映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ウォンテッド  WANTED

2008-09-25 | 映画 あ行
実は公開前(9月20日)に記事をアップしたくて久々に先行上映へ
なのに・・・17日に「おくりびと」を見たばっかりにそちらの記事を先にアップ。
「ウォンテッド」が後回しになってしまいました。

予告編でスゴク、すご〜く興味を惹かれたこの作品。
最近の予告編ってなかなかの盛り上げ上手。
以前「ジャンパー」の予告で期待膨らみ過ぎたのか、見てがっかりした時の悪夢が蘇る。
「ハンコック」も、意図的にシャーリーズ・セロンを出さず、
ウイル・スミスの明るいキャラヒーロー物?なんて勝手に暴走してしまったしなぁ〜・・・
果たして今回は大丈夫?

         

 * 覚醒せよ、新次元へ。 *
   

映画を見終わってから、頭がふわりふわり
覚醒を通り越して、目、めまいが〜?
おいおい、ポケモン症候群じゃああるまいな〜?
「お部屋を明るくして、一定距離を保ってね」って映画館じゃあ無理
一生懸命目を凝らして見すぎたかも・・・ちっちゃい子供じゃあるまいし?


*****************

     ウォンテッド  WANTED


*****************

         

最近ファンタジー映画がなりを潜めたと思ったら・・・コミック原作ヒーローものが相次いで公開。
この映画はグラフィック・ノベル原作ですって。 ん?
グラフィック・ノベルって何ですか???コミック?、小説?漫画ってことですか???
カタカナ使わず分かりやすい表記を求めます
コンフィチュールってジャムでしょ!ドルチェってデザートだよね。(言い換えてもカタカナ・・・)
コンシェルジュ(案内係)って、コンセッション(売店)って、何じゃらほい〜?
カタカナ使たらええのんかい?
少々八つ当たり気味・・・


 < ストーリー > シネマトゥデイさんより

恋人にも友人にも裏切られ、いいように利用され、上司の女性からもガミガミ言われ、
自分の人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。
そんな彼の前に突如現れた謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)。
ウェズリーの亡き父が秘密の暗殺組織の一員で、
すご腕の暗殺者だったが殺害されたという事実告げる。
訳もわからず組織に連れて行かれ、ウェズリーは組織を継承する立場にあると言い……。


秘密結社もアメリカ映画の大好きなテーマの一つ。
ナショナルとレジャーの「フリーメイソン」、
ジャンパーの「パラディン」
ダ・ビンチコードの「テンプル騎士団」
現在撮影中?の天使と悪魔(「ダ・ビンチコード」の前作)に出てくる「イルミナティー」
グッド・シェパードの「スカル・アンド・ボーンズ」
そして本作は1000年の歴史を持つ「フラターニティー」

「フラターニティー」って、ギリシャ文字のアルファやデルタ、オメガなんかを名称に付けた
大学の友愛組織じゃなかったっけ?
それ以外にも、同業者組織にもfraternityを使うのですね。


「アキレスの時代以来、神に変わり『運命の意思』を実践してきた秘密の暗殺組織“フラタニティ”。
羊のように群れて生きるか、それとも潜在意識のなかの狼を目覚めさせるか、
逃れようとしても無駄だ、すでに運命は選択されているのだ。
我々の目的は世界の秩序を守ること。“1を倒して、1000を救う”君は我々の最後の望みだ。
今こそ、その能力を覚醒させなければならない。さあ、仲間になろう」
って、この組織は何なんだー?
か、神に変わってだ〜〜!?大きく出たね〜。
「月に変わって、おしおきよ〜」ってセーラームーンかい?
どこかからの指令?織物工場の糸の織りにあるって・・・飛ばした網目の暗号が暗殺指令?!
「1を倒して1000を救う」とフォックスの組織加入のいきさつ話を聞いたとき、
トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督の近未来映画「マイノリティ・レポート」を思い出しました。
起こってもいない犯罪のために抹殺されるのは、やっぱり納得いかんよね。
深く追求するのは止めましょう。
この映画はあ・く・ま・でアクションを楽しむ映画です。ハイ。


「ハエの羽を撃て」ってまるで宮本武蔵やね。箸で挟むのとどっちが難しいのかしら?

