のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

【共謀罪】 びっくり情報です。共謀罪に於ける「組織的犯罪集団」とは、本来、暴力団を指す。金田法相は、それも知らなかったのか!?

2017年04月21日 21時00分19秒 | 安倍某とそのお友達
buu‏ @buu34さんのツイート。

――逢坂「暴力団は、組織的犯罪集団と言っていいんでしょうか?」

金田、即答できず

逢坂「基本的質問です、委員長、時計を止めて下さい」

金田「通告がない質問」w〔15:15 - 2017年4月21日 〕—―

なぜ、共謀罪規定を創設しようとしたか。

オリンピックを開催する上でテロの心配がある。

では、

その不安解消のためのセキュリティ対策のため何をするか――。

そのとき、

持ち出されたのが

国際組織犯罪防止条約だった

(拙稿「「共謀罪」法案について 関係府省よりヒアリング」参照。✳http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/b9a80f662bab2e6ee601152005959840)。

この条約を

有効ならしめるため国内法を充実させる必要がある。

いわゆる担保法の制定だ

(担保法と呼ばれるのは

、条約の効力を十全ならしめることを「担保する法律」だという趣旨からだろう)。、

思うに、

金田大臣を初め、

閣僚たちは、

「国際組織犯罪」という言葉から

テロリストの集団を

頭に思い描いているのではないか、と思う。

前も書いたのだけど、

この条約が阻止しようとしているのは、

二つだ。

(1)人身売買(2)マネーロンダリング(資金洗浄)だ。

そして、その条約を担保するために

共謀罪を制定しようとしている

(拙稿「共謀罪創設の口実が破たん!」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/f7ad045e2a13e744f090500e07c51995)。

そうした法律を制定する脈絡から考えても、

暴力団は、

組織的犯罪集団として

ど真ん中に位置する団体だということが

分かるはずだ。

そんなことも即答できなくてどうするの?


<追記>

いくら法律に関して

素人であってもこれは知らなきゃ可笑しいだろという

問題だった。

なぜ、答えられなかったか――。

思い至った答えがある。

それは、

金田というおっさんの頭の中にあるのは、

共謀罪は、

治安維持法の焼き直し以外の何者でもないってこったな。

治安維持法との関係で言えば、

取り締まり対象は、

思想犯(体制に批判的な人たち)だから、

咄嗟には暴力団が

それに該当するとは思えなかったのだな。

2017年4月22日未明 記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショーペンハウアー / 「誇... | トップ | 官邸からのお知らせ:弾道ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。