映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

小さいおうち

2014-08-31 | 映画 た行
今年の初め劇場公開された山田洋二監督の作品で、黒木華さんがベルリン国際映画祭で
最優秀女優賞銀熊賞受賞です。
直木賞を受賞された中島京子さんの小説の映画化だそうです。
テレビで何度もCMが流れたので気にはなっていたのですが…やっとDVDにて鑑賞。

    ***********************

          小  さ  い  お  う  ち

    *********************** 

 < ストーリー >
高齢で一人暮らしの布宮タキのもとを、親戚の大学生健史が時々訪れる。健史に勧められ自叙伝を
綴るタキ。タキが亡くなり自叙伝を託された健史は、タキが60年間抱えてきた秘密を知る。
昭和11年、山形から女中奉公のため上京したタキ。小説家の家の次に、玩具会社勤務の平井雅樹、
妻・時子と5歳になる息子の恭一の住む郊外のモダンな赤い屋根の家で女中として働くことになる。
ある日、雅樹の部下の板倉正治という青年が訪れ、時子と板倉は互いに思いを寄せるようになる。
日本は次第に戦争へと突き進み、板倉にも召集令状が届き…。
           タキと時子

タイトルは「小さいおうち」ですが、この家は決して小さくありません。
戦争中、坂の上にあんなに目立つ赤い屋根の家があったら、空襲のターゲットになったんじゃない?
っと、本筋と違うところが気になりました。

    晩年のタキと健史
健史が言うように、私たちが持つ戦争直前の陰鬱な雰囲気はこの家の様子からはあまり
感じられません。倍賞千恵子演じる年老いたタキは「うそじゃないよ」と当時のことを
振り返る。
       板倉と時子 
着物姿の松たか子さんの美しい若奥様ぶり。
でも…彼女が夫の部下板倉と恋愛関係になってゆく理由がよくわかりませんでした。
彼女の気持ちなど解さない鈍い夫とはいえ、幼い子どももいて、危険を犯してまで
どうして板倉に走るに至ったのか?そのあたりの描写が欲しかったです。
恋は盲目、理由なんてないんだよ~言われればそれまでですが、それなら、この人なら
そんな気持ちになるかも?と思えるような配役でないと…。ファンの方には申し訳ありませんが、
吉岡秀隆さんには、それにあの髪型ではそんなフェロモン感じないなぁ。
ここではやっぱり玉山鉄二さんとか、西嶋秀俊さんとか、金城武さんとか…個人的な好みで
すみません。あっ、板倉は徴兵検査で丙種合格、身体が弱い人でした。私が押す3人は
病弱って感じじゃないですね
吉岡さんは山田洋次監督作品の常連だからねぇ。
           
                   時子    息子の恭一   夫の平井
ちょっと中島京子さんの原作をググってみたら…設定が随分違うことが判明。
時子は再婚で前夫は事故死、恭一は前夫の子供で、今の夫平井とは問題があったような。
原作読まなきゃそのへんのあやはわからないですね。

ずっと心に秘めたタキの時子への想い。
自叙伝を読む健史が少しずつ解き明かしていくちょっとしたミステリー仕立てに最後まで
引っ張られました。
最後に探し当てた時子の息子・恭一を演じておられたのが米倉斉加年さんでした。
ご冥福をお祈りいたします。

      
本作の中で「一本どっこ」の帯が出てきます。
「一本どっこ」…チーターこと水前寺清子さんが歌っておられましたっけ。
ボロは着ぃてても 心は錦 どんな花より綺麗だぜぇ~意味も分からず歌ってました
「どっこ」は「独鈷」と書くんですね。両端が尖った棒状の密教法具のことで、雑念を打ち砕くもの、
また独鈷形の模様を連ねて一筋織り出した博多織、またはその帯を指すそうです。
この帯を締めて板倉の下宿に行く時子。板倉への真っ直ぐな気持ちを表現しているのかも?
そしてこの帯が時子の不倫にタキが気付くきっかけとなる。
直接不倫のシーンを見せることなく、見せる以上に艶っぽい想像させる表現でした。




にほんブログ村 映画ブログへ



***** 見た 映画 *****

 8月29日 「ブリングリング BLING RING」DVD エマ・ワトソン主演、ソフィア・コッポラ監督

       「しあわせの帰る場所」DVD ライアン・レイノルズ、ウィリアム・デフォー、ジュリア・ロバーツ

       
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロミスト・ランド | トップ | NO »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2014-09-01 10:41:48
こんにちは。
この作品、映画は見てないのですが、中島京子さんの原作は読みました。
小説を読んでいる時、私は時子奥様は壇れいさんをイメージしていたんです。
ふわふわした感じの女性という印象だったので...松たか子さんはしっかりしすぎているような??
板倉さんは、吉岡秀隆さんじゃないですよね~
綾野剛さんなんてどうかしら?(笑)

博多帯の場面は、私も読みながらドキッ!としました。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2014-09-02 21:08:26
こんばんは。
原作をお読みになったのですね。
壇れいさん、なるほど~。清楚ですね。
セレンさんも吉岡さんじゃないと思われたのですね。
綾野剛…頭をよぎりましたが、あくまで私の好きな俳優さん押しで書かせていただきました。
原作にも博多帯の描写があるのですね?!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画・小さいおうち (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本原作 中島京子 物語の時代背景は1935年(昭和10年)から終戦直後、そして2000年(平成12年)から2009年(平成21年)頃ふたつの時代が交差しながら、やがてひとつにつながっていく様が描かれる 東京郊外のモダンな家で起きた、ある恋愛事件の秘密を...
小さいおうち 完成披露試写会 (風に吹かれて)
タキの選択公式サイト http://www.chiisai-ouchi.jp2014年1月25日公開原作: 小さいおうち (中島京子/文春文庫)監督: 山田洋次 健史(妻夫木聡)の大伯母タキ(倍賞千恵
『小さいおうち』 2013年12月26日 歌舞伎座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『小さいおうち』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 新しくなった歌舞伎座で映画上映は初めてとのことでした。 登壇者は豪華絢爛大勢でした。  松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、  ラサール石井、小林稔侍、夏川結衣、中嶋朋子、...
小さいおうち (Akira's VOICE)
この世は小さいおうちの集合体なんだな。  
小さいおうち~長く生き過ぎた変われない私 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中島京子原作、山田洋次監督。松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき ...
『小さいおうち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
『小さいおうち』 (2014) (相木悟の映画評)
激動の時代、中流家庭のひみつが投げかけるメッセージ! 新しい視点で過去に切り込み、現代を照射する意欲的な一作ではあるのだが…。 本作は、直木賞を受賞した中島京子女史の同名小説の映画化。メガホンをとったのは、82作(!)もの作品を連綿と紡いできた生ける...
小さいおうち (映画的・絵画的・音楽的)
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...
『小さいおうち』 原作を離れて「失敗作」を撮る理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  山田洋次監督の『小さいおうち』を鑑賞して、こんなことがあるのかと驚いた。  本作は中島京子氏の小説に基づいて山田洋次監督と平松恵美子氏が脚本を書き、山田洋次監督みずからメガホンを取った作品だ。決して山田洋次監督のオリジナル企画で...
「小さいおうち」 小さい罪 (はらやんの映画徒然草)
こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画
『小さいおうち』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 山田洋次 原作: 中島京子 出演: 松たか子 、黒木華 、片岡孝太郎 、吉岡秀隆 、妻夫木聡 、倍賞千恵子 公式サイトはこちら。 昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働....