映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

沈まぬ太陽

2009-11-02 | 映画 さ行
先週金曜日、ムービル横浜のレディースデイに駆けつけました。
映画館に着いた時はほぼ満席、予告編が今まさに始まろうとしていました。
しか~し、年齢層高いなぁ~。
以前ここで「剣岳 点の記」を見た時も年齢層高かったっけ。
週末興行ランキングでは2位、観客は30代以上の男性が多いそうです。
(因みに、1位は「僕の初恋をキミに捧ぐ」・・・。)
やはり、リアルタイムで同じ時代を走った方々や、
私のような、一世代二世代下で日航機事故は知っているが、子供の頃高度成長期だった人たちが
多いようです。
全く知らない世代には、ちょっと敷居が高いかも?ですね。


                       

        沈 ま ぬ 太 陽

                          

 < ストーリー >
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、懲罰人事で
カラチ・テヘラン・ナイロビ行きを命じられる。10年におよぶ孤独な海外生活に耐え、本社に戻るが
ジャンボ機墜落事故が起き、御遺族お世話係として現地に赴き献身的に対応する。
そして、会社の建て直しを図るため首相に請われ就任した国見新会長(石坂浩二)のもと、
会社の腐敗に立ち向かうが道半ばで会長が辞任。恩地は……。


原作を読んでいないので、ちょっとネットで調べてみたら・・・
あらまぁ、原作発表当時から、この作品はかなりの物議をかもしたようですね。
山崎豊子氏は「ノンフィクションともフィクションともどちらに取ってもらっても構わない」と
仰っているようですが、ここまで実在の人物、実際に起こった事故や出来事と酷似すると
観ている観客も、「これって中曽根首相?」とか「金丸信?」「瀬島龍三だ!」などと実在の人物と
マッチングさせながら見てしまい、全てのことが事実であると思ってしまう危険性がありますね。
そうなると「小説なんだから」とか「フィクションです」といっても、
単純化された「善悪」「信念を貫く社員腐敗した日本航空」見たいな図式になり、
傷つく方々が出てくるのは否めません。
以前柳美里さんの小説「石に泳ぐ魚」でも、モデルになった方が名誉毀損で訴えを起こし裁判になりましたが
小説って、どこまで個人のプライバシーに踏み込んで書いちゃっていいものなのでしょう?
難しいですね。


主人公は、労働組合の委員長を勤めたことから会社に疎まれ懲罰人事で、10年間僻地に追いやられる。
それでも会社を辞めず、家族を犠牲にしても懸命に働く高度成長期のサラリーマン。
会社ってこういう陰湿なことするんでしょうか?
香川照之氏演じる組合員に至っては、何の仕事も与えられず大手町支店の入り口に晒し者って・・・
見せしめとして有能な人材を飼い殺しにするのは、企業としても損失だと思うけれど。
学校で子供まで苛められるって・・・いくらなんでも、これは無いやろ?

アフリカでのハンティングで巨大な象を仕留めるシーン、
この象が会社を象徴し、戦う恩地を表しているのかもしれないけれど、象に取っちゃぁいい迷惑。
家には立派な象牙が飾ってあり、家族と離れ離れで長年の孤独な海外暮らしで精神的に追い詰められているというのが、いま一つ伝わってきませんでした。

一方、政・官・業の癒着振りは、埋蔵金だの居酒屋タクシーだの、なんたらしゃぶしゃぶだのの報道を聞くにつけリアリティーがあります。
「お国のため」「会社のため」なんて言いながらやってることは何やねん?!
会社のお金をちょろまかして、政治家に賄賂を送り、女を抱かせ、たかり屋ジャーナリストを使って
あること無いこと書き立てさせる。ただのポン引き?公的資金詐取?
それを当然のように受け取り便宜を図るって・・・
これがエリートといわれる御偉い方々のすることなのか?と悲しくなります。
「英雄」でなくとも色を好み金に弱いのは世の常ですが、権力って怖いなぁ。

28日の日経夕刊に、渡辺謙氏のこの映画に賭ける意気込みが載ってました。
「会社って何だろう。仕事とは何だろう」と改めて問い直す今、
伝えなければならない何か、失いかけている何かとは「矜持」だと、
山崎豊子氏がその小説の中で描いてこられた「必死で生きている人々の温度やエネルギー」だと言っておられます。
最近自分でもやっと思えるようになった「きちんと仕事をしたら、必ず自分に戻ってくる」ということを
若い人に伝えたいそうです。
   

