映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

セッション  whiplash

2015-06-12 | 映画 さ行
J・K・シモンズが本年度アカデミー助演男優賞受賞した本作。
やっと見ることができました。
期待に違わぬド迫力!
最後の最後まで息をつかせぬ展開に、のめり込みました。
本作が3部門(助演男優賞、録音賞、編集賞)しか受賞していないとは!?
それどころか、主演男優賞(マイルズ・テラー)、脚本賞、監督賞(デミアン・チャゼル)にノミネートすら
されていないことに驚きです。
  因みに、主演男優賞は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン、
       作品賞、脚本賞、監督賞は「バードマン」、脚色賞は「イミテーション・ゲーム」が受賞しました。
私としては、上記4作品を見たうえで本作が一番見応えがありました
あっ、助演男優賞受賞のJ・K・シモンズは「スパイダーマン」シリーズではいけ好かない新聞社の編集長
ジュノ」では娘を愛する心優しいお父ちゃんを演じておられた役者さんです。
           
       J・K・シモンズ                 マイルズ・テラー 
マイルズ・テラーはニコール・キッドマン主演の「ラビット・ホール」での控え目な演技とはうって変わって、
ドラマーとして成長してゆく主人公を熱演。

    ***********************

          セ ッ シ ョ ン  WHIPLASH

    ***********************       


 < ストーリー >
名門音楽大学に入学したアンドリュー・ニーマンはジャズドラマーとして一流を目指す若者だ。
ある日大学のフレッチャー教授のバンドにスカウトされ指導を受けることになる。彼に認められれば
一流のドラマーとして前途洋々と練習に励むが、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ
次第に常軌を逸してゆく。フレッチャーの狂気に呼応するように、アンドリューは恋人を切り捨て、
憑りつかれたようにのめり込んでゆくのだが…。

原題の「WHIPLASH」は曲のタイトルであり、「鞭で打つ」という意味。
フレッチャー教授の指導は、まさに「鞭で打つ」スタイルです。



このタイトルでボードレールの短編集「パリの憂鬱」のなかの「貧乏人を殴り倒そう」という
題名の一遍を思い出しました。
大学の英語の先生が「僕のやり方は『貧乏人を殴り倒そう』スタイルです。どういうことが知りたかったら
ボードレールを読んで見よ」と仰って、短編集を買って読み、先生の意図を理解しました。
この先生の授業がそんなに厳しかったのか?記憶はないのですが、学期初めに「たるんでたらあかんぞ!」っと喝をお入れになったのでしょう。授業よりもボードレールのこの題名が記憶に残っています。
哀れにお金をせびる物乞いの男を殴り続けると、最後には物乞いが殴り返してきて倒される。
物乞いに「君と僕は対等だ」と身を挺して激励するというような話だったと思います。

「褒めて育てる」と対極にあるこの教育法。鞭で打たれてなにくそー!負けるもんか!っと立ち上がるか、
打たれて力尽き倒れるか?教わる側の性格にもよるよねぇ。
相撲の世界の「かわいがり」やないですが、こういうやり方はエスカレートしていくと本末転倒、
一線を越え、思いがけない悲劇を生むことにもなりかねません。
後半、フレッチャー演じるド迫力のJ・K・シモンズの顔が般若に見えました。
ここまでやるか…。
そして従順に従い追い詰められたアンドリューは憑りつかれたようにドラムに向かい、性格まで
フレッチャーのように過激にシンクロしていく。
ドラムの叩き方が徐々に早くなるように緊張が高まったところでプッツリ。
緊張の糸が切れ、ドラムを諦めるアンドリュー。
別の道を歩むふたり…これで終わりかと思いきや!? 
再会。なんだか穏やかな会話が交わされ、ホッとしたのもつかの間、
笑顔の裏でとんでもない罠を仕掛けるフレッチャー。
激しいドラムの演奏のなか、舞台の上で繰り広げられるバトルに目が離せません
 
             
フレッチャーは優れた教育者なのか? はたまた狡猾なサイコ野郎なのか? 
最後までこんなに目を見張ってのめり込んだのは久しぶりです。

現実問題として、この後こんな壮絶バトルを戦った二人はどんな会話をし、どういう関係になるのか?
に興味ありです。

若干28歳でこの映画の脚本・監督をしたデミアン・チャゼル。恐るべし!
スピルバーグが「激突」を撮ったのは26歳。
チャゼル監督の次回作、楽しみです。



にほんブログ村 映画ブログへ





 ***** 見た 映画 *****

 6月 9日 「セッション」@TOHOシネマズシャンテ

       「アドバンスト・スタイル そのファッションが人生」@TOHOシネマズシャンテ

 6月10日 「トゥモローランド」@イオンシネマ海老名
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新作の大阪土産 | トップ | 海街diary »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忍んで耐えて・・・ (iina)
2015-06-14 11:54:04
原題の「WHIPLASH」は曲のタイトルであり、「鞭で打つ」という意味でしたか。そんなパーワーハラスメントなシーンが多々ありました。φ(..)メモメモ

