映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ゴーン・ガール

2015-04-09 | 映画 か行
昨年の話題作にして、主演女優ロザムンド・パイクがアカデミー主演女優賞ノミネート。
何だかタイミングが合わず見損ねた本作、やっとDVDで鑑賞しました。

妻の失踪というサスペンス映画が、中盤からホラー映画へと変貌!
まさかこんなストーリーだったとは!
すっかり、してやられました。
3部構成の本作、「えっ、えぇ―――!」次は?どうなるのよー?!と予想外の展開に、
2時間30分という長さは感じられませんでした。
この結末に、唯々唖然。そして脱力。
監督はデビッド・フィンチャー。
予想外のストーリー展開を悟られないように、予告編では「妻の失踪で窮地に陥る夫」という
冒頭三分の一の部分のみを使うよう頑張ったとか。
確かに、予告編で中盤以降の映像を見ていたら、面白さは半減だったでしょう。
ネタバレなしで書くのは難しい。

「セブン」「ファイト・クラブ」「ベンジャミン・バトンの数奇な人生」「ソーシャル・ネットワーク
「ゾディアック」「ドラゴン・タトゥーの女」TVドラマ「ハウス・オブ・カーズ」と、フィンチャー監督は独特の
ダークな雰囲気を醸した作品が多いです。


    *******************

          ゴ ー ン ・ ガ ー ル

    *******************

 < ストーリー >
ニックとエイミーは傍目には理想のカップルと思われていた。
5周年の結婚記念日にエイミーが突然失踪し、キッチンには争った痕跡を隠ぺいする工作が
あった。警察から聴取を受け、メディアに追われるベン。妻の行方を心配する気の毒な夫という
立場が一転、彼の態度や言動、証拠物件から、次第にエイミー殺害疑惑の目を向かられ
追い詰められていくベン。実は・・・。

    
      連日、家の前にはメディアや野次馬が押し寄せる。

3部構成の第一幕。
妻失踪で窮地に陥る何とも頼りない夫を演じるのはベン・アフレック。
次から次へと不利な証言や証拠、事実の発覚に「夫が妻を殺したのでは?!」っと
同情的だった世間の空気は一変!非難の的となる。
果たして夫が殺したのか?
妻エイミーの母は「アメイジング・エイミー」という娘と同名のキャラのベストセラー本を
執筆する作家だったことでエイミーも有名人。
(「アメイジング」はスパイダーマンではなくて「素晴らしい」という意味)
マスコミも事件に注目、連日レポーターが家を取り囲み、テレビ番組では
「夫が犯人!」と決めつける女性キャスターまで登場。このあたりの過熱ぶりは流石アメリカ!
いや、そこまで言っちゃっていいんですか?と言いたくなるほど、夫は袋叩きです。
実際、この手の事件は第一発見者や通報者が疑われるケースが多いようです。



ところが・・・・!
ネタバレしてしまうので、ご覧になっていない方は、先に映画をご覧くださいませ。



第二幕は一転、失踪した妻の驚愕の計画が明らかに
いやぁ、ロザムンド・パイクの清楚な美しさにすっかり騙されました。
   笑顔の下は…般若だね。
           
ここまでやるかい?!
確かに「アメイジング」だ!
可愛さ余って憎さ100倍…いえ10000倍くらいか。
このあたりで妻にしてやられた夫の間抜けっぷりが際立ちます。
また過去にエイミーに関わった男性が人生を狂わされていたことも発覚!
恐ろしい女です。
周到な計画に圧倒されますが・・・悪事千里を走る。
つまらぬことからつまらぬ奴に計画を狂わされ、増々荒れ狂うエイミー。

第三幕は完全に狂気の域。
とばっちりで巻き込まれた人が気の毒です。
エイミーは「ソシオパス」を越えて「サイコパス」です。
(「ソシオパス」については「ビッグ・アイス」で書いた「良心をもたない人」です。)

         
         右端のふたりがエイミーの両親。ここでもエイミーのアメイジングぶりを強調する。         
エイミーをここまで狂気に駆り立てたのは?
まずエイミーの両親(特に母親)がおかしい。
自分の本の主人公と娘を重ね合わせ、「アメイジング」であれと圧力をかけ続けたことが
エイミーの人格に大きく影響を及ぼしているようです。これでおかしくならない方が怖いです。
そして、自尊心を傷つけられると狂気に走るエイミー。
凡人の夫のある行為が彼女の自尊心をズタズタにし
とんでもない結末へ。

夫は蜘蛛の巣に絡め取られた昆虫の如し。
「○○ってそんなものよ」って

エイミーの恐ろしさもさることながら、メディアや大衆の正義を振りかざした精神的暴力や
手のひらを返したような行動の怖さも際立たせています。

    
    夫をサポートする弁護士はO・J・シンプソン事件のコクラン弁護士のよう。
    マスコミ対応準備で夫を鍛えるシーンは非常にアメリカ的。
    如何に大衆を味方に付けるか?パフォーマンス学を学ばないと勝てないね。

