映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

レスラー  THE WRESTLER

2009-06-22 | 映画 ら行
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞を始め、アカデミー賞ノミネート、
全世界の映画賞54冠に輝いた今年最高のヒューマンドラマの呼び声高く、
ミッキー・ローク久々の主演映画ときたら見ないわけにはいきません。

その上「王様のブランチ」映画コーナーで、リリ子さんの涙ぐみながらの解説と予告編を見て、
私も泣いてしまいました

ま、まずい、予告編で泣いてたら本編みたらどうなるの???号泣ってことになるかもしれん。
いい年をして映画館で目と鼻真っ赤は、恥かしい・・・。
でもDVDまで待ったら半年後だぜ・・・、
と悩んでいた所、プロレス好きの友人ÅO君の
「最後のシーンでは三沢選手がダブって見え涙が止らなくなってしまった」に触発され
ハンカチ(涙拭き用)、ティッシュ(鼻かみ用)サングラス(泣いた後映画館を出る時用)を持って
いざ

                    

       レスラー  THE WRESTLER

                      


     

映画館は3分の2ほど埋まり、年齢層は結構高かったです。
ハンカチとティッシュを握りしめ、準備オッケー


 < ストーリー >
80年代人気レスラーだったランディ・ザ・ラム(ミッキー・ローク)。
今はトレーラーハウスに住み、スーパーでアルバイトをしながら週末プロレスを続けていた。
ある日長年の筋肉増強剤等の使用がたたり、心臓発作を起こしてしまう。
医者にリングに立つことは命取りだと言われ、引退を決意する。
スーパーでの仕事を増やし、一人娘のステファニーとの関係を修復しようとする。
好意をもっていたストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)に冷たくされ
ステファニーとの約束をすっぽかして・・・。


準備万端、いつ泣いても大丈夫!で臨んだにもかかわらず・・・、
予告編で泣いたにもかかわらず・・・、
あれれ?泣かんかった。

泣くより、もう痛そうで痛そうで・・・(いや絶対痛い)、何度も目をつぶってしまいました。
建築用ホッチキスを顔や体にって、何考えてんだよ〜?

「プロレスって最初からストーリーが決まっててショーみたいなものじゃない?有刺鉄線とか
凶器使ってフェァじゃないじゃないし・・・」なんて思っておりました。

レスラーたちはみんなマッチョで強面、恐そうなおにいさんばっかりだけれど、
楽屋での素の彼らは目上のレスラーを敬い、好きな道を追求する真面目な若者たちでした。
前もって筋書きは決めるけれど、ぎりぎりのところまでの真剣勝負。
身を挺して、エンターテインメントに徹して観客を興奮させるんやねぇ。

和泉元彌や泰葉、プロレス参戦!って・・・真面目にプロレスやってる人に失礼じゃないか〜?


しかし、ランディ、何て不器用な生き方なの?
過去の栄光は遠く、トレーラーハウスすら家賃滞納で締め出される始末。
リングを離れると老眼鏡や補聴器をかけ、一人ぼっちの生活が寂しい。

長年ほったらかしてた娘と仲直りしようと訪ねるも、「いて欲しい時に、いてくれなかった」
となじられる。そりゃ、しゃぁ〜ないなぁ。

思いを寄せる馴染みのストリッパーキャシディも、オバサンと言われランディー同様
肉体的な限界を感じている。
上手くいきそうなのにタイミングの合わない二人。

引退を決意して、スーパーでの仕事も増やして、デリでの仕事ぶりはなかなか良いんじゃない〜。
こんな楽しい人がお店にいたら絶対買いに行っちゃうよ〜。
でも人気者からの転落に、世間の風は冷たいねぇ。
体育館でのサイン会、試合で障害をかかえてしまったと思われるレスラー達の姿が痛々しい。

  
     娘のステファニーと
キャシディーに助けられ、やっと娘とディナーの約束を取り付けたのに・・・
キャシディーに優しくしてもらえなかったからって何やってんだよ!
あぁ〜やっぱり。おバカ〜!約束すっぽかしちゃったんだ・・・。
なんで自分でだめにしちゃうかなぁ。
スーパーでも切れちゃって・・・、再びリングへ。
かつての対戦相手みたいにファイトマネーを元手にサイドビジネスとか、
そんな風に要領よくできないからこそランディーなんだろうけれど・・・、
彼の居場所はやっぱりリングしかなかったんかなぁ〜。
男の美学か何かしらんけど、あかん!

やっぱり男目線と女目線では違うのかなぁ〜。
娘の立場やキャシディーの立場で見ると、おバカーーーーとしか言えず、泣けなかった。


しか〜し、本作のミッキー・ロークはスゴイ!
彼の姿からランディーの悲哀が滲み出ていて、彼なくしてこの映画はありえない。
あの体はやっぱりステロイドとか使ってるのかな?どう見てもプロレスラーそのもの。
金髪(染めてたけど)のロングヘアをなびかせて血を流しながら戦う姿は手負いのライオンの様。
ヘアキャップやひっつめシニョンの髪型は妙にかわいかったけど・・・。

