映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

天使と悪魔

2009-05-22 | 映画 た行
15日、公開初日のレイトショーに行ってきました。もう一週間も経っているやないか~
630席の館内はほぼ満員。
ラングドンシリーズへの期待の大きさがうかがえます。

「テンプル騎士団」「イルミナティー」「フリーメイスン」「秘密結社」「陰謀」「謎解き」って
何~て好奇心をかきたてる言葉なんざんしょう。


**** *****************

      天使    と    悪魔  

************** ******* 


むかしむかし「見てから読むか、読んでから見るか?」なんてキャッチフレーズがあったけれど
私、読んでから見ました。

昨年友人に「面白いから是非読んで」と薦められ、上中下3巻に大作にもかかわらず、
面白くって一気に読んでしまいました。
これを映像化ってどうなるのかなぁ~と、読んでからだと結構思い入れがあったりして、
ちょっと心配しましたが、なかなかどうして、
結末は違うし、かなり重要な部分がはしょられているけれど、
映画もとても面白いエンターテインメントでした。

   

 < ストーリー >
爆発すれば核にも勝る驚異的な破壊力を持つ“反物質”がジュネーブのセルンから盗まれ、
新教皇を選出するコンクラーベに沸くヴァチカンでは有力候補の4人の枢機卿が誘拐される。
秘密結社イルミナティから、科学者を迫害した教会に復讐する為彼らを1時間おきに殺害し
反物質でヴァチカンを吹っ飛ばすと脅迫を受ける。陰謀を阻止するため、ラングドンが暗号を解読し
ローマ、バチカンを走り回る。果たして陰謀を阻止することができるのか?新教皇は選出されるのか?

   
本を読んだ後、ヴァチカンとローマに行って、出てくるスポット巡りをしたいなぁ~
なんて思っていたら、やっぱりきたね!HIS!素早い!
しっかりツアーが企画されてテレビでCM流してる~。
この映画見たら、絶対行きた~~~いって思うよねぇ~!
この地図片手にゆ~っくりミステリーツアーいいねぇ
映画はテンポが早過ぎて、ローマに詳しくないとついて行けんから・・・。


「ダ・ビンチコード」の原作は未読ですが、
キリストが結婚しその家系が今に続くというどう考えてもというストーリーであること、
私のキリスト教や宗教画の知識が乏しいこと、そしてハンクスの髪型が変~など、いま一つのりきれなかった気がします。

「天使と悪魔」は『宗教VS科学』という現実的な対立を
ヴァチカンのコンクラーベや、街そのものが美術館のようなローマの街並み、
ベルニーニの彫刻などと上手く絡めた原作を、これまたコンパクトに映画化したなぁと思います。
原作を読んでいても読んでいなくても、十分満足できるエンターテインメントですね。

ポーランド出身の前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世(1920~2005)は、カトリック教会の犯した過ちに対し
精力的に謝罪を表明してきた方で、ガリレオ裁判が誤りであったことを認め、
350年たって謝罪を表明なさったという新聞記事を読みました。
20世紀の終わりになって「バチカン、ガリレオに謝罪」なんて、え~何を今さら?とも思いますが
「神による天地創造」「マリアの処女受胎」「キリストの奇跡」など
どう考えても科学的にありえないことを大前提に成り立っているキリスト教が、
クローン技術など神の領域に足を踏み入れている現代科学の進歩とどう折り合いをつけていくか、
宗教家にとっては悩みの尽きない時代です。

何を今さら?遅すぎるよ~ではありますが、
科学の進歩を受け入れようと変わる努力をしているバチカンも評価できるんじゃないかなと思います。
現教皇ベネディクト16世は、どこぞの政治家みたいに失言が多く、折角の前教皇の謝罪に
ケチをつけるようなこともあるようですが・・・

そんな所に着目したダン・ブラウンの原作はなかなかです。
最初に殺されるセルンの所長が実は枢機卿でもあり、宗教と最先端科学は共存しうる
といったことも盛り込まれていたと記憶しています。


1966年の「ビートルズはキリストより人気がある」というジョン・レノン発言に対して
「ジョンを赦します」という声明を出したという記事を昨年読みました。
めっちゃ上から目線やねぇ。
こちらは42年経過、ヴァチカンの決議時間もかなり短縮したということかなぁ?

映画のラストで枢機卿の台詞
穏やかな口調で「宗教には欠点もある。それは人に欠点があるからだ」は説得力のあるいい台詞でした。


ところで、この手の映画は「あくまでフィクション」を強調しておかんとね。
映画のチラシで「ガリレオはサタンのリーダーだった」って言い切っちゃぁまずいよね~。
せめて?マークを付けときましょうよ。
  
アンビグラムは最新デジタル技術でも難しいって、原作者の友人が作ったって書いてあるけど・・・どういうこと?
歴史的事実とフィクションを混ぜたストーリーってワクワク感が増すけれど、
あくまでフィクションってことを強調しておかないと信じちゃう人いるもんね。

ヒストリーチャンネルだか、ナショナルジオグラフィックの「天使と悪魔」検証番組で、
ダン・ブラウンはとんでもない奴だと怒っている宗教関係者いらっしゃいました。

サタンのリーダーじゃあ、ガリレオさんも草葉の陰で安眠を妨げられたとお怒りかもよ?