色んな意味でエンターテインメント、見応えある作品でした。



にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 4月5日 「ゴーン・ガール」DVD

 4月6日 「物語る私たち」DVD サラ・ポーリーの出生の秘密ドキュメンタリー

 4月7日 「リスボンに誘われて」DVD ジェレミー・アイアンズ主演

 4月8日 「記憶探偵と鍵のかかった少女」DVD マーク・ストロング主演のサイコ・スリラー

        「少女は自転車にのって」DVD サウジアラビア映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の果ての通学路 | トップ | 物語る私たち  Stories we tell »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-04-12 06:38:51
> つまらぬことからつまらぬ奴に

わはははははは。正にそんな感じ。
あの人たちあれ以上、出て来なかった事からも「つまらぬ奴」なんだよね。
Unknown (ふじき78さんへ(ryoko))
2015-04-13 12:23:54
完璧主義のエミリーのことだから、つまらぬ奴らにもきっちりリベンジに燃えるんじゃぁなかろうかと期待したのですが・・・。
あれで終わり〜?つまらん。
まぁ、第3部に移るためにはエミリーが一文無しになる必要があったわけで、ちょっと強引感が否めません。
でも、やっぱりお嬢さん育ちのエミリーってことで、あんたの思うように事が運ばないこともあるのさってことを思い知らさせたんでしょうかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゴーン・ガール (試写会) (風に吹かれて)
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:
ゴーン・ガール (銀幕大帝α)
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続....
「ゴーン・ガール」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Gone Girl」2014 USA ミズーリの田舎町で誰もが羨む結婚生活を送るニックとエイミー夫婦。しかし5回目の結婚記念日にエイミーが突如失踪する。警察に通報し捜査が始まる中、ニックは何が何だかわからないまま捜査担当のボニー刑事に妻殺しの疑いをかけられているこ...
『ゴーン・ガール』 (時間の無駄と言わないで)
最近はネタバレしまくりな予告編が多いけど、コレは良かった。 良い意味で期待を裏切られた。 まさかこんな展開になっていくとは・・・。 観に行きたくなるけどネタバレも全然し ...
ゴーン・ガール (あーうぃ だにぇっと)
ゴーン・ガール@新宿明治安田生命ホール
ゴーン・ガール (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...
『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! やべえ。こええ。 人間が人間に対して恐怖を抱くのは、 その人間の内 ...
『ゴーン・ガール』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月...
「ゴーン・ガール」 (セレンディピティ ダイアリー)
デヴィッド・フィンチャー監督の最新作、「ゴーン・ガール」(Gone Girl)を
ゴーン・ガール (Akira's VOICE)
夢も希望も無いのである。。  
ゴーン・ガール (いやいやえん)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手の全てを共有する事など出来ない。「何を考えてる?」それはわからない。
ゴーン・ガール / Gone Girl (勝手に映画評)
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ〜(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に卒...
映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャスティング、音響ともにパーフェクト、で、... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあま...
アメイジング・エイミー〜『ゴーン・ガール』 (真紅のthinkingdays)
 GONE GIRL  アメリカ中西部・ミズーリ州のある町。結婚5周年を迎えた朝、ニック・ダン (ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)が、忽然と姿を消した。 すぐさま警察に通報したニックだが、逆に妻殺しの嫌疑をかけられてしまう。 ...
ゴーン・ガール (心のままに映画の風景)
ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し、警...
『ゴーン・ガール』 げに恐ろしきは女なり? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などのデヴィッド・フィンチャー監督の最新作。  原作はギリアン・フリンが書いた同名のベストセラー小説で、ギリアン・フリンは脚本も担当している。  5年目の結婚記念日。美しく完璧な妻エイミー(ロザムンド・パイク...
恐怖炸裂!『ゴーン・ガール』 (水曜日のシネマ日記)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男の物語です。
ゴーン・ガール  (to Heart)
原題 Gone Girl 製作年 2014年 上映時間 148分 映倫区分 R15+ 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周....
『ゴーン・ガール』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Gone Girl 監督: デビッド・フィンチャー 出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー 、キム・ディケンズ 公式サイトはこちら。 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年...
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ (はらやんの映画徒然草)
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
ゴーン・ガール ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。監督は、『ソーシャル・ネットワ....
[映画『ゴーン・ガール』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやはや、今年の正月映画は豊作だ。 まったく不作の年末もあるってのに・・・^^; この『ゴーン・ガール』も傑作でした。 上映時間の、わりと早い時間に真相はわかるのですが、それからが、この物語の真骨頂! 『アウトレイジ』の宣伝コピーで「全員悪党!...