映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street

2014-02-07 | 映画 あ行
レオナルド・デカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の注目作品ですが、何と!179分の長さです。
インド映画もだいたい3時間ですが、本作には歌も踊りもありません。
あるのは酒池肉林。金をばら撒き、酒と女と麻薬に溺れ倒す姿を大スクリーンで2時間半ほど見せられ、
正直なところ疲れました。
間違ってもカップルがデートで見る映画ではありません。
私の隣に座ったカップル、途中から飽きたのか?順番にトイレに立ち、しゃべり出したのには閉口。
公開中の「アメリカン・ハッスル」同様、実話に基ずく詐欺事件なのですが、
「アメリカン・ハッスル」には最後に愛があったけれど、本作の後味は悪い。

日経の金曜夕刊の映画欄では4つの高評価で、「スコセッシが迫るのは無秩序だった証券界の
内幕でなく、90年代という時代の精神だ。手っ取り早い金儲けがそこらに転がっていた時代、
誰もが狂騒の中にいた」として時代の狂気が彼らを破滅に向かわせると書いておられました。
90年代って日本ではバブル景気に沸いていた頃。アメリカでも…そうだったの?


   ************************

         ウルフ・オブ・ウォールストリート

   ************************


 < ストーリー >
学歴も知識もないまま、22歳でウォール街の投資銀行ロスチャイルドで働きだしたジョーダン。
入社早々、酒と麻薬に溺れる上司から「金持ちから金をむしり取れ」と教えられ、さあこれから
という時にブラックマンデーで職を失う。ブローカー募集に応募し、手数料の高いペニー株の
売買を知り、巧みな話術で顧客を掴む。麻薬のディーラーをやっていたような男たちを仲間に、
自分の売り込みノウハウを教え、26歳で証券会社を設立し、富と名声を手に入れ、
ウォール街のウルフと呼ばれるようになり、連日の乱痴気騒ぎ。
浪費の限りを尽くして世間の話題を集めると共に、FBIにも目を付けられ・・・。

    乱痴気騒ぎ             
この映画でデカプリオ(プロデューサー)は、スコセッシはなにを訴えたかったのでしょう?
日経のインタビューで、デカプリオは「人間の暗部を描き、警鐘を鳴らす映画だ」と語って
いるのですが、この映画が警鐘を鳴らしているとは思えませんでした。
これだけハチャメチャなことをして20年の求刑を受けたのに司法取引で22カ月の収監。
服役中出会った男に自伝だか回顧録だかを書くことを勧められて書いたのが、本作の原作である
『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』と「Catching the Wolf of Wall Street」。
18言語で世界40か国で出版され、現在はモティベーショナル・スピーカー(啓発セミナーのスピーカー)
として公演活動をしているというんです。
こんだけのことをしてこの程度の服役でいいんだろうか?
なんだかなぁ~と思いつつこの映画に感じた違和感。
詐欺とマネーロンダリングが罪状ですが、一人の被害者も登場しないんです。
被害者の投資家たちへ1億1040万ドルの返済が命じられたにもかかわらず、本の売り上げや映画の版権
があるにもかかわらず、1513名の被害者顧客に対してごく一部しか返済していないようです。
これじゃぁ映画を見て「ジョーダンみたいになりたーい!」と思う若者が出てくるんじゃないか?
っと心配です。冗談じゃないよ~。
やっぱりオリバー・ストーンの「ウォール街」や「ウォール・ストリート」のような納得できる結末でないと…。

    
しかしまぁ、ジョーダンのスピーチはまるでヒットラーの演説のよう。息もつかず、オーバーアクションで
青筋立てて話し続け、顧客のみならず、従業員たちをも魅了する。カリスマです。
彼の巧みな言葉に煽動され、酔いしれ、ハイになり、市場が開くと同時に、顧客に電話をかけまくり、
マシンガントークで勧誘する従業員たち。1日500本電話するようです。
儲かる仕組みを作り、人を煽動し、大金を手にするジョーダン。
頭のいい奴なんだろうと思うのですが、どうして途中で止めないんでしょう?
どう考えてもこんなことが永遠に続くとは思えないのに。
破滅へのカウントダウンが始まっているというのに、生活を変えないどころかアクセルを踏んでいる。
長野県の年金基金約24億円を横領し、銀座で、ハワイやタイで豪遊の末逮捕された日本人の男。
逮捕時の所持金はわずかだったとか。どう考えてもばれないはずはないのに…。
行き着く先はわかっているけれど、止められない止まらない…中毒症状の様なものなんでしょうか?

