映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

「フェアウェル さらば,哀しみのスパイ」 と 「ソルト」

2010-08-05 | 複数の映画
8月1日映画の日、ショッピングを兼ね川崎まで足を運びアンジェリーナ・ジョリー主演「ソルト」を鑑賞。
公開2日目なのに・・・150名しか収容できない小さな劇場ってどういうこと?
でも、やっぱりCMとアンジー主演は強い!満席でした。
          
暑い夏をぶっ飛ばす、超人的な(人間業じゃぁないです)アクション!
いやぁ~、ソルト(アンジー)一人で国家転覆もありそうだなぁ~?!って、やっぱり娯楽作品だな~。
それはそれでオッケーだけど・・・なんて思っていたら、いつもコメントを頂く海パンjoeさんが
「フェアウェル さらば,哀しみのスパイ」を見た後すぐに「ソルト」を見て、
「フェアウェルが実話なら、ソルトはエンターテイメントの強いフィクション。序盤の逃走劇は面白かったが、
面白さが最後まで持続しない作品だった」と書いておられたので、
やっぱり「フェアウェル」を見なくっちゃ~と渋谷シネマライズへ 。
おのぼりさんなもので、放射状に道が延びる渋谷では毎回迷います
今回も1本筋を間違って汗だくで歩き回り、本編開始時間に滑り込みました
           
     シネマライズ@渋谷 スぺイン坂の上 PARCO3の向かい 

       ******************

         フェアウェル  さらば,哀しみのスパイ

                  ソ ル ト
 
       ******************

  *フェアウェル < ストーリー >
1980年代初め、フランスの国家保安局と繋がりがある上司に頼まれた家電メーカーの技師ピエールは
KGB幹部グリゴリエフ大佐からある情報を受け取る。それはソ連がスパイ活動を通して
調べ上げたアメリカの軍事機密や西側諸国にいるソ連側スパイのリストなど、世界情勢に大きな影響を
与える驚くべき情報だった。やがて二人の間に友情が芽生えてくるが機密漏洩がばれて……。

  *ソルト < ストーリー >
イブリン・ソルトは石油会社社員を装うCIAの分析官。
ある日、尋問中のロシア人亡命者オルロフの告発でCIAから追われる身となる。真相を突き止めようとする
ソルトは、米副大統領の葬儀参列のため訪米中のロシア大統領に近づき……。


先日世間を賑わしたアメリカでのロシア人スパイ逮捕のニュースはひょっとして映画の宣伝か?と
思われるほど、公開に合わせたようなタイミングでしたね。
冷戦が終わり、ソ連が崩壊した今でもスパイは潜伏し活動しているんですね~。
しかし、スパイ交換で移送って・・・要はお互い様やんか~。
「事実は小説より奇なり」、捕まったロシア人潜伏スパイの一人が「美しすぎる」と
アメリカのマスコミを賑わしているみたいですが、ソルトのようにスマートに逃げおおすことは
できなかったんやね。

アンジーが体を張ったアクションに挑戦するも、実話に基く話やニュースにはかなわんなぁ~、
やっぱり娯楽作品の域は出ないし、夫への愛では、国や息子の将来を憂うる気持ちには勝てません。
  
  グリゴリエフ大佐を演じるのは映画監督エミール・クリストリッツァ
          
「フェアウェル FAREWELL」はグリゴリエフ大佐のコードネームです。
彼が流した4000通にも及ぶ極秘文書の情報漏洩とアフガニスタン侵攻の失敗が
後の共産主義体制崩壊の大きなきっかけになったと歴史的に評価されているそうです。
かつて家族で駐在したフランスでの日々に思いを馳せ、夜こっそり8mmビデオを天井に映して見る姿、
思春期の反抗的な息子と上手く会話できない不器用な姿、
息子にソニーのウォークマンやクイーンのカセットテープが欲しいと頼む姿に、
諜報部員というクールさでなく彼の人間臭さを感じます。
お金が欲しいとか、西側に亡命したいということではなく、行き詰まった自国の現状を憂い、
「祖国の為に、次世代を生きる息子の為に」という信念に基く行為だけれど、「国家の裏切り者だ」として
護身のために亡命するつもりは無いという言葉に胸を打たれます。
ピエールにもらったフランスの詩集の一句アルフレッド・ド・ヴィニーの「狼の死」で、
妻や息子の為に犠牲となる父狼に自分を投影し、死を覚悟した行動であることを暗示させます。
               
