映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ブラック・スワン

2011-05-12 | 映画 は行
昨日「ブラック・スワン」公開初日のチケットをオンラインで取り、楽しみにしていたら・・・
朝のワイドショー「スッキリ」でオープニング約7分半をノーカットで放送。
思わず見ちゃったけど、折角これから~と楽しみにしているのに・・・どうなのこの宣伝方法?

映画を初日に見るってあまり無いのですが、初日限定プレゼントを頂きました。こんなのあるんだ~。
          
         黒いリボンで巻いて              結構大きなポスターです

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲得した話題作でTVスポットで予告編放送。
初日がレディースデイの水曜日ときたひにゃ~、女性で満席です。


     *****************

         ブ ラ ッ ク ・ ス ワ ン 

     *****************

 < ストーリー >
ニューヨークのバレエカンパニーのダンサー二ナ(ナタリー・ポートマン)は元ダンサーの母と共に
バレエ命の生活を送ってきた。現プリマのべス(ウィノナ・ライダー)引退に伴い、「白鳥の湖」のプリマに
新人が抜擢されることになる。対照的な白鳥と黒鳥を演じる者が勝者となるが、官能的な黒鳥が踊れず
苦悩する二ナ。セクシーな新人ダンサーリリーの出現にますます動揺する二ナ。
果たしてプリマを踊るのは・・・?

         
         白鳥のナタリー                黒鳥のナタリー 
バレエ物って昔から少女マンガやドラマの題材として馴染み深いものがあります。
主役の座を巡って繰り広げられる熾烈な競争、露骨なイジメがあったり、ライバルを蹴落とす為に
トウシューズに画鋲を入れるだの、足を引っ掛け怪我をさせるだの、・・・。
「陰湿~、バレエの世界って怖い~」な~んて思ってたもんです。
当時のドラマでも「白鳥の湖」をテーマに腕の動きを鳥のように滑らかに~とか、
雑巾の上にトウシューズで立って、雑巾を引っ張ってもビクともしないように立つ練習な~んて
シーンがありましたっけ。

本作もそんな主役をめぐる根性系か陰謀系かと思ったら、
何ともオドロオドロしいサイコスリラー。いや、もはやホラーです
ライバル心を相手に向けるのではなく、勝手な妄想に取り付かれ自分の心の中の邪悪なものに翻弄され
一人相撲で勝手に自滅。 

ナタリー演じるニナは母の過剰な愛情?の下で、大切に大切に育てられバレエだけをしてきた娘。
ぬいぐるみに囲まれ、大人になりきれない、幼い少女のよう。
こんな子に、王子を、観客を、妖艶に誘惑しろ!ったってあ~た、無理ってもんよ。
誰よりも真面目に練習を積み、正確な技術を身につけていても面白みに欠ける。
ギスギス痩せた不感症女って・・・キツイなぁ~。
いい年をした娘に、この母親も目を配るというより監視をしている感じ。
自分の夢を娘に委ね夢の実現のために娘を道具にする母。
しかしいざその夢が実現しそうになると・・・あなたには無理と言う。
母の夢を自分の夢として取り込み、それが自分の人生だと思い込む娘。
というより、他に選択の余地があることすら気が付いていない感じ。
「ママのいい子」の枠から飛び出せず、もがき互いに傷つけあう。まさに共依存の関係です。
そんなストレスから自らの肉体を傷つける二ナ。

この母娘の関係を見ていると、怖くって息が詰まりそうです。
 
     幻覚を見る二ナ                        ライバルのリリーはセクシー

その上、ライバルと火花を散らし 技術監督にはセクシーになれと追い込まれ、
目標にしてきた元プリマのべスの変わり果てた姿にますます恐怖を募らせる。
あぁ、強迫性障害境界性人格障害か?
「白鳥」を踊るのに、がんじがらめで飛べないって、何とも皮肉。

母の呪縛は「白鳥の湖」のオデット姫が悪魔にかけられた呪いのよう。
オデットの呪いを解く方法は男性に愛を誓ってもらうことなのに・・・二ナ、そっちへ行くか
白鳥の最後はやっぱり・・・悲劇。