いつの間にかすっかりハリウッドの大物俳優になっちゃったトム・ハンクス。
私は1984年初主演作「スプラッシュ」や初アカデミーノミネートの「ビッグ」の頃が
良かったなぁ~



にほんブログ村 映画ブログへ


 ***** 見た 映画 *****

 5月19日 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」@六本木試写会
     6月公開のジョシュ・ハートネット、キムタク、イ・ビョンホン主演映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レイチェルの結婚 | トップ | アイ・カム・ウィズ・ザ・レ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (hash)
2009-05-25 00:34:20
アンビグラムや秘密結社と聞いただけで、興味津々となってしまいますね。
映画自体も原作の面白さを損なうことなく、テンポよくまとめてあり、楽しめました。
そして、ローマに行きたくなりました。
コメントありがとうございます! (hashさんへ(ryoko))
2009-05-26 01:03:28
やっぱり秘密結社なんて言葉は、惹かれますね~。
これだけで「掴みはオッケー
その上テンポ良く、ローマ・ヴァチカン観光もできて、楽しめました。
私も、「ローマ行きたい!」と叫んでます。
どこもかしこも、イタリアの街は街全体がミュージアム、ゆっくり見て歩きたいもんです。
こんにちは (iina)
2009-05-27 17:46:04
「見てから読むか、読んでから見るか?」
いずれにせよ、原作を読むと詳細が理解できますね。
でも、ほとんど読んだことがありません。
映画は、映画と思っているせいでしょうか。

さいきんは、映画公開にあわせてテレビでも前作を放映したり、世界遺産ヴァチカンを
紹介したりといろいろと宣伝しますね。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-05-27 23:53:18
いつもTBのみで失礼していますところ、コメント頂きありがとうございました。
私も原作を読んでからの鑑賞でしたが、原作があまりに傑作のためか物足りなさが先に立ってしまいました。
でも、たしかにエンターテインメント性の高い作品に仕上がってましたよね。

トム・ハンクスの過去作品、ちょっとマイナーかもしれませんが「マネー・ピット」がかなり好きです。
こんにちは (まりっぺ)
2009-05-29 15:29:34
ラストの枢機卿のセリフは本当に良かったですよね。
Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2009-05-30 00:33:44
コメントありがとうございます。
映画化されることも知らず、たまたま薦められて読みました。でも結構内容を忘れていたみたいで・・・それがかえって良かったみたいで、楽しめました。
あのボリューウムを2時間ほどに纏めるってことを考えれば、原作にないキャラを入れたり思い切って変えたり、よく纏めたなぁ~というのが実感です。
「世界遺産ヴァチカン」は見逃しましたが、「不思議発見」が役に立ちました。
Unknown (SOARさんへ(ryoko))
2009-05-30 00:50:53
こちらこそ、TBのみで失礼しておりました。
読んで直後だと不満があったかも知れませんが、1年以上前のことで、結構忘れちゃってました。
覚えている所で内容を補完し、忘れたことで大して不満には思わず程よい塩梅でエンタメとして楽しめました。
若い頃の作品は全部見ています。勿論「マネー・ピット」も好きな作品です。穴の開いた床にはまって身動きが取れなかったり、足場が壊れていくシーンでハラハラさせるシーンなど、爆笑でした。
指揮者で恋人の元夫を演じたアレクサンダー・ゴドノフも好きでしたが、若くで亡くなられたのは残念です。
Unknown (まりっぺさんへ(ryoko))
2009-05-30 01:03:33
コメントありがとうございます。
あの台詞、良かったですね~。
枢機卿役の俳優さんは「ザ・バンク」や「イースタン・プロミス」で悪役だったので、途中まで今回も悪?なんて勘ぐってしまいました。
こんな台詞で閉めてくれるなんてね~。失礼しちゃいました。
こんばんは (Hiro)
2010-06-17 00:27:06
コメントありがとうございました。
自宅にいながらバチカン観光2時間の旅を
気忙しいながらも満喫させて頂きました(笑)

