません。

そもそもGM(ゼネラル・マネージャー)って何ぞや
この番組でGMの定義が日米で全く違うということがわかりました。

メジャーリーグのGMは、チーム戦略を立案し選手の獲得、育成、首脳陣の人事に至るまでの実務をこなし、
すべての責任を負う立場ということのようです。決定権を持つ代わりに、試合に負ければ全責任はGMにあり、成績が悪ければ首にもなる。
映画ではブラピ演じるビリーが、他チームのGMやエージェントと電話でトレード話をテキパキ進めていましたっけ。それはGMの仕事で、どこからも「聞いてない!」っと横やりが入ることはないということですね。
「人事権は誰にあるのか?」という質問に、清武GMは「はっきりと決まっていない」というようなことを仰ってました。
う~ん・・・?
「オーナー」って」所有者ってことなのに、そもそも「雇われオーナー」って変な感じ。
はっきり決めておかないから…、決めておいても黙ってられない人がいる、ってことが騒動の元ですわね。


そもそも、ブラピ演じるビリー・ビーン氏ってどんな人? →ビリー・ビーン
高校卒業時、プロ入りか奨学金でスタンフォード大学か?で選択を迫られ、5拍子揃った超高校級として
鳴り物入りで入団するも、目が出ず6シーズンで引退。その後球団スタッフを経てGMに就任。
              
アメリカではビリー・ビーン氏は有名でしょうし、アスレチックスの成績もビリーの去就も、皆さんご存知の
上での映画化なんでしょうが、何も知らない私は、最後までハラハラドキドキでした。
法外な契約金を提示されたビリーはどうするの?!
アメリカ人なら、義理人情より自分の能力・価値を正当に評価された代償としてお金を取るでしょうなんて思ったのに・・・
以外にも、今もアスレチックスでGMとしてワールドシリーズ目指して奮闘中と知り、日本人のメンタリティーにはまるなぁ~と感じましたが、彼の場合義理人情ではなくて「二度と金によって人生を左右されまいと心に決めたから」「同じ轍を踏まない」ということのようです。
確かに、18歳で「君の才能を買う」と目の前に大金を積まれたら・・・人生最大の決断ですよね。


そもそも、セイバーメトリクスって?  →セイバーメトリクス
野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法です。(Wikiより)
軍隊を退役後に缶詰工場で警備員として働いていたビル・ジェームズが夜勤の暇つぶしに
趣味で行っていたデータ分析が始まりって、すごいです。1970年代、コツコツデータを集め長年の経験則で常識とされたものに真っ向勝負で、それも伝統的スポーツ野球に門外漢が新しい理論で挑むなんて・・・、かなり無謀ですよね。
本の出版から7年、1983年に野球経験のない元弁護士のサンディー・アルダーソンがオークランド・アスレチックスのGMに就任したことで出塁率を重視するこの理論が実践で行われるようになった
ということです。
そして、アルダーソンの後任として1997年にビリー・ビーンが後を引き継ぎ成果を上げるという流れです。
ジェームズあっての、アルダーソンあってのビリー・ジーン。
理論を構築したジェームズにも、実践に踏み切ったアルダーソンやビリーにも、野球界や世間の風当たりは強かったことでしょう。
出来上がったものをぶち壊すって、エネルギーがいりますもんね。

ビル・ジェームズは2006年、タイム誌の「もっとも影響力のある人100人」に選ばれ、
現在ボストンレッドソックスのシニアアドバイザーだとか。

たかが野球、されど野球。
新しい手法で戦略が変わり、貧乏球団でも金持ち球団に勝てるって面白~い!奥が深いわぁ~。

野球って「」にこだわったスポーツだと聞いたことがあります。
1チーム9人、9回対戦は誰もが知っていることですが、各塁までの距離は90フィートだとか。
7回くらいで均衡が破られたり、90フィートがセーフ・アウトのビミョーな面白さを演出しているらしい。

長年人気を保っているものには、やはり「洗練された美学」があるんでしょうね。

133分の長さを全く感じさせない、非常に面白い映画でした。
私の今年のベスト5にランクインです

           
             娘役のケリス・ドロシーはTVドラマ「ブラザーズ&シスターズ」にも子役で出演
            彼女がギターを弾きながら歌う曲「THE SHOW」がいいわぁ
           



にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 11月 23日 「マネーボール」@TOHOシネマズ海老名

 11月     「ホワイトカラー シーズン2」全16話 DVD
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い恋人 VS 面白い恋人 | トップ | スジャータ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2011-12-01 12:41:21
こんにちは。
ryokoさんは、阪神ファンなんですね。
私は横浜出身なので、一応ベイスターズファンということになっていますが、
実は選手の名前もよく知らなくて…。(笑)
でも、判官びいきのところがあるので、お金にものを言わせて
強い選手を集める球団は好きになれません。
そういう意味でも、この映画は痛快でした。