母娘の関係では、ホラー映画の「キャリー」を思い出しました。

二ナの妄想の世界と現実との交錯を、映画を見ている観客も共に体験させられ疲れました。
もう一度見たいか?と聞かれたら・・・・正直、もういいかなぁ。


ナタリーは9キロも減量したって・・・もともとあんなに細いのに。
どこから9キロも落とせたんでしょう? まさにバレリーナの体型です。

実際のバレリーナさんは毎日の練習と食事管理で、とってもストイックのようです。
リリーのような生活でバレリーナはどうなんでしょう?
草刈民代さんのヌード写真を新聞の広告で見たとき、
「鍛え上げた肉体って美しい~!」と全く贅肉の無いアスリートの肉体の美しさに感嘆しました。
バレリーナの「贅肉なし、胸もなし」という潔い体型からは、セックスアピールは・・・感じません。

ウィノナ・・・こんな役で出ていいのか?!



にほんブログ村 映画ブログへ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェイソンとアルゴ探検隊の... | トップ | デザインフェスタ vol.33@... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Roko)
2011-05-16 23:49:43
ryokoさん☆こんばんは
ただのバレエ映画じゃありませんでしたね~!
この監督は「レスラー」の方ですよね。なかなかの曲者ですね。
そしてウィノナのこと、やっぱりそう思いましたか?
Unknown (Rokoさんへ(ryoko))
2011-05-17 00:35:15
Rokoさ~ん、いらっしゃいませ
コメントありがとうございます。
予告でイメージしたのと違いました。
「レスラー」も本作も、最後は主人公のジャ~ンプ!、この監督さんの好みでしょうか?
ウィノナ・・・Rokoさんもやはり・・・こんな役を引き受けたら、もうホラーしかないんじゃなかろうか?と心配です。可愛かったのに

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブラック・スワン (本と映画、ときどき日常)
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン     ヴァンサン・カッセル     ミラ・キュニス もう全編に渡ってサスペンスがみなぎっています。 それに主演のナタリー・ポートマンがすごいイイ! これだけのバレエをするには大変な練習をしたん...
ブラック・スワン  監督/ダーレン・アロノフスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  ウィノナ・ライダー 【ストーリー】 ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに...
『ブラック・スワン』 | バレエ映画と思っていたらホラーでした。 (23:30の雑記帳)
いや~、とんでもない怪作でした。 2分で分かる『ブラック・スワン』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレしてます!) ニナ(ナタリー・ポートマン)は「白鳥の湖」の主役 ...
ブラック・スワン (佐藤秀の徒然幻視録)
と言うよりブラック・タイガー 公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ ...
ブラック・スワン / Black Swan (勝手に映画評)
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
ブラック・スワン (voy's room)
 第83回アカデミー賞「主演女優賞 」受賞!ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ。既に引退した元バレリーナで、娘を熱心にサポートしている母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしていた。そんな折、芸術監督のト...
ブラック ・スワン (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
ブラック・スワン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10)(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)...
ブラック・スワン (Memoirs_of_dai)
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
ブラック・スワン (風に吹かれて)
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
映画 「ブラック・スワン」 (Roko's Favorite Things)
 ナタリー・ポートマンは、この映画の為にかなりトレーニングを積んだのだそうですが
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさにこのバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」「...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
「ブラック・スワン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ブラック・スワン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ、クセニア・ソロ、クリスティーナ・アナパウ、ジャ...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
ブラック・スワン (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月22日(日) 18:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。...
追いつめられて・・・ (笑う学生の生活)
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 ...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
どうしようかなぁ~? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった~。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ブラック・スワン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
「ブラック・スワン」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆REFLEC)
トウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリという音・・懐かしいな。あれは古いクッキーの缶だった。白に青のストライプの平たい缶。10歳の私はピンクのトウシュースを履いていた。 お母さん、怖...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
ブラック・スワン 怖かった~妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
映画「ブラック・スワン」を見ました(サイコホラーと聞いていたが官能映画?) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ブラック・スワン」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思いま
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...