暗殺集団の一員になる為に、特訓・特訓また特訓
殴る・蹴る・刺す、まるでサンドバッグ状態。
回復風呂で回復しても、またぞろサンドバッ〜グ。いやぁ〜、めっちゃ痛そう
回復風呂ってパラフィンパックみたいじゃない?超高性能高圧酸素室みたいなもんかしら?
私も回復風呂入って、元気ハツラツ〜になりたいよ。


全編こんなのあり?の連続。アドレナリン、ドバーと出まくりです。
弾道が曲がる・・意志の力で曲げろってあ〜た
大音響とこれでもかこれでもかというありえないアクションの連続

見終わって何かが残るわけでも、感動があるってわけではなく、
大スクリーンでアクションを楽しまんかいって映画です。
監督は・・・ロシア人?ほぅ、虎退治のプーチンも真っ青だぜ。


アンジェリーナ・ジョリーはこういう怖い顔したアクションが似合うな〜
笑顔を見せられても裏があるやろ?と勘繰らずにいられないような役、いいね!
アンジェリーナの目力はスゴイ!
あんな目で見られたら「蛇ににらまれた蛙」身動きできないよ、固まる
アンジー扮するフォックスだけが「フラターニティー」の掟を守ったんだね。
モーガン・フリーマンには騙されたよ・・・


ジェームズ・マカヴォイの快進撃は凄いですね〜。
「ナルニア国物語」
「ラスト・キング・オブ・スコットランド」・・・人食いアミンにとんでもない目に、これも痛そうでした。
「つぐない」ではキーラ・ナイトレーとのラブシーン。
そして本作、次々と主役です。

最初は風采の上がらない情けない奴。悪くないのに「アイム・ソーリー」が口癖
ところが・・・日頃鍛えていらっしゃる?服の上からでは想像できないほどのマッチョ
最後には筋肉隆々で顔つきも別人のよう、
しっかりクールな殺し屋の風貌になってはりました役者やなぁ。

おぉ、懐かしのテレンス・スタンプ。枯れて渋い!


質問です。
あの紡績工場やフラターニティーの本部のロケ地はどこなのでしょう?
御存知の方いらっしゃいましたら、お手数ですがお知らせくださいませ



それにしても話題の人を吹き替えとかプロモーションに使うの、もう止めませんか?
DAIGO(竹下元首相の孫)のプロモーション活動ははっきり言ってマイナスです。キッパリ!
プレミア試写の様子や彼のCMで、予告編で作り上げたイメージが完全に壊れたように思います。
何故DAIGO?
映画とイメージ合わんでしょう?


にほんブログ村 映画ブログへ



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おくりびと | トップ | ファースト・フード・ネイション... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仰るとおり…。 (mori2)
2008-09-26 01:54:08
TBいただきました。
仰るとおり、DAIGOはやめてくれ〜!ですね。
何でも売れてる奴を使えば、イイってもんじゃ
ないと思いますわ。
ですよね〜。 (mori2さんへ(ryoko))
2008-09-28 00:56:25
DAIGOはあっか〜ん。
ウォンテッドのイメージが・・・ガラガラ崩壊
吹き替えにはプロの声優さんを。
キャンペーンに日本のタレントはいら〜ん、ですね。
こんにちは〜 (バラサ☆バラサ)
2008-09-28 16:39:48
「ジャンパー」「ハンコック」は、騙されましたよね。おかげで、期待しないで行ったので、今回はガッカリ感も少なくすみました。
三部作になるとのこと、マカヴォイしかいないのに、どうするのでしょう?