↓お猿さんの映画もよかったですね。
どちらもTB、ありがとうございました。
私の方からも、TBさせていただきますね☆
トラバにコメント、ありがとうございます。 (セレンディピティさんへ(ryoko))
2011-12-03 01:25:19
こんにちは~!
いえいえ、「阪神ファン」は過去形で、野球はワールド・ベースボール・クラシックくらいしか興味が無くなってしまいました。
いま、横浜市民なのです横浜スタジアムがDeNAスタジアムになるくらいしか知りません
私も、お金にものを言わせるんじゃなくって知恵を使って資金の乏しいチームが頑張っているところに魅かれました。
お金をかけて良い材料を集めて美味しいもんを作れるのは当たり前。企業努力で安価で美味しいもんを提供するところを応援したくなるのと同じですね。

お猿さん映画は、初代「猿の惑星」を見た時「何で猿が支配するようになったの~?」という私の疑問に43年を経て答えを示してくれました。おかげでスッキリです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『マネーボール』 経済学は冷たいか? (映画のブログ)
 「経済学は冷たい」  そんなツイートを目にすることがあった。ひとつの学問に冷たいだの温かいだのと体感温度はないはずだが、そういう思い込みを持つ人がいることに興味を引かれた。  『マネーボール...
マネーボール (LOVE Cinemas 調布)
日本人の松井秀喜が在籍していることでも知られるメジャーリーグ、オークランド・アスレチックス。この貧乏球団をGMビリーの独自のマネーボール理論によって常勝球団へと生まれ変わらせる過程を描いたドラマだ。主演はブラッド・ピット。共演にフィリップ・シーモア・ホ...
映画:マネーボール Moneyball 今年有数の面白さ ≒ 原作の内容 × 映画のドラマ性 × 俳優陣 × 現代性! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2004年発行マイケル・ルイス著、マネー・ボール Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game の映画化。 数年前、楽天が球団経営に乗り出した時にも話題になったこの本の冒頭には、以下のフレーズが。 「貧乏球団アスレチックスはなぜ3分の1の選手予算でヤンキース....
マネーボール (本と映画、ときどき日常)
監督 ベネット・ミラー 出演 ブラット・ピット     ジョナ・ヒル     フィリップ・シーモア・ホフマン 貧乏球団のアスレチックスが一人のGMにより『マネーボール理論』の基、優勝を目指すお話。 ちなみに『マネーボール理論』とは、数字で選手をみて、出塁...
マネーボール (心のままに映画の風景)
プロで大成することなく引退したビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、弱小球団アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任するも、財政的に厳しく、優秀な選手の補強すらままならない状況だった。 あ...
マネーボール (映画的・絵画的・音楽的)
 『マネーボール』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ツリー・オブ・ライフ』では、出演している意味合いを余り感じなかったブラッド・ピットですが、今度の主演作はどうかなっと思って映画館に出かけてみました。  見る前は若干の不安はあったものの、本作におけるブ...
マネーボール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Moneyball。マイケル・ルイス原作、ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ディミトリ・マーティン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ ...
映画『マネーボール』| 金か、数字か、人間力か。 (23:30の雑記帳)
あらすじ。。。(ネタバレあります) メジャーリーグ球団アスレチックスの若きGM ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)が、 コンピュータがはじき出したデータのみで選手を評価 ...
No.275 マネーボール (気ままな映画生活)
【ストーリー】 メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)、ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。全米約30球団の中でも下 ...
2011年10月20日 『マネーボール』 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『マネーボール』 を試写会で鑑賞です。 野球は好きなんですけどね・・・ もう少し違った見せ方をしたら良かったのになぁと・・・ 【ストーリー】  元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、アスレチックスのゼネラルマネージャー...
マネーボール (だらだら無気力ブログ!)
MLBの裏側の一端が垣間見れて面白い。
マネーボール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オークランド・アスレチックスのGMビリー・ジーンが、貧乏球団をいかにして常勝チームに変革したかを描いている。ビル・ジェームズが提唱した野球を統計学的に分析するセイバーメトリクスという手法を用いて、今までになかった選手の獲得方法や起用法で球団を変えていく物...
劇場鑑賞「マネーボール」 (日々“是”精進! ver.A)
逆境を、乗り越えろ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111150001/ マネー・ボール (RHブックス・プラス) posted with amazlet at 11.11.13 マイケル・ルイス 武田ランダムハウスジャパン ...
マネーボール (だめ男のだめブログ)
「マネーボール」 監督 ベネット・ミラー 原作 マイケル・ルイス[作家] 出演 ブラッド・ピット(ビリー・ビーン) ジョナ・ヒル(ピーター・ブランド) フィリップ・シーモア・ホフマン(アート・ハウ監督) ロビン・ライト(シャロン...
