映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

「キック・アス」と街のスーパーヒーローたち

2011-01-31 | 映画 か行
昨年見たこの映画、時間が経ってしまったので書かないつもりでいたのですが・・・。
今日(1月30日)何気なく見ていたNHKBShiの「ニューヨーク ウエーブ」にビックリ!
「正義の味方 僕らは街のスーパーヒーロー」って、マジで「キック・アス」じゃない?!

『ある時はホームレスの人たちの援助活動。
ある時は街で市民のために防犯パトロール。
アメリカン・コミックさながらのコスチュームに身を包み、人々の幸せのために働き続ける。』

な、なんと!こうした街のスーパーヒーローの数は、現在全米で200人!ほどいるらしい。
番組はその中のニューヨークで活動する人たちに注目。ニューヨークには約20人いらっしゃるそうです。

「キック・アス」を見たとき、
「アメリカ人って本当にヒーロー好きやなぁ~。どこまでヒーロー好きやねん」とか
「なるほど~、コメディー映画の発想として面白~い」なんて、感想を持ったのですが、
現実にこういう活動をしている人たちがいると知り驚くと共に、突飛な発想というわけではなく
やっぱりみんなヒーローが好き・ヒーローになりたい願望がある、いや、もうヒーローになってるんや~。

番組では、「グリーンホーネット」をイメージした黒い帽子、目マスク、ベストにネクタイ姿の
リーダー的存在の「ライフ」に注目。 
         
      左から「シェイド」「ライフ」「ブラインド・サイド」

NPOで働く26歳の「ライフ」は2007年から活動を開始、週に1回ヒーロー姿で街に現れ人助けをしています。
彼らの「The Real Life Super Hero Project」の3本柱は「治安、奉仕、正義」です。
掃除、ホームレス援助、病気の子供たちの慰問、喧嘩の仲裁など、困っている人たちに手を差し伸べています。
「キック・アス」のように危険が伴いそうな時は警察に通報するそうです。
この活動を通して、自分の弱さや欠点を克服したいと語る「ライフ」。

ダースベーダーのような格好の「シェイド」、忍者のような「ブラインド・サイド」、
動物シェルターの手伝いをする「プラウラー」は女性で、コスチュームはボランティアを楽しむ手段だと言っています。
ヒーロー同士連携し励ましあって「匿名のヒーロー達 Super Heroes Anonymous」を立ち上げています。
人々の幸せのため良い事を実行するのに誰がやったかはたしたことじゃないとのこと。カッコイイ!
             
最近では、ヒーローになりたい人たちが急増しており、説明会を開いてどんなヒーローになりたいか、
コスチュームや名前、善をイメージするシンボルマークの作成の相談にものっているとのこと。

NHKレポーターのはなさんもヒーローに挑戦。
人々に微笑を届ける「スパークル」でシンボルマークはダイアモンド。
彼女曰く「コスチュームやマスクを身に付けると、目に見えない鎧を付けたようで、
       自分じゃない別人格のヒーローという高揚感がある」と。

特殊能力が無くても、現実世界でスーパーヒーローになれる。
まさに、本作「キック・アス」のコンセプトやないですか。

    ***************

        キ ッ ク ・ ア ス

    ***************

 < ストーリー >
ヒーローに憧れる平凡な高校生デイヴは、ネットで買ったスーツとマスクを付けヒーローとして街で
活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるが、捨て身の活動がネットに動画で
流され「キック・アス」として一躍有名になる。ある日、満身創痍で活動を続けるデイブの前に
ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)とヒット・ガールが現れ・・・。

タイトルの言葉、卑語だと思っていたのですが・・・、
「お尻を蹴っ飛ばす」から「うまくいく」とか「活躍する」「迫力満点」、
名詞だと「エネルギー」「力」、形容詞で「カッコイイ」「クール」なんて意味もあるんですね。

本作はR-15指定ですが、準主役ヒット・ガールを演じるクロエ・モレッツちゃんが11歳だか12歳って・・・。
見るのはダメだけど、出演するのはオッケーなのね?

特殊能力が何も無いのに、正義感と気力だけでヒーロー像に囚われ傷だらけのデイヴ。
でもへたれのヒーローが正義感で頑張る姿にグッととくるねぇ。
しかし、予想外の過激なアクションとドンパチ(な~んて死語ですか?)にビックリ!
なるほど・・・R-15になった理由はこれだね。あらゆる武器を駆使しての死闘が繰り広げられ、
11歳か12歳の少女が最強って・・・痛快・スッキリ~というより、呆気にとられどうしでした。

アメリカ以外、ロシアやメキシコにも出没しているらしい「現実世界のヒーローたち」が
キック・アスのような事件に巻き込まれないで、身近なボランティア活動から善意の輪が広がることを
祈って止みません。
頑張れ!街のヒーローたち!
日本で出没するとすれば・・・渋谷かな?


因みに、10月13日は「ヒーローの日‘Day of Superheroes’」らしいです。
何で10月13日???




にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 1月30日 「抱擁のかけら」DVD ぺネロぺ・クルス主演

 1月31日 「やさしい嘘と贈り物 Lovely, Still」DVD マーティン・ランドウ、エレン・バースティン主演

       
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白いリボン | トップ | 人生万歳!  Whatever works »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-17 18:11:27
主人公は、キック・アスですが
いつの間にか、目線は
ヒット・ガールに釘付けに
なってしまった。
続編をちょっと期待しています。
反応が遅くって・・・すみません。 (シムウナさんへ(ryoko))
2011-05-06 01:05:36
まさかあんなカワイイ子が!・・・っていうのでやっぱり度肝を抜かれましたね。
11歳であんなこと言って暴れまくっていいのでしょうか?おばちゃんはちょっと心配です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
キック・アス (LOVE Cinemas 調布)
ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監...
「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キック・アス] ブログ村キーワード  “なりきりヒーロー・青春ムービー”「キック・アス」(カルチュア・パブリッシャーズ)。『オタクが狂喜する、カル~イ映画かいな?』と、思っておったのですが、これが何ともなかなかハードな出来でございました。  デ...
キック・アス (そーれりぽーと)
リアルスーパーヒーローになろうとした青年を描いた話題の『キック・アス』を観てきました。 ★★★★★ なんでスーパーヒーローってコミックの中だけなの? こんなにコミックのスーパーヒーローに憧れてる人が多いのに、なんで自らなろうと思う人は居ないの? と考えた...
キック・アス (佐藤秀の徒然幻視録)
ハート・ウォーミング・バイオレンス 公式サイト。Kick-Ass。マシュー・ヴォーン監督、アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコ ...
キック・アス【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:キック・アス 制作:2010年・イギリス/アメリカ 監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ あらすじ:コミックオタクでスーパ...
映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコメディーだった..... ア...
キック・アス (Memoirs_of_dai)
ヒット・ガールとレッド・ミストの共通点 【Story】 コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、“キック...
「キック・アス」 スーパーヒーローの条件 (はらやんの映画徒然草)
2011年の最初の観賞作品は・・・「キック・アス」! 実は年末に観に行こうと渋谷
キック・アス (試写会) (風に吹かれて)
こんなところにバズーカが 公式サイト http://www.kick-ass.jp12月18日公開アメリカンコミックの映画化監督: マシュー・ボーン 「レイヤーケーキ」 「スターダスト」製作には、ブラ
「キック・アス」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
おっと、意外なところから問題作が出てきたわね。 問題作?ヒーローになりたかった軟弱少年と、ヒットガールになった強烈少女が暴れまわる痛快娯楽活劇だぜ。シンプルな構造とスピーディーな展開は賞賛こそされ、問題作なんて言われる筋合いのものじゃない。 その彼女の....
《 キック・アス 》 (映画 - K'z films -)
「正義の心で 悪をKILL!」 [Official](C) 2010 KA Films LP. All Rights Reserved. ブラッド・ピットが代表を務める映画製作会社、プランBエンターテインメントの最新作。スーパーヒーローに憧れる青年の奮闘を描いた同名コミックの映像化で、豪華&注目のキャス...
キック・アス (とりあえず、コメントです)
マーク・ミラー原作のアメコミを映画化したアクション・ムービーです。 コスプレの主人公たちが闘っている予告編を観て楽しそうだなあと思っていました。 予想以上に人がどんどん死んでいく展開にキャ~と思いながらも、つい笑ってしまうような作品でした。
キック・アス (Movies 1-800)
Kick-Ass (2010年) 監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ストロング、ニコラス・ケイジ なりきりヒーローの高校生が、本物ヒーローと犯罪組織との戦いに巻き込まれていくアクション・コメディ。 予想以上にバイ...
【キックアス (2010)】 禁断の果実 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
■『Kick Ass』予告編(Youtube) 春頃にまさかの全米初登場No1をとった話題の映画『Kick Ass』を日本公開前に鑑賞する好機に恵まれました。R指定のぶっ飛び映画らしくホクホク喜び勇んでの鑑賞です。 特殊能力などない普通の人々がヒーローとなって活躍するというちょ...
『キック・アス』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 キック・アス 』 (2010)  監  督 :マシュー・ヴォーンキャスト :アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロン...
『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? (映画のブログ)
 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。  しかしなが...
キック・アス (心のままに映画の風景)
アメコミ好きの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、インターネットで買ったコスチュームを身に纏い、憧れのスーパーヒーローとして街で活動しようとする。 何の能力もないデイヴだったが、捨て身の姿...
■映画『キック・アス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴーストライダー』よりずっとハマってるよ…。 アメリカ人...
キック・アス (Kick-Ass) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル...
キック・アス/Kick-Ass(映画/DVD Blu-ray) (映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評)
[キック・アス] ブログ村キーワード正義の心で悪をKILL特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救うキック・アス(原題:Kick-Ass)満足度:★★★★★ ...
キック・アス (RISING STEEL)
キック・アス / KICK-ASS 2010年 アメリカ/イギリス合作映画 監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット  クリス・サイキエル  アダム・ボーリング 原作:マーク・ミラー...
No.249 キック・アス (気ままな映画生活)
【ストーリー】 同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きな ...
【映画】キック・アス…色々と不謹慎だった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィーク後半の初日です(※うちの会社はほぼ暦通りに働かせるので、長期連休なんて事はまず無い)。…そう言われればもう5月になっているではありませんか…先日年が明けたばっかりのつもりなのに早いモノです 本日2011年5月3日(憲法記念日・火曜日)の過ご...
『キックアス』(映画)(2010)ー新たな普通のヒーローの誕生、そしてもちろん僕らはヒットガール (マンガデシネ)
 この『キックアス』シリーズ、原作のコミックで存在を知って読んで、ずいぶん面白かったのだが、その後で映画を観た記憶が曖昧だった。さいきん続編である『キックアス・ジャ ...