「ジャンパー」も「ハンコック」も続編がある説がありますが・・・
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-09-28 19:14:13
こんにちは
この映画は、娯楽アクションに徹底した映画でしたよね

主人公のヘタレ男、ウェズリーの変身っぷりが
一番の見所なのかもしれませんが、
最後まで掟を信じて自分の信念を貫き通した
硬派なアンジーが一番素敵でした

私が苦手とする痛々しい場面満載の映画でしたが、
二転、三転する物語に退屈する事なく、
あり得ない中でも、案外楽しめた作品でした
こんばんは〜! (バサラ☆バサラさんへ(ryoko))
2008-09-28 20:53:39
はい、「ジャンパー」「ハンコック」にはすっかり、見事に騙されました。
この映画ではDAIGOにイメージ壊されてました。
えぇ〜、3部作なんですか?
とりあえず、「ウォンテッド」の続編なら見ちゃうかなぁ。
コメント、ありがとうございます! (テクテクさんへ(ryoko))
2008-09-28 21:07:54
こんばんは
はい、ありえな〜いアクションを楽しむ映画でしたね。
頭ふらふらしましたよ

アンジー、黙して語らず行動派、唯一掟を守り通しましたね。
3部作らしいですが、アンジーもモーガンも・・・どうするんでしょう?まさか回復風呂な〜んてことないですよね?
コメントありがとうございました (ブラトラ)
2008-09-29 02:25:49
初めまして!
どぅみても 他の映画班ブロガーとは毛色の違う我がブログにコメントを残していただきありがとうございます 勇気ありますね!w

何と言うか「ありえないアクション」満載の映画でしたね 製作陣が「こうしたら面白いだろう」ってのをそのまま見せてくれた感じがしました

回復風呂 誰か本当に開発しませんかね〜?
でも高そうだけど…
コメントありがとうございます。 (ブルトラさんへ(ryoko))
2008-10-01 22:45:24

>勇気ありますね!w
はい、少々向こう見ずなところがあるかも
外見に反して(失礼)非常に真面目なコメントでしたよ。
回復風呂、私も欲しいです〜。
ダイエットのパラフィンパックみたいだったけれど・・・。
ryokoさんコメント&TB有難うございます (hide)
2008-10-02 16:57:22
『映画と秋葉原と日記』のhideです
ryokoさんコメント&TBを本当に有難うございます
( ̄▽+ ̄*)アンジーはカッコ良かったですね。彼女のアクションは、艶があってゾクゾクするので大好きです
マカヴォイのヘタレから暗殺者として覚醒していく様も意外に面白かったですし・・・
まあ細かい事は抜きにしても楽しめました。

ただ続編は出来難い終わり方に若干感じたのは残念だったです
コメントありがとうございます。 (hideさんへ(ryoko))
2008-10-05 01:21:46
アンジーは獲物を狙うハンターの眼、凄い眼力!
マカヴォイの変身後のマッチョな肉体にびっくりです。「アイムー・ソ〜リ〜」と言ってた人へたれとは思えません。
この映画のために鍛えたんでしょうか?
3部作のようですが、アンジーやモーガンくらいインパクトのある人って誰なんでしょうね?
Unknown (masako)
2008-10-08 17:49:28
DAIGO、結構イケメンなのになぜか見ると笑ってしまいます。。。そしておっしゃるとおり、映画のイメージには合ってない。なんで彼を起用したんですかね〜。

映画はかなりハチャメチャな展開でしたが、アンジーが格好良かったし楽しめました。
Unknown (nasakoさんへ(ryoko))
2008-10-11 15:02:26
コメント、ありがとうございます。
映画の宣伝ってその時話題の人を起用するパターン多いですよね。
でもこれはあかん。
「何たらウイッシュ!」と皮手袋交差するあのキメ台詞は、クールではなく笑いを取るポーズになってますもんね。コメディーのプロモーションじゃないんだから・・・
とんでもストーリーでしたが、アクションとアンジー+マカヴォイで楽しめました
おじゃまします (ピロEK)
2009-06-21 22:11:42
おじゃまします。

>グラフィック・ノベルって何ですか???