大きな事件が発覚し逮捕されても、同様の詐欺事件は繰り返される。
やっぱり、お金は魔物やね~。


資金洗浄で登場するスイスの銀行員に「アーティスト」でアカデミーを受賞のジャン・デュジャルダン。
ジョーダンにディーラーのいろはを教える上司にマシュー・マコノヒー。
あれぇ?なんだか痩せて老けたなぁ~と思ったら、アカデミー主演男優賞ノミネートの「ダラス・バイヤーズクラブ」で21㎏の減量をしていたんですね。
     
2番目の妻を演じるマーゴット・ロビーは「パンナム」で美人スチゥワーデスを演じていました。
本作でも美しいです。


派手なパフォーマンスでアメリカで人気を博した鉄板焼きチェーン「BENIHANA ベニハナ」の
ロッキー・青木氏の話が出てきたときにはビックリ。
1999年インサイダー取引で不正な利益を得たとして有罪判決を受けたんですと。
青木氏は既に亡くなっておられますが、ここでこの話を出すかねぇ。



 にほんブログ村 映画ブログへ


 ***** 見た 映画 *****

 2月 4日 「ラ・ワン」DVD インドのSF映画

 2月 5日 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」@TOHOシネマズ海老名
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ガチャピンまん」と「ムッ... | トップ | ラ・ワン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本気モード (iina)
2014-02-13 08:46:38
おなじように「なんだかなぁ~」と思いました。

手軽にお金を稼げるけど、口先三寸で人を騙すのですからバブルの申し子そのものです。
演じる方からすると、こんな悪党は演技の糧になるのでしょうね。デカプリオは、本気モードで演ってました。
Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2014-02-14 00:39:18
iinaさんも「なんだかなぁ~」でしたか。
果たしてこれが警鐘を鳴らすことになるのか?
3時間かける必要があったのか?
演技の糧になるんですかね?

最近のデカプリオは同じようなヒステリックな役が多くて・・・もうちょっと違うキャラにも挑戦してほしいと思いますが、当分休養に入ってしまうようですね。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE
[映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  三時間の上映があっという間。  私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。  まず、スコセッシがすごい。  『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、...
お金で買えないモノ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (水曜日のシネマ日記)
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマです。
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
シャッターアイランド+華麗なるギャツビー 公式サイト。原題:The Wolf of Wall Street。ジョーダン・ベルフォート原作、 レオナルド・ディカプリオ製作・主演、マーティン・スコセッシ ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目は、これもアカデミー賞ノミネート作品。 果たして、レオナルド・ディカプリオは・・・ これも実話を映画化。 レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートは ウォールストリートで若くして株屋として大金を稼ぎ、その後、 証券詐欺とし...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (風に吹かれて)
電話しまくれ~~[E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (セレンディピティ ダイアリー)
レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督の5度目のタッグとなる映画、
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (2013) (相木悟の映画評)
豪華絢爛、眼が眩むピカレスク・エンターテインメント! 負のエネルギーみなぎる3時間に終始圧倒される、異様な映画体験であった。 26歳にして年収46億円を稼ぎ出し、その後、一気に転落する波乱万丈の人生を送る実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォート....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (もののはじめblog)
1980から90年代のウォール街で“狼”と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録『ウォール街狂乱日記』を、マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化した。 金をばら撒き、酒と麻薬に溺れ倒す酒池肉林。20...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウルフ・オブ・ウォールストリート 13:米 ◆原題:The Wolf of Wall Street ◆監督:マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」 ◆主演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナ...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
ウォール街の狼~『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
実話と聞くと観たくなりますよね。 大成功そして破滅へ 学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なア...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、ロブ・ライナー 【解説】 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代か....
シネマ・パラダイス:「ウルフ・オブ・ウォ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
3時間の大作ですが、テンポも良く、とても面白い映画です。R18+指定ですので、好みが分かれるかもしれません。[Blu-ray]ウルフ・オブ・ウォールストリートブルーレイ+DVDセット価格:3,85...