忍んで耐えた対岸に、乗り越えた技を会得できるのでしょう。その人の才能を目覚めさせるの大変です。

Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2015-06-15 10:55:17
こんにちは~!
忍んで耐えた対岸・・・向こう岸は遠いなぁ~。対岸にたどり着けず、力尽き川で溺れた屍累々ですね。
あっこまでやらんとあかんのですかねぇ?
ふたりのあいだに主従の力関係がある関係は危険ですね。
褒めて育てるも行き過ぎると問題あり。
教わる側の性格や資質も十人十色。
いずれも程よい塩梅を保つのは難しいです。

こんばんは (りお)
2015-06-17 23:50:19
邦題が「セッション」になっちゃったのは、ちょっと残念です。
「WHIPLASH」だと分かりにくいのは理解出来るのですが、曲名とフレッチャーの指導の仕方も表している訳ですしね。
Unknown (りおさんへ(ryoko))
2015-06-18 01:01:17
こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですね。本作は壮絶です。とても「セッション」なんてレベルではないですね。
演奏する曲名と指導の仕方と懸けた「WHIPLASH」はとても上手いネーミングだと思いました。
でも日本語カタカナ読みだと確かに分かり難いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
セッション  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引....
映画:セッション Whiplash 予想外に見過ごせない、究極の体育会系教師と弟子のガチバトル (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク。 ...
セッション (映画好きパパの鑑賞日記)
 ジャズ畑の人からは評判が悪いですが、それほど音楽にこだわらない僕からすると、最後まで興奮しまくりの傑作でした。登場人物すべてが狂気か嫌なやつというのも、近年にない作品ですし、何より、才能のない人間は死にものぐるいで努力しなければならないという事実を突...
狂気なる仕返しの連打 (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「セッション」を鑑賞しました。 名門音楽学校へと入学し 世界的ジャズドラマーを目指すニーマンは鬼教師として名をはせるフレッチャーの指導を受けることに 完璧な演奏を引き出すためには罵声、暴力をも辞さぬその指導は次第に狂気じみていき… ...
セッション (あーうぃ だにぇっと)
セッション@よみうりホール
セッション (映画的・絵画的・音楽的)
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニー...
映画「セッション」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『セッション』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら76点にします。 ざっくりストーリー 世界的ジャズ・ドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)。伝説の...
『セッション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
『セッション』 (時間の無駄と言わないで)
J・K・シモンズはそりゃオスカー獲るわ。 もうサイコっぷりが堪らない。 罵声飛ばしたり、ピリピリと指導したりと目が離せない。 音楽学校の先生なのにハートマン軍曹みたいだも ...
ジャズは死なず~『セッション』 (真紅のthinkingdays)
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ...
セッション / Whiplash (勝手に映画評)
名門音楽学校での狂気じみたレッスン、そして、その後の生徒と教師の確執を描く。 原題の『Whiplash』は、元々は曲名なんですね。なるほど。その曲が、アンドリューとフレッチャーの接点にもなるのですから、そうかと言う感じもします。邦題もそれで良かったのではないか...
セッション ★★★★ (パピとママ映画のblog)
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙わ...
セッション (♪HAVE A NICE DAY♪)
楽しみにしてました 凄かったわ~~~~~! 面白かった~~! 助演男優賞を獲ったJ・Kシモンズさん 大納得!しました主演でもいいんじゃないの? 鬼教師フレッチャー 黒のTシャツが似合ってる・・・ 腕の筋肉もこの役には必要だわ! 怖いもん~ジェスチャーも怖いし...
セッション (映画に耽溺)
  アマゾン 最安値 音楽   書籍   楽天 最安値 音楽   書籍
セッション/WHIPLASH (我想一個人映画美的女人blog)
昔っから、バンド組んだとしたらボーカルか「ドラムやりたい」ってずーっと思ってたわたし。 すいません。考え甘かった アカデミー賞作品賞ノミネート、(助演男優賞 J・Kシモンズ、録音賞・編集賞受賞) サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞ほか。 ...
『セッション』 (こねたみっくす)
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラムを叩かされているような、この全身に襲い掛か ...
[映画『セッション』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』を彷彿とさせる、情熱や根性、才能や激情の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論...
セッション (心のままに映画の風景)
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが...
セッション (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ みゆき座にて鑑賞セッション/WHIPLASH 2014年/アメリカ/107分 監督: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/ポール・ライザー/メリッサ・ブノワ/オースティン・ストウェル 公式サイト 公開: 2015年04月17日 一流...
セッション (Some Like It Hot)
■「セッション/Whiplash」(2014年・アメリカ) ●2014年アカデミー賞 助演男優賞・音響賞・編集賞 ●2014年ゴールデングローブ賞 助演男優賞 ●2014年全米批評家協会賞 助演男優賞 監督=デイミアン・チャゼル 主演=マイルズ・テラー J・K・...
セッション (にきログ)
さて、またまた映画の感想です ドラマーの映画ということで楽しく見ました あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J...
セッション (いやいやえん)
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入...
セッション (Whiplash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チ...
セッション (銀幕大帝α)
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム・...
映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほ...