映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

クリスマス・キャロル

2009-11-30 | 映画 か行
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、
川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。
IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。
マイケル人気はスゴイです〜。

3Dは例の専用メガネをかけて鑑賞です。
近眼用のメガネをかけたうえに専用メガネをダブルでかけて長時間の鑑賞は、平均的日本人の
鼻の高さを持つ私には、ちょっと辛かったです。

手違いで吹き替え版を予約してしまった私・・・おばか〜!
「何とかなりませんか?」お願いしてみましたが、
(特別料金払ってるんだから字幕版に変えてくれ〜という心の声も空しく)「こちらでは何とも・・・」
という残念なお答え
しか〜し、吹き替えの声は何と「アンパンマン」のチーズの声担当の山寺宏一氏。
さすが山ちゃん!でした


                              

     ク リ ス マ ス ・ キ ャ ロ ル  

                             


本編が始まる前に流れた「アバター」と「不思議の国のアリス」の予告編も3D!でした
「アバター」は途中から一部アニメーションですが、両作品とも実写版の3Dで大迫力〜!
技術的なことはわかりませんが、3Dってのはハンドクラフトのシャドウボックスみたいに
何層かになっていて奥行きを出すのかな?と思われるようなシーンがありました。

 < ストーリー >
金が全てと考える守銭奴スクルージは町の嫌われ者。
あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現れ、その翌日から
「過去の亡霊」「現在の亡霊」「未来の亡霊」が一夜ずつスクルージを時間の旅へと連れ出す。


1968年ディズニーが初の長編カラーアニメーション「白雪姫」を製作する際、俳優を使って
撮影した後、その動作に合わせて絵を描き込む画期的手法で、自然な人物の動きを実現しました。
本作は、ディズニー技術の延長上にあるというべき、俳優の演技をデジタル化して取り込む
パフォーマンス・キャプチャー」という技術を使っています。
「フォレスト・ガンプ」や「バック・トゥー・ザ・ヒューチャー」のロバート・ゼメキス監督は
この手法がいたくお気に入りのようで、ここ数作パフォーマンス・キャプチャーのアニメを撮っておられます。

でも実写じゃダメですか?
折角俳優さんが出演しているのに、デジタル化してアニメにしなくちゃダメですか?
ジム・キャリーやコリン・ファース、ゲーリー・オールドマンなのに・・・、
あの渋いゲーリーが、そういえばなんとなくゲーリー?でいいんですか?
どうもあの作った感のあるアニメの表情が・・・苦手。
ジムやコリン、ゲーリーのままの方がいいなぁ〜。

オープニング早々、小雪が降るクリスマス前のロンドンの街を、上空からまわっていく映像は
傾斜の緩いジェットコースターに乗って飛んでいるような感覚で、「あっ、目に口に雪が入る〜」と
感じました。凄いよ〜。期待通り

でも、アニメでディケンズの名作だから・・・とお子さんをIMAXに連れて行ったら泣いちゃうかも?
暗い色調が多く、亡霊が迫り、大音響、耳がビリビリしましたよ。


クリスマスを舞台にした映画って沢山ありますねぇ。
シリアスドラマにコメディーと色々あれど、ほとんどが見終わった後、ジ〜ンと心に響く人情話。
「素晴らしき、哉人生!」「34丁目の奇蹟」「あなたが寝てる間に」「ホームアローン」などなど。

毎年この季節になるとこのような心温まる映画が繰り返し製作され、懐かしい映画が放映されるのは
家族の大切さを見直し、豊かな者が貧しい者を助け、神への感謝の気持ちを表すという
クリスマス本来の過ごし方を忘れないようにするためかもしれませんね。

赤と緑のシンボルカラーに、オーナメントで飾られたツリー、綺麗なイルミネーション。
そしてムードを盛り上げる素敵な音楽。
その上、雪でも降ろうもんなら・・・クリスチャンでなくても心躍っちゃいますねぇ