グラフィックノベルってのは挿絵が中心の小説だと私は勝手に思っていたのですが(それだと適切な日本語訳が無いから仕方ないと)、どうも最近ではそうでもなくて、普通にコミックじゃん…ってな内容のものも同様に呼ばれていたり(それこそ日本では滅亡した“劇画”の英訳かも??)、日本のコミックをそう読んでいたり…と、明確じゃないみたいです。
子供向きのマンガと一線を隔したいときに使われちゃう言葉なんじゃないですかねぇ、もしかすると。

では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
おいでやす。 (ピロEKさんへ(ryoko))
2009-06-23 00:36:12
私の疑問にお答え頂き、ありがとうございます。
大人向け、劇画風、挿絵が多めの小説ってことで落着ということにしておきましょう。

今朝NHKの「おはよう日本」で、「フットパス」なる言葉が出てきました。はて?フットスパの間違いかと思っていたら・・・、footpath:歩道っつうか田舎の舗装されていないような車の通らない所を歩いていく道ってことでした。
何だかよくわからない言葉がカタカナで氾濫してますねぇ〜。困ったもんだ。
ウォンテッド ロケ地 (通りがかりの者)
2011-03-10 11:38:24
最初、チェコ共和国で撮影された。後にシカゴをイメージしたセットで撮影されたシーンと合成された。

Production began in April 2007, with filming in the Czech Republic to later superimpose the sets on images of Chicago.


【ウォンテッド】英語版ウキィペディア
http://en.wikipedia.org/wiki/Wanted_(2008_film)