トラックバックの方法についても
記事で取り上げましたので
一度ご覧頂ければ幸いです。
Unknown (Hiroさんへ(ryoko))
2010-06-22 21:13:22
こちらこそ、トラコメありがとうございます。
トラックバックの方法を取り上げていただき、早速試してみました。
できてると思います。
ありがとうございました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「天使と悪魔」 (日々“是”精進!)
「天使と悪魔」を鑑賞してきました「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われ...
天使と悪魔●ANGELS & DEMONS (銅版画制作の日々)
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました!...
『天使と悪魔』・・・そして「彼」に“最後の審判”が下る (SOARのパストラーレ♪)
面白さと物足りなさが半々といった印象だった。面白さもそれなりに堪能できた反面、物足りなさも大きかったという感じだ。
天使と悪魔 (Akira's VOICE)
もっと考えさせてください。
天使と悪魔 (もののはじめblog)
面白かった。 この映画は観ると決めていたので、情報を絶ってでかけた。 それでも新聞広告にも目がいくし、完全には断ち切れない。 観終わって、そんなことも書いてあったと思われるラストを感じた程度にストーリーに吸い込まれていた。 映画では「ダヴィンチコード」の...
「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 (はらやんの映画徒然草)
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ
天使と悪魔(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうもエミです(・∀・)つ 覚えていらっしゃいますでしょうか? 私の趣味が読書だということを?? 趣味が読書の私は勿論、映画化で話題になってる話題のコチラ↓↓↓ 天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)発売当初...
天使と悪魔 (Movies 1-800)
Angels & Demons (2009年) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド 2006年のヒット作「ダヴィンチ・コード」の続編で、イルミナティと称する秘密結社から脅迫されたバチカンの為に奔走する大学...
天使と悪魔 (小部屋日記)
Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース 「ダ・ヴィンチ・コード」から3年 新た...
『天使と悪魔』(吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカル...
天使と悪魔  Angels (ネット社会、その光と影を追うー)
トム・ハンクス主演;天使と悪魔 Angels De
★「天使と悪魔」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段...
天使と悪魔・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
象徴学者ロバート・ラングドン教授を主人公とした、ダン・ブラウン原作のベストセラー小説、映画化第二弾。 原作はこの「天使と悪魔」の後に...
『天使と悪魔』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
 『天使と悪魔』 2009年(米)監督ロン・ハワード  『ダ・ヴィンチ・コード』の続編であり、サスペンス映画の秀作。まるでジェット・コースターに乗って制御不能の恐怖を体感させられるような感覚を覚える本作のサスペンス・ホラー的な緊張と恐怖は、これまたジェ...
天使と悪魔 (ダイターンクラッシュ!!)
5月16日(土) 21:05~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『天使と悪魔』公式サイト 「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドン教授が主人公の話。 原作は、こちらが先であるが、映画では、こちらが後になっ...
【天使と悪魔】神は科学と仲直りできたのか (映画@見取り八段)
天使と悪魔 ~Angels & Demons~ 監督: ロン・ハワード 出演:  トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 公開: 2009年5月 ...
文明の利器に暴かれた事実。『天使と悪魔』 (水曜日のシネマ日記)
2006年5月に劇場公開された映画 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。 ヴァチカンを舞台に描かれた 教皇候補の暗殺計画を巡る物語です。
天使と悪魔 を観ました。 (My Favorite Things)
ダン・ブラウン好きの私なので…チョイ辛口です。
天使と悪魔 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
天使と悪魔 ’09:米 ◆原題:ANGELS & DEMONS ◆監督:ロン・ハワード 「フロスト×ニクソン」 「ダ・ヴィンチ・コード」 ◆出演:...
天使と悪魔■「スプラッシュ」から遠く離れて (映画と出会う・世界が変わる)
タイムリミットが設定された中でローマとその中にあるバチカンをめまぐるしく駆け回るドラマであり、それ以上でもそれ以下でもない映画である。駆けつけた先で、さて、次はというところもいささか偶然に頼った感じで謎解きの醍醐味はほとんどない。冒頭でトム・ハンクスが...
「天使と悪魔」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
難しい象徴や暗号の謎解きというより、次々に起きる事件を観ている間にラストまで行ってしまったという感じでしたね。あっという間に時間が立ってしまいました。ローマの景色も素晴らしい・・行ってみたくなりました☆トム・ハンクス演じるラングドン教授は、まずはプール...
「天使と悪魔」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作「ダヴィンチ・コード」の大ヒットだったが、個人的には 面白いと唸るほどではなかった。今回はどうか・・・
「天使と悪魔」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
前作よりもテンポ良くお話が進んでいった感じ
『天使と悪魔』 (『映画な日々』 cinema-days)
天使と悪魔 ローマ教皇が亡くなりコンクラーベ(選挙)の最中、 秘密結社イルミナティから新教皇候補殺害予告が届く。 【個人評価:★★☆...
天使と悪魔 (Angels & Demons) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム...
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい (RISING STEEL)
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど 直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲う未曾有の危機に挑む! 2009年 アメリカ映画 コロ...