のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

安倍マリオ / 「(憲法改正について)答弁する義務はないわけですよ」

2016年10月29日 06時21分43秒 | ファシズム
「委員会で議論するから」

ということを

答弁義務のない言い訳に使ってますな。

しかし、委員会でこっそり

自民党に都合のいいような議論をして、

最終的な決議だけを国民に求める形になりそうです。

しかし、それでは、

一向に国民に周知されないままに憲法が破棄されてしまいかねません。

国民の目から見て

騙し打ちであっても構わないってことなんでしょうか。

何としても条文を変更させ、

かつての侵略国家

「大日本帝国」を蘇らせるつもりですか。

国民の一人として、

言わしていただきます。

このまま、戦前に土管でワープなんて

まっぴら御免です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日(金)のつぶやき その2 | トップ | TVのスタッフは、高江を10... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
答えるのが難しいこともあります (あやか)
2016-10-30 08:22:46
憲法のことについては、おもてだって本音がいいにくいこともあるでしょう。
うっかり言うと、揚げ足とりをするひとも、いますからね。
でも、私は、憲法は改正すべきだと思いますーーこれが、ーいまどきの若者の意見です。
ただ、いまの憲法を改正するには、かなりハードルが高いことも事実です。
ですから、歴代の政府は、憲法をできるだけ柔軟に解釈することで対応してきたのです。
私は、そういう政権担当者のご苦労が、よくわかります。
第二次大戦に、くやしくも負けてしまったけれども、なんとかして日本の国の尊厳をまもろうとしたかたの、お気持ちがあなたにはわかりますか。
ところで、あなたは、批判的な意見があっても、謙虚に聞こうとはなさらず、「そこに、立ってなさい」とかなんとか、ふざけた言い方をなさってますね。
そう言うのを、ふてくされてる、というのですよ。いいお年をなさってるんですから、もう少し、ちがったものの見方も受け入れる容量をもたれたらどうですか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。