ジャパン・プレミア「マネーボール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/11/9、東京国際フォーラム、ホールAでの開催。 映画本編以外のことは別記事にて。 ***    ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョナ・ヒル、ケリス・ドーシー。 * 2001年、アメリカン・リーグ、プレーオフ地区シリーズ、 オ....
「マネーボール」 (セレンディピティ ダイアリー)
ブラッド・ピット主演の映画、「マネーボール」(原題:Moneyball)を見に行
マネーボール 野球好きかブラピ好きか、の為の映画だったかも・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=61 -10-】 間違っちゃったよ~、予告編に欺されたよ・・・好きな映画ではなかったよ~  メジャーリーグの野球選手だったビリー・ビーンは、引退後オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーとなる。しかし、財政が苦しいアスレチックスでは、せっかく...
「マネーボール」 ビジネス指南映画 (はらやんの映画徒然草)
本作は「日頃忙しくて映画なんか観に行く暇なんかないやい」というビジネスマンに観て
「マネーボール」みた。 (たいむのひとりごと)
”マネーボール理論”で弱小球団だったアスレチックスを強豪に作り替えたビリー・ビーンの実話に基づいた映画。サクセスストーリーの一種だけど、そういうわけでもなく、もっと根本的に大切なものが見えてくるような
マネーボール (試写会) (風に吹かれて)
キャッチャーを一塁手にだと~公式サイト http://www.moneyball.jp11月11日公開実話の映画化原作: マネーボール(マイケル・ルイス著)監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」選
ベネット・ミラー監督 「マネーボール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
ここ最近、忙しかったり、メチャ疲労が抜けなくて、書かなきゃなぁ~と思ってるレビューが溜まってます。 これもそのひとつ。 映画を観たのは今週月曜日(2011年11月21日)の公休 オフィシャルサイト⇒http://www.moneyball.jp/ 【あらすじ】 ビリー・ビーン...
「マネーボール」貧乏球団でも勝てる! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マネーボール] ブログ村キーワード  今シーズン、あの“ゴジラ・松井”が所属していた(ただいま来季の去就、非常に微妙(>_<)“MLB”(メジャーリーグベースボール)のチームが“オークランド・アスレチックス”。若くして、そのアスレチックスのGM(ゼネラルマ...
ある男の挑戦 (笑う学生の生活)
29日のことですが、映画「マネーボール」を鑑賞しました。 アメリカ メジャーリーグ アスレチックスの GM ビリー・ビーンの物語 メジャーリーグとはいえ 野球映画というよりは 人間ドラマ要素が強くて ビリー・ビーンの生き様がカッコ良く 相変わらず ブラピの演技....
映画「マネーボール」 (itchy1976の日記)
マネーボール - goo 映画 マネーボール - オフィシャルサイト マネーボール - Wikipedia マネーボール(映画.com) 映画/マネーボール 映画作品情報 - cinemacafe.net 『マネー・ボール』を検証する マネーボール@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画より) 監督 ベネット・...
『マネーボール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マネーボール」 □監督 ベネット・ミラー □脚本 スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン □原作 マイケル・ルイス □キャスト ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、     ...
マネーボール (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マネーボール'11:米◆原題:MONEYBALL◆監督:ベネット・ミラー「カポーティ」◆出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラ ...
映画『マネーボール』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-79.マネーボール■原題:Moneyball■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:菊池浩司■料金:1,800円■鑑賞日:11月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ベネット・ミラー□脚色:スティーヴン・ザイリアン、アーロン・ソーキン□...
マネーボール (銀幕大帝α)
MONEYBALL/11年/米/133分/ドラマ/劇場公開 -監督- ベネット・ミラー -製作- ブラッド・ピット -出演- ◆ブラッド・ピット…ビリー・ビーン 主な出演作:『ツリー・オブ・ライフ』 ◆ジョナ・ヒル…ピーター・ブランド 過去出演作:『僕の大切な人と、そ...
マネーボール (Moneyball) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 ブラッド・ピット 2011年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★ ちょいと行き詰ってたり、にっちもさっちもいかなくなったお店の立て直しに出向くことが多いんですが、そういうお店で最初に苦労するのは出来上がってしまった常識と習...
マネーボール (いやいやえん)
ブラッド・ピット主演。 う~ん、私野球にまったく興味がないからなぁ、下手するとマイナーとかメジャーとかGMとか、ルールやもいまいちよくわかりませんぞな。じゃあ何でこれを借りたかというと、母が見たいといっ
マネーボール (タケヤと愉快な仲間達~人生は映画のように楽しまなきゃ! )
【あらすじ】 メジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに 転身するという珍しいキャリアを持つビリー・ビーン (ブラッド・ピット)。風変わりで短気なその性格は、 若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーに なってからも変わらなかった。 自分のチー....