Unknown (通りすがりさんへ(ryoko))
2011-03-18 00:58:25

おぉ〜!2年も前の質問にお答えいただき、ありがとうございます。
チェコはプラハの元砂糖工場でしたか。ハンガリーのブタペストでもロケしたのですね。チェコやハンガリーは美しい街並みだそうですね。建物も重厚で・・・行ってみたいです。
時々質問を投げかけています。また、通りすがりにご教授いただければ嬉しいです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【2008-214】ウォンテッド (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 1を倒して、1000を救う 覚醒せよ 新次元へ──。
「ウォンテッド」弾丸が曲がる! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年9月7日18:43 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。    ロシアの新鋭、ティムール・ベクマンベドフ 監督のハリウッド進出第1弾。「ウォンテッド」(東宝東和)。相変わらずアンジー姐さんは、エロカッコイイ!(^^;  ...
ウォンテッド (ダイターンクラッシュ!!)
9月14日(日) 18:55〜 日劇1 料金:1000円(14日TOHOシネマズデー) プログラム:600円(買っていない) 『ウォンテッド』公式サイト 超能力を持つ暗殺集団の映画。 ありきたりのアクションだろうとたいして期待していなかったんだが、結構面白かったぞ。 コミッ...
★「ウォンテッド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 「川崎チネチッタ」でマカヴォイものを。 日本語吹替え版も竹下登元首相の孫のDAIGOが主人公の声で出てるけど、 ひらりん的には字幕版をチョイス・・・レイトショウはたいてい字幕のみなのね。
劇場鑑賞「ウォンテッド」 (日々“是”精進!)
「ウォンテッド」の先行上映の字幕版を鑑賞してきましたM・ミラー&J・G・ジョーンズ原作のグラフィックノベルを、ロシアで大ヒットした「ナイト・ウォッチ」で注目された、ティムナール・ベクマンベトフが映像化。法で裁けぬ悪人たちを抹殺する暗殺組織フラタニティ。...
ウォンテッド+イキガミ&生活維持省 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 マーク・ミラー/J・G・ジョーンズ原作のコミック“Wanted”の映画化。ティムール・ベクマンベトフ監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン。最近、話題の「イキガミ」盗...
[映画『ウォンテッド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆予告編を見る限り、『マトリックス』シリーズと『ジャンパー』を混ぜたような印象を感じていた。 私にとってはどちらもパッとしない作品なので、あまり期待せずに観に行った。 ・・・うん、しかし、面白かった^^    ◇   ◇ つまらない人生を送っていたヘタ...
ウォンテッド (Akira's VOICE)
ネズミに合掌。  
ウォンテッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告に魅せられて、スッゴク、スッゴ〜ク楽しみにしていた映画【story】上司に怒鳴られ、恋人には同僚と浮気され、何もかもにウンザリしていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた美貌の殺し屋フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウ...
掟も綻びも定めのもとに (MESCALINE DRIVE)
画図百鬼夜行に「頼豪の霊鼠と化と、世に知る所成」とあるのは、鉄鼠である。 「ウォンテッド」を観た。 ウェスリー・ギブソンは日常に倦んでいた。 会社で顧客管理担当の仕事を務めるウェスリーは、上司の嫌がらせにひたすら耐えていた。同棲中の恋人は彼の同僚と浮気...
ウォンテッド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
アキレスの時代以来、神に代わり「運命の意思」を実践してきた秘密の暗殺組織“フライタニティ”、君は、その王位継承者である。 羊のように群れて生きるか、それとも潜在意識のなかの狼を目覚めさせるか、逃れようとしても無駄だ。すでに運命は選択されているのだ。 ...
ウォンテッド (ブラトラ館(太田千晶応援blog seesaa支店))
今日は当初予定したことが急に無くなってしまったので急遽映画でも観ることに 近所のシネコンに行った 観客は15人程度だったかな あらすじはコチラ 特殊効果は凄かった でも内容には乏しかった… 何と言うか世界観がめちゃめちゃ 冒頭の「1000年前 機織職人の組織が暗殺...
「ウォンテッド」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ウォンテッド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン、コモン、マーク・ウォーレン、ダート・バクタデツ、コンスタ...
「ウォンテッド」 アンジェリーナ・ジョリーの存在感 (はらやんの映画徒然草)
予告は文句なくカッコ良かった。 登場する暗殺者たちは、野球の投手がカーブを投げる
ウォンテッド (Movies 1-800)
Wanted (2008年) 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリー 冴えないサラリーマンが凄腕の暗殺者の血筋を引いていると知り、その能力を覚醒していく物語。 カーブ球を投げるかのごとく、曲がる弾...
確かに良く出来ている!『ウォンテッド』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの冴えない青年が暗殺組織の一員となってゆく物語です。
WANTED!新次元へ突入したアクション・ムービー (銅版画制作の日々)
   予告編でのアンジーのアクションが目に焼きついていました。やっぱりこれは観なきゃいけないと思っていた作品。(9月22日、MOVX京都にて鑑賞。) それとあのジェームス・マカヴォイがメインでの出演だということもあって、ちょっと気になっていました。彼がアクシ...
WANTED を観ました。 (My Favorite Things)
先週先行上映していた作品です。 まぁこのての作品はスクリーンで観るべきものです。
『ウォンテッド』2008・9・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ウォンテッド』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。 そんな彼の日常の中に突然『貴方の亡き父は凄腕の暗殺者だった』と語る謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が...
『ウォンテッド』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォンテッド」□監督 ティムール・ベクマンベトフ □原作 マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ □脚本 マイケル・ブランド、デレク・ハース、クリス・モーガン □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン...
『ウォンテッド/WANTED』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として
「ウォンテッド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
マカヴォイくんも素敵でしたし、アンジェリーナ・ジョリーの恐ろしいくらいのかっこよさも際立ってましたわ〜
【映画】ウォンテッド…久しぶりに映画記事を更新 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}どうも、なんか久しぶりの更新です{/ase/} GW明けてからコッチ、公私共に何となく忙しく{/ase/}(主に公{/face_hekomu/})、全然ブログが更新できませんでした…{/ase/} 先週の日曜日に無理やり更新しなかったら死亡説が流れてたんじゃないか{/eq_1/}と思...
No.174 ウォンテッド (気ままな映画生活)
― 新次元アクション ― こんな言葉に踊らされて、映画館に足を運ぶ事となった。 アンジェリーナ・ジョリー(略:アンジー)出演作品ということも あり、それなりにアクションも楽しめたが…
ウォンテッド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ウォンテッド 制作:2008年・アメリカ 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン あらすじ:恋人にも捨てられ、人生にうん...
「ウォンテッド」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★☆ ジャンル : アクション 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : 東宝東和 監督 : ティムール・ベクマンベトフ 出演 : ジェームズ・マカヴォイ 、 アンジェリーナ・ジョリー 、 モーガン・フリーマン 、 テレンス・スタンプ 、 トーマス・ク...