実は、私、日航機事故の2日後の日本航空羽田発大阪伊丹行の予約を入れておりました。
あの事故の直後、飛行機に乗る気になれず、予約をキャンセルし新幹線で実家に帰ったのでした。
映画の中でもでてくるように、あの123便は整備前福岡発羽田着で飛んでおり、
当時の運輸大臣や多くの新聞記者が乗っていたそうな。
人の運命を分けるものは一体何なんだろう?と思わずにはいられません。


今、日本航空の経営危機が連日ニュースを賑わすこの時期、この映画を公開するって
何か意図があるんでしょうか?
日本航空にとっては益々イメージダウンになるだろうし、「脱官僚」を掲げる民主党が与党になった今、
こういう過去は官僚にもマイナスでしょう。

今年の夏、民主党が選挙で大勝する前にTBSで唐突に放映された「官僚たちの夏」。
高度成長期に「お国のために」と頑張った通産官僚にスポットを当てたこの番組の放映にも
何らかの意図・誰かの思惑があったのでしょうか?
そこにこそ、興味を引かれます。  


初日の舞台挨拶で涙で声を詰まらせたという渡辺謙氏。
篤い思いはわかるんだけれど・・・力が入りすぎてちょっと引いてしまいます。
終始一貫「矜持」を胸に、逆境に耐え抜き思いやりのある恩地を篤く演じる
渡辺謙氏による、謙氏の為の、謙氏の映画って感じでした。


ラストの夕日のシーン、大地を駆ける動物の群れを見て、アフリカに行きたい!と思いました。


にほんブログ村 映画ブログへ



  ***** 見た 映画 *****

 10月29日 「お買い物中毒な私」 DVD

 10月30日 「沈まぬ太陽」@ムービル横浜

 10月31日 「オー!マイ・ゴースト GHOST TOWN」DVD ハロウィンにはピッタリ?のコメディー  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウィ~ン! | トップ | 「沈まぬ太陽」に思うこと »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沈まぬ太陽 (すすむA)
2009-11-13 00:29:19
甘いですねえ。この映画を日航が推薦しないだろうか等の御意見は、ブラックユーモアでなければ企業で働いたことのないお嬢様の戯言。
この映画はたんに日航の事件と見ないで、企業の在り方の一つの「集合体」として見る必要があります。
また、この種の映画は、自分の企業体験と重ね合わせてみないと判らないものです。自分に虐められた経験が無くとも、同僚の誰かがいじめに遭っているとか、それもなければ、新聞で報道されている、過労で死んだり自殺する人のことを考えたりすることは無いのでしょうか。管理職を経験した男から見ると、この映画はそれ程荒唐無稽ではなく、肯かれるところが多々あり、それが中高年層の話題をよんでいると思います。
Unknown (kino)
2009-11-13 02:26:13
コメントありがとうございました。
>渡辺謙氏による、謙氏の為の、謙氏の映画って感じでした。
そうだと思います。
映画は、原作のスケールを小さくして、恩地一人に絞った話で、
渡辺謙さんの熱い思いを伝える映画として、仕上がってると思います。
まず、ご遺族への配慮があっての映画で、渡辺謙さんや製作スタッフは、
たいへん苦労されて作ってるように感じましたので、
いろんな思いがあって、渡辺謙さんも、泣いてしまったんだと思います。
私も原作を読んでたので、出来上がったことで、すごく感激しました。
コメントありがとうございました。 (すすむAさんへ(ryoko))
2009-11-14 02:32:06
お嬢様の戯言ですか。
私とて会社務めで終電帰宅が続いたこともありましたし、家族が過労で倒れるのではと心配した時期もありました。亡くなった友人もいました。過酷な労働時間や上司からの理不尽な対応など、どこの会社にも多かれ少なかれあるでしょう。だからといって、いじめだの陰湿で非生産的なこんな嫌がらせをみて、あるあるなどと肯くだけのストーリーじゃあないのではないでしょうか?
山崎豊子氏の原作やタイトル「沈まぬ太陽」の意図するところがどこにあるのか、本を読まないとわからないかもしれません。
日航に関していえば、飛行機の映像を使用させないなんて狭量な意地悪してるようじゃぁ、当時と変わらぬ古い体質と思われても仕方ないよってことで、ブラックユーモアのつもりはないですよ。
こちらこそ、コメントありがとうございます。 (kinoさんへ(ryoko))
2009-11-14 02:47:15
>恩地一人に絞った話で、渡辺謙さんの熱い思いを伝える映画として、仕上がってる
そうですね。登場人物が多く、TVで準主役級の方が沢山出演されていますがちょっとのシーンしかなかったので(後で絡むのかと期待しましたが)、渡辺謙さんが目立ってしまいましたね。
原作お読みになってるんですね。
kinoさんが書かれている「方向を指し示してくれるのは、己の身体から聞こえる声みたいなもの」って恩地がアフリカで気付いたことなのですね。
原作・・う~ん、5巻はちょっとキツイですね。読み終わってない本が溜まっているもので

