映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

宇宙人ポール  PAUL

2012-09-26 | 映画 あ行
DVDの発売を待ってました。
サイモン・ペグのファンなんです。
最近は「スター・トレック」や「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコール」など
ハリウッド大作にも出演しています。
しかし「ショーン・オブ・ザ・デッド」のおバカコメディーなんだけど何だかちょこっと感動ホラー、
「ホット・ファズ」のおバカコメディーだけどサスペンス、な感じが好きです。
本作は、おバカコメディーだけどちょこと感動SFファンタジーかな。



          *******************

              宇 宙 人 ポ ー ル    PAUL

          *******************

          

< ストーリー >
SFコミックオタクの英国人、イラストレーターのグレアム(サイモン・ペッグ)とSF作家のクライヴ
(ニック・フロスト)はアメリカで開催されるコミコンに参加するためアメリカにやって来た。
キャンピングカーでUFOの聖地巡り中、ネバダ州の「エリア51」付近を通過したところ、
宇宙人のポールに遭遇。60年間政府の施設に拘束されていたがいよいよ解剖されることになり
逃げ出したのだという。仲間に連絡を取り、故郷に帰る手助けをしてほしいと頼まれた二人は
引き受けることにするのだが、追手が迫り・・・。

       

「未知との遭遇」や「E.T.」へのオマージュ? リスペクト?なコメディーです。
ポールを追いかける捜査官ゾイルにジェイソン・ベイトマン。
そして捜査官ゾイルに音声で指示を与える上司で最後に登場するのがシ○ニー・ウィー○ーってのは
やっぱりSF映画繋がりなんでしょうか?
昔のSFコミックに詳しかったらもっともっと笑えるんだろうなぁ~。

60年間アメリカ政府に拘束され、すっかりアメリカ人ぽくなった宇宙人ポール。
英国人2人との珍道中が笑えます。
ジョーク飛ばし、二人をからかい、途中から「宇宙人」ということを忘れてしまいそうでした。

立ち寄ったトレーラーキャンプで出会うのは、如何にもアメリカの田舎にいそうな
コチコチのキリスト教原理主義者の父と娘。
左目に障害のあった娘は宇宙人ポールの奇跡で目が見えるようになる。ミラク~ル!
この奇跡で娘はすっかり変貌、その脱洗脳の過程がおかしいのですが、これってキリスト教の神から
新たな神に宗旨替えしただけなのかも?
そういえば「目から鱗」語源、「新約聖書」に出てくるパウロの英語読みは「ポール」じゃないですか!
        参照 → 「 ローマ帝国に挑んだ男 パウロ


地球を離れる前にポールが会いたがった女性のエピソードが「ジュマンジ」とデジャブでした。

アメリカ文化をリスペクトしつつコケにする、英国人のユーモアあふれる映画です





にほんブログ村 映画ブログへ







 ***** 見た 映画 *****

 9月26日 「テイク・シェルター」DVD
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バルセロ~ナ@スペイン 初日・... | トップ | いよいよ 旅の最終日 ・・・⑭ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
宇宙人ポール (風に吹かれて)
SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬
宇宙人ポール (あーうぃ だにぇっと)
宇宙人ポールを下町コメディ映画祭で観てきた。 9月18日@浅草公会堂。 席が最前列でちと疲れた。 上映前にイベントがあった。 内容はそこそこ良かったんだけど長い。(笑) 終映後に一杯やって帰ろうかと思っていたけど疲れたのでやめた。
「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE (はらやんの映画徒然草)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
宇宙人ポール (心のままに映画の風景)
SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。 途中、ネバダ...
宇宙人ポール (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「今年なんばあわんだった ホットファズ!!」 「今年一番っつ
宇宙人ポール (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙人はつらいよ 公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...
宇宙人ポール  監督/グレッグ・モットーラ (西京極 紫の館)
【出演】  サイモン・ペッグ  ニック・フロスト  クリステン・ウィグ  セス・ローゲン(ポールの声) 【ストーリー】 1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは、アメリカ・サン....
宇宙人ポール (映画的・絵画的・音楽的)
 『宇宙人ポール』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)コメディタッチのSF物ながら、なかなか評判がいいというので、見に出かけた次第です。実際にも、実に楽しい作品でした。  イギリスからやってきたSF作家クライブ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレア....
映画:ポール Paul オフビート系のくせに「モテキ」に対抗できる、今年有数のコメディか?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SFオタクなイギリス人青年×2人、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ=MI4の100倍いい)がアメリカのUFOスポットを巡るロードムービー。 ところが宇宙人ポールに出会っちゃうことで、一気に派手な展開に... この宇宙人ポールの個性がと...
「宇宙人ポール」こうでなくっちゃ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうせ「エリア51」から逃げ出した宇宙人もので、しかもスピルバーグをリスペクトするなら、こうでなくっちゃ! 笑いあり涙ちょびっとあり、ジョークのセンスもなかなかのもの。 したまちコメディ映画際の『映画秘宝まつり』で上映。 久しぶりに面白い映画を観たyo☆
宇宙人ポール (Paul) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ 2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★ そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付け...
宇宙人ポール / PAUL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で人気のコンビ、 サイモン・ペッグ&ニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディーで帰って来た 全米で今年の3月公開。日本ではしたコメ映画祭で秋に...
グレッグ・モットーラ監督 「宇宙人ポール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
あけましておめでとうございます。 稚拙なブログですが… 本年もまた、宜しくお願いしますm(__)m 早速、今年一番最初のレビューですが 新年ですから、楽しい映画が良いなぁ~と言うことで、この映画を観てきました。 オフィシャルサイト⇒http://www.paulthe...
【映画】宇宙人ポール…コミコンと宗教がツボ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 2013年2月21日(木曜日)には、修理に出していた車が戻ってきました 既に代車に慣れて、自分の車の操作でチョイチョイ悩むのは困りモノです 2013年2月23日(土曜日)は、朝から一人で山口県の理髪店まで散髪に行ってきました。 凄く天気が良かった...