         情報を受け取るフランス民間人ピエールを演じるのはギヨーム・カネ
          民間人なのに、家族まで危険に曝すことに・・・     

80年代という同じ時代を生きていますが、インテリジェントに関わる方たちの非情な日常、
国と国の駆け引きに命を懸けたスパイ合戦、今に至るまでこういうことが続いているんだと
驚くと共に、日本はこういう国々と対等に外交的な駆け引きができるのかぁ~?と心配になりました。

折も折、これを書きながらNHKのBS世界のドキュメンタリー深夜再放送<シリーズ 核>
第3回「キューバ危機の真実」で、リスクを侵しながらソ連の核開発情報を西側に流し続けた
ソ連陸軍大佐オレグ・ペンコフスキーの存在を知りました。
核戦争を回避できたケネディーの決断の裏に命を落としたペンコフスキーの諜報活動かあったことを知り、
歴史の出来事の裏にどれほど多くの人たちの知られざる命がけの行動があったのかなぁ~と
圧倒される思いがしました。

人は希望で動く。 歴史は信念で動く。という映画のコピーに、成程、ええ言葉や~と感動。
迷走する日本の政治家に聞かせたい言葉です。
歴史は信念で動くんやでぇ~。プリンシプル principle やでぇ。 

ダイアン・クルーガーがちょこっとカメオ出演しています。
レーガンやミッテランはなかなかのそっくりさんぶりです。

この2本、実話エンタメアクション、 フランス映画アメリカ映画って対比がよく出てます。

「ソルト」で子供たちのアメリカ化教育に使ったTVドラマが昔好きだった「愉快なブレディー一家」
だったのを見て、懐かしのアメリカTVドラマは戦後の日本人を親米化する為の
政策だったと思い出しました。そして、私はそんな政策にすっかりのせられた一人なのでした。

映画や歌、アニメやファッションなどの文化を通して交流を図るのが一番効果的な親○政策ですね。

「ソルト」はアクション映画としては面白いんだけれど・・・公開のタイミングが悪かったかも?
          
 

にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 7月30日 「インフォーマント」DVD マット・デイモン主演
      
       「モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル」DVD イタリア映画 原題は「恋愛マニュアル2」 
 
 8月 1日 「ソルト」@TOHOシネマズ川崎

 8月 2日 「フェアウェル さらば,哀しみのスパイ」@渋谷シネマライズ

        「脇役物語 CAST ME IF YOU CAN」@有楽町 秋公開の緒方篤監督作品
              益岡徹、永作博美、津川雅彦出演
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (500)日のサマー | トップ | 祝! 満11歳! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の政治家は (海パンjoe)
2010-08-06 02:48:41
銭で動くんやでぇ~。
柔ちゃんが証明してくれるでしょう(謎)。

と、ツカミはOK?

ソ連という国がよくわかりました。
91年に崩壊したとはいえ、まだまだ子供でしたかね。
大きくて力のある国という認識しかなかったですよ。
掴みはOK! (海パンjoeさんへ(ryoko))
2010-08-20 13:15:05
柔ちゃんの「国会でも金(お金)!」には爆笑しました。座布団3枚!