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 (水曜日のシネマ日記)
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
沈まぬ太陽 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品...
沈まぬ太陽 仕事に生きる男の気骨を問う 山崎豊子 (ネット社会、その光と影を追うー)
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
沈まぬ太陽 (LOVE Cinemas 調布)
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島から...
沈まぬ太陽が、あれから全然沈まない (かわいいひと。)
若い頃の髪型がオードリー春日みたいな恩地さん(渡辺謙)に とても勇気付けられた。→「沈まぬ太陽」公式サイト 権威に流されず、信念を...
劇場鑑賞「沈まぬ太陽」 (日々“是”精進!)
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
沈まぬ太陽 (勝手に映画評)
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しか...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
沈まぬ太陽 (Akira's VOICE)
輝き続けるからこそ太陽!  
沈まぬ太陽 (だらだら無気力ブログ)
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿...
「沈まぬ太陽」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「沈まぬ太陽」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、山田辰夫、菅田俊、神山繁、草...
「沈まぬ太陽」 映画化にチャレンジしたことが偉業だと思う (ももたろうサブライ)
監督 若松節朗言わずと知れた山崎豊子の名作の映画化。原作は全5巻という大河小説なので映画の時間枠に収めるのは到底無理な話。当然、大河ドラマの総集編的な作りになるだろうと、期待と懸念が半々で観に行った。インターミッション(休憩)がある映画なんていつ以来だ...
沈まぬ太陽 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[沈まぬ太陽] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年93本目(87作品)です。 【あらすじ】 国民航空の労働組合の委員長をしている恩地元(渡辺謙)は、副委員長の行天(三浦友和)とともに労使交渉を勝ち抜いたものの...
沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ (労組書記長社労士のブログ)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっ...
超大作「沈まぬ太陽」 (Thanksgiving Day)
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 スケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で、全5...
沈まぬ太陽 (映画通信みるみる)
不屈の魂を描いた叙事詩。 映画化されるということで、たいへん楽しみにして劇場へ向かった。ついに、この作品が、映画化されたという感激が...
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
人と金と時間の無駄遣い(映画『沈まぬ太陽』を観て) (稲荷町の長屋から)
今年からしばらく、映画だけじゃなくて、歌舞伎も芝居も少し控えている。 なのでビデオやテレビ以外で
沈まぬ太陽 (シネマDVD・映画情報館)
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
「沈まぬ太陽」プチレビュー (気ままな映画生活)
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
♯50 「沈まぬ太陽」 (cocowacoco)
映画 「沈まぬ太陽」     監督:若松節朗  製作総指揮:角川歴彦 原作:山崎豊子 2009年 日本        面白くて見応えがありました。 なのに、観て数日経っても難しくて私にはなかなか書けませんでした。 主役の恩地は、会社からあんな酷い仕打ちを受け...
沈まぬ太陽 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月15日(日) 14:20~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんな...
沈まぬ太陽 (人生楽ありゃ苦もあるさ)
久しぶりの映画です。 この映画は、大分前から上映されていて見たいみたいと重いなが...
映画 沈まぬ太陽 感想 (オタクと呼ばないで)
昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系でドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですがこの映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。あと、テレビ朝日系では映画「ドラ...
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...