のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

「関わっていたなら総理大臣も国会議員も辞める」発言。国会議事録にないって何? 証拠を残さない発想って、臆病者の証拠だぞ。忖度するなら、国民の気持ちを忖度しろ

2017年04月05日 07時03分39秒 | 安倍某とそのお友達
河﨑健一郎‏ 
@kappamarkさんのツイート。

-—え?これはちょっと… にわかに信じがたいけど、ホント??? /「関わっていたなら総理大臣も国会議員も辞める」発言を含む国会議事録、ごっそり消滅 | BUZZAP!(バザップ!) http://buzzap.jp/news/20170404-moritomo-minutes-lost/ … http://buzzap.jp/news/20170404-moritomo-minutes-lost/ …〔22:57 - 2017年4月4日 〕—―

都合の悪いことは、

みんな削除って、やってることがお子様過ぎないか。


<追記>

削除じゃなくて、

まだ議事録が出来上がっていない?

何だか

言い訳だけが一足先にデビューしたようだ。

田中龍作ジャーナルの

記事「【アベ友疑獄】首相答弁「関わっていたら辞めます」 ― 議事録がない!」によると、

――議事録の未定稿(速記を起こしたもので、誤字脱字があったりする)は大概その晩のうちに、上がってくる。内容はまったく問題がない。
 未定稿は質問者(議員)と答弁者(政府)のチェックを経て「決定稿」となりHPに掲載される。

 ある古参秘書は「政府側がOKを出していないと見た方が妥当」と指摘する。—―

とのことだ。

☆ 記事URL:http://tanakaryusaku.jp/2017/04/00015624)。

田中氏の

―― 議事録をめぐっては、政府は過去にも安倍首相の「私は立法府の長なんです」を「行政府の長」に改ざんした前科がある。
 安倍首相にかかったら国会の記録など無きに等しいのだ。この国はもう民主国家でも近代国家でもない。—―

という指摘、残念ながら、否定できない。

2017年4月5日昼 記


<追記ー2>

ちほたん(・0・)☆不正選挙は無効だ!!@chihointokyo さんのツイート。

――これまでも都合の悪い議事録を平気で改ざんした前科がある政府だし、誰が「単に時間がかかっているだけ」って信用する? RT @hiranok: 【森友学園に関する国会議事録がネット上から「消滅」? 衆議院は「隠しているわけじゃない」】〔1:38 - 2017年4月6日 〕―—

国会議事録が

不存在って変だな。

確かに、

不都合なものは削除という考え方をする者にとっては、

好ましい現象だ。

しかし、人為的にそのようなことができるのは、

人間が幼稚だからだという点において、

人間性が問われている。

また、単に幼稚なだけでなく、

無責任だ。

証拠が残るだけのことをなぜ、覚悟できないか、

検証が必要なのに。

まさに行政を担当するものとしての

有能性が問われている。

検証の跡を残す度量がないのは、

政治家の資質の問題だ。

臆病だからだ。

「腰抜け」

と呼ばれることを恥じろよ。

人間性、有能性、政治家の資質、

全てに問題があって

そんな人間たちに政治的判断を委ねる

国民の気持ちを忖度すべきだ。

この人間性等の三者の論点について、

松井さんが

復興大臣を批判しておられた

(同氏のツイート〔14:47 - 2017年4月5日 〕参照)。

しかし、三つが三つとも深刻な形で

ズバッと当てはまるのは、

証拠を残さない、

この日本の帝国軍隊のやり方だと思うな。

何だか

政府のしていることすべてが喜劇に見える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月4日(火)のつぶやき その2 | トップ | 日刊ゲンダイ:金子勝さん・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
崖っぷち (こころ)
2017-04-05 11:26:02
削除したと言うしか後が無いのでしょう。
が、これが事実であれば犯罪。

本当は実存していて、削除したと言って逃げているだけだと思います。

その先の追求次第では、言うに事欠いて、削除したのは勘違いでして…でんでんと、舌先三寸でその場凌ぎを平気で宣う可能性もありますね。

何せ不正をして与党をやってるくらいですから何でもあり、法さえ無視し、法曹会まで抱き込んだ悪辣な前科は山ほど。

コメントを投稿

安倍某とそのお友達」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。