ソ連って、怖い大国のイメージでしたが、諜報活動でいろんな技術を盗み国内的に行き詰まっていたという件、以外でした。
米ソ双方が、相手国の高官に二重スパイにならないかと近づくってのも何だかなぁ~。事実は小説より奇なりですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ソルト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フィリップ・ノイス監督、アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグスト・ディール。リーヴ・シュレイバーが上司役の場合は要注意。「レポゼッション・メン」で...
「ソルト」アクションスター、アンジーの魅力 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  「トゥームレイダー」ララ・クロフトを観たときに、アクションスターとしてとてつもない可能性を感じました。その後、「トゥームレイダー2」「Mr.&Mrs.スミス」また記憶に新しいところでは「ウォンテッド」と、その地位を確実に...
『ソルト』の気が利くところは? (映画のブログ)
 本作のタイトル及び主人公の名は『ソルト』(SALT)、すなわち戦略兵器制限交渉(Strategic Arms Limitation Talks)のことである。  その名のとおり、主人...
ソルト ジャパンプレミア (風に吹かれて)
アンジーのすっごいアクション 公式サイト http://www.salt-movie.jp7月31日公開監督: フィリップ・ノイス 「硝子の塔」「ボーン・コレクター」アメリカCIA本部。ロシアの情報収
ソルト (心のままに映画の風景)
CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。 自らの...
『ソルト』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソルト」□監督 フィリップ・ノイス □脚本 カート・ウィマー、ブライアン・ヘルゲランド□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ■c...
ソルト (Akira's VOICE)
アンジー姐さんカッコよすぎます!  
『ソルト』・・・アンジーの魅力は堪能したけど (SOARのパストラーレ♪)
既存のスパイ・アクション映画に比べると重くて切なくて、その中を駆け回るアンジーはやっぱり美人でカッコよくて・・・。 でもどこか乗り切れない、そんな作品だった。作風や世界観は気に入ったのだが。
「ソルト」あ~悔しい!騙された~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンジェリーナ・ジョリー] ブログ村キーワード  アンジー姐さん久々の主演作、「ソルト」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。姐さんお得意のアクション大作。いやあ相変わらず、カッコええですわ~(^^;!  イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・...
[映画『ソルト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は、明るい色の髪のアンジェリーナ・ジョリーが、『グッド・シェパード』以来、大好きなので、物語後半の黒髪姿ではなく、前半の金髪写真をタイトルにしました^^  ・・・こりゃ、メチャ面白い映画であったが、同時に、解せなさ感も非常につのる作品であった。  ...
ソルト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
多忙なので、感想を簡単に―【story】CIAのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが―     監督 : フ...
「ソルト」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スパイ容疑をかけられたCIA特殊工作員イヴリン・ソルトの逃亡劇を描く、アンジェリーナ・ジョリー久々のサスペンスアクションムービー。 屈強な男達を徒手空拳でねじ伏せ、銃器や...
映画「ソルト」 評価★★★☆☆ (ネットでお小遣いUP大作戦!)
 アンジェリーナ・ジョリーのイメージに合ったアクション映画でした。映画を観終って、今回も派手に暴れてくれた!!とアクションに関しては満足感でいっぱいの作品です。ただ、細かいことを言うと、エレベータの中をスパイダーマンのように飛び下りて下の階まで行くシー...
ソルト (だらだら無気力ブログ)
二重スパイの疑いを懸けられたCIAのエージェントが、仲間からの追跡を かわしつつ、逃亡を図る様を描いたアクションサスペンス。 主演は『トゥームレイダー』シリーズ、『ウォンテッド』のアンジェリーナ・ ジョリー。共演には『レポゼッション・メン』のリーヴ・シュレ...
ソルト (映画的・絵画的・音楽的)
 『チェンジリング』以来のアンジェリーナ・ジョリーを見てみようと思って、『ソルト』を渋谷のシネパレスで見てみました。 (1)お話としては、アンジー扮する女スパイ・ソルトの八面六臂の働きによって、勃発寸前にまで突き進んだ世界大戦をなんとか未然に防ぐことがで...
ソルト (Salt) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フィリップ・ノイス 主演 アンジェリーナ・ジョリー 2010年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★ 秘密を持ち続けるのも内緒話を聞くのも、イマイチ苦手な私。普段はお喋りな割に口は堅いんで言いふらすことはないんですが、秘密を持っちゃった事自体がプ...
フェアウェル さらば、哀しみのスパイ (映画鑑賞★日記・・・)
【L'AFFAIRE FAREWELL/FAREWELL】 2010/07/31公開 フランス 113分監督:クリスチャン・カリオン出演:エミール・クストリッツァ、ギョーム・カネ、アレクサンドラ・マリア・ララ、インゲボルガ・ ...
【映画】ソルト…結局2010年の残務整理になっちゃいました(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
元日中に映画記事を一つアップしようと思っていたのですが、ゲーム(タクティクスオウガ 運命の輪)で遊んでいるうちに日付が変わってしまいました え~っと、まずは年末年始の近況報告から… 「プレデターズ」の記事で書いたように、2010年12月28日(火曜日)は私の仕事...
「ソルト」 アンジェリーナ・ジョリーの起用が成功の要因 (はらやんの映画徒然草)
この作品、もともとはトム・クルーズ主演での企画としてスタートしたということです。