にほんブログ村 映画ブログへ



  ***** 見た 映画 *****

 11月24日 「クリスマス・キャロル」@109シネマズ川崎

 11月29日 「PARIS」DVD パリを舞台にした群像劇 ジュリエット・ビノシュ主演
 
 11月30日 「男と女」DVD クロード・ルルーシュ監督 アヌーク・エーメが美しい!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ママチャリサイクリング@湘南 | トップ | エッシャー展@横浜そごう »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (hash)
2009-12-06 00:21:04
>実写じゃダメですか
同感ですね。
実写の方が、J・キャリーの七変化も楽しめて、断然、面白いと思いました。
Unknown (hashさんへ(ryoko))
2009-12-07 12:05:11
ご賛同頂き、ありがとうございます。
J・キャリー?とか、ひょっとしてゲイリー???じゃもったいないですよね。

ただ、実写の3Dでは自然な動きが出ないという技術的な問題があるそうです。
詳しくはTB頂いたはらやんさんが「はらやんの映画徒然草」に詳しく解説してくださっています。
こんばんは (はらやん)
2009-12-08 21:45:56
ryokoさん、こんばんは!
コメント&TB、またこちらのコメントで拙ブログまで紹介していただきありがとうございます。
ゼメキス監督の前作「ベオウルフ」を観た時、ryokoさんと同じように何故にわざわざCGにするの?って思いましたが、本作を観て、そうか3Dやりたかったのね、と合点がいきました。
「ベオウルフ」は半端にリアリティがあってどうかと思いましたが、本作はややアニメ寄りにしたので、そのあたりも良かったかなと。
同僚が子供といっしょに本作観たようなのですが、やはり怖くて泣いてしまったとのことです(笑)。
Unknown (はらやんさんへ(ryoko))
2009-12-13 14:47:23
お返事が遅くなってすみません
はらやんさんのブログを拝見して謎が解けたもんですから、勝手にご紹介させて頂きました
ゼメキスも頑張っていますが、ジェームス・キャメロンやティム・バートンも参戦してきましたね。切磋琢磨で技術の向上が実現すると凄い映像が体感できるようになるかも?ですね。

>やはり怖くて泣いてしまったとのことです
ですよねぇ〜、あれは子供は泣きますよねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆ 3Dでの観賞で通常料金+300円でしたが、本日は東宝シネマズデーで1000円でしたから1300円での観賞です。「...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーと...
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本...
Disneysクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月23日(月) 14:00〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(1ヶ月フリーパス+3D料金差額) パンフレット:700円(買っていない) 『Disneysクリスマス・キャロル』公式サイト フリーパス鑑賞20本目。 3Dは2000円だし、日本語吹き替えだしで、今まで...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
Disney's クリスマス・キャロル (5125年映画の旅)
無慈悲で金にしか興味のない孤独な男・スクルージ。彼は誰もが浮かれるクリスマス・イヴでさえ、一人ぼっちで夜を過ごしていた。そんな彼の前に、8年前に死んだかつての同僚の霊が現れる。このまま生きれば最悪の結末が待っていると告げられたスクルージ。そして彼の...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
Disney'sクリスマス・キャロル (Movies 1-800)
Disney's A Christmas Carol (2009年) 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ロビン・ライト・ペン 過去に何度も映像化されているチャールズ・ディケンズの名作をPC(パフォーマンス・キャプチャー)技術を用いて...
DISNEY'S クリスマス・キャロル (シネマ大好き)
ディケンズの名作をディズニーの3Dアニメで。情景が美しく、迫力があって、さすがディズニーでした。 金儲けにしか興味がない、冷酷な金貸しのエブニーザ・スクルージのもとに、クリスマスイブに三人の精霊が現れ、彼自身の過去・現在・未来の影を見せ、後悔と恐怖に...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
【映画】Disney's クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このま...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...