かつてセクシーを売りに女性のハートを掴んだミッキー。
ジゴロっぽくて私は好きではなかったけれど、
ボクシングに参戦し、透け透けトランクスに猫パンチで失笑をかった頃から人気が落ち、
1997年「レインメーカー」で別人のような姿を目にしビックリ!
「えっ、あのミッキー・ローク?ただ太っただけじゃないよね?どうしちゃったの?」
その後もちょいちょい出演してるのは知っていたけれど、まさに自分の人生と被る本作で復活!
でも、娘役のエバン・レイチェル・ウッドについて聞かれ、褒め言葉で
「若いのに、あのBit**の演技はスゴイ」と言ったとか。やっぱりミッキーは不良オヤジだね。

     
                         マリサ・・・綺麗だ!   
マリサ・トメイはキュートなアカデミー賞受賞女優さん。
「団塊ボーイズ」では中年のおじさんたちに囲まれながら、変わらぬキュートな魅力を
振りまいていたのに。
この映画ではストリッパー役で大胆な体当たり演技、スリムで綺麗なお体を披露しておられます。
4*歳でここまでしなくても・・・いや、このボディーを維持しておられるのは尊敬です。
お顔も体もお若いです。


にほんブログ村 映画ブログへ


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタートレック  宇宙大作戦 | トップ | NHKさん、どうしちゃったの? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (hash)
2009-06-23 01:16:04
確かに、泣くほど感動という雰囲気ではなかったですね。
不器用な男の生き様に、しみじみするという感じでした。
プロレスも裏側をきちんと見せることで、ランディの哀愁が強調されていて、よかったです。
コメントありがとうございます! (hashさんへ(ryoko))
2009-06-23 09:06:07
ホントに不器用なランディ。
プロレスに対する思い入れ度によっても感想が変わりそうですね。
裏側が見れて、唯のショーでなく命がけの体を張ったエンターテインメントだということがわかってプロレスに対する見方が変わりました。
「私、プロレスの味方です」
Unknown (himagine)
2009-09-13 11:34:52
僕は、完全に号泣メーーンでしたね。笑

この映画、男目線と女目線で、
かなり印象が違うんじゃないでしょうかね。

基本的に、ダメ男が、さらなるダメっぷりを発揮する。
しかし、立ち上がる。みたいな映画は、たまらんですから w

しかしミッキーはヤバかったです。
Unknown (himagineさんへ(ryoko))
2009-09-21 01:40:54
男目線と女目線の違いもあるでしょうが、プロレス好きかどうかも大きいですね。
「ダメ男が、さらなるダメっぷりを発揮」のところで「おばかー」と心で叫んでおりました。
しかし、ミッキー一体何があったんでしょうね?でもミッキーだからこそ共感をよんだ映画ですよね。
デリのシーンはかわいかったです。
ロークにとって、ボクシングは俳優人生において 墓穴を 掘った (zebra)
2011-10-21 01:02:12
はじめまして 

友達とDVDでみました。レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。自分には「プロレスしかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。

ランディを演じたロークは「ランブルフィッシュ」「ナインハーフ」「イヤーオブザドラゴン」など80年代は全盛期でした。
 でも90年代に入ってからロークはボクシングやりたいとプロボクサーをやってたみたいですが、結果は泣かず飛ばず・・・猫パンチとこきおろされる始末です。そのボクシングの影響で 顔がゆがみ、俳優としてのオファーが激減した・・・

 セクシー俳優として80年代は全盛期だったのに ボクシングのために自分から全盛期を捨てちゃって・・・半ばバカだと思いましたよ。

同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知っていますか?こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサージョニー役です。 

 レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー  ふたつの作品のふたとおりの不器用な男を比べながら見るのも 悪くないですよ

Unknown (zebraさんへ(ryoko))
2011-10-22 10:41:31
いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます!
カムバックしたロークを初めて見たとき、昔のちょい悪ハンサムの頃を知っていたので、一体何があったの?!と驚愕でした。
でもよく見ると面影が・・・ファンではなかったけれど、ボクシングが原因でと知りちょっと胸が痛かったです。
不器用で破滅的、地をいく役どころは彼の人生と被って尚のこと見るものの心を動かしましたね。

「ホーム・ボーイ」・・・未見です。DVDを探して見てみます。ご教授ありがとうございました。他にも面白い映画がありましたら教えてくださいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
レスラー (映画のメモ帳+α)
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ロー...
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったの...
レスラー (Movies 1-800)
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた...
【映画評】<!-- れすらー -->レスラー (未完の映画評)
引退を決意した中年レスラーが自分の居場所を見つけるまでを描いた感動のヒューマンドラマ。
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レスラー (ダイターンクラッシュ!!)
6月16日(火) 19:45〜 TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト 三沢光晴追悼会(会社のオッサン4人。)で痛飲した翌日の鑑賞。 ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキ...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
レスラー / 79点 / THE WRESTLER (FUNNY GAMES?)
どうしようもない最低男が生きる理由を求めもがく姿にあなたは何を見るか? 『 レスラー / 79点 / THE WRESTLER 』 2008年 アメリカ 109分 監督 : ダーレン・アロノフスキー 脚本 : ロバート・シーゲル 出演 : ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
レスラー [監督:ダーレン・アロノフスキー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「裏ロッキー検証」と、背中で語らせ正面で泣かせる演出についての雑感
♯38 「レスラー」 (cocowacoco)
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラー...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます) 出演:エヴァン・レイチェル・ウッド  落ちぶれた、かつての人気レスラーの 孤独な生き様とプロレスに賭ける情熱を描いた人間ドラマ。 200...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R−15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...