のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

ヒゲ隊長こと佐藤正久議員は、統一教会の関係者じゃないか! 叔父が統一教会関連会社のCEOを務めてるってさ

2017年08月16日 12時52分24秒 | 安倍某とそのお友達
北朝鮮からミサイルが飛んで来たら

撃ち落とせって、

(1)宇宙空間に領空侵犯の問題が生じない。すなわち、憲法上、自衛の問題ではない。

(2)条約上も、義務を負わない。

(3)仮に法的に見てその義務を負っているというためには、義務の履行が可能でなくてはならない。しかし、宇宙空間を飛行する物体を狙い撃ちできるような兵器は存在しない。

という観点から、

無茶苦茶な感情論である事が判る。

なぜ、

この人は、

こんな不合理なことを訴えるのか――。

その解答らしきものを見つけた。

何と、

佐藤正久って男、

旧統一教会関係者だという。

サイト「Blue Bokeh Blog」がそれに触れていた。

☆ 記事URL:https://mamorenihon.wordpress.com/2017/04/27/%E7%8C%AB%E5%B3%B6%E7%94%B0%E4%BB%A3%E5%B3%B6-%E3%83%92%E3%82%B2%E3%81%AE%E9%9A%8A%E9%95%B7%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%AD%A3%E4%B9%85-%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%B5%B1%E4%B8%80%E5%AE%B6%E5%BA%AD/

アエラに

関連した記事があるので

下に転載しておく。


<追記>

稲田朋美の夫が

「韓国成長の家」の息子だったこと

思い出した

(服部順治(脱戦争/脱原発)‏ @JunjiHattoriさんのツイートに言及あり。

同氏のツイート〔22:03 - 2017年8月16日 〕参照)。


〔資料〕

「「旧統一教会」関連団体の上陸と「ヒゲの隊長」佐藤正久参院議員」

   アエラ(2017.4.24 11:30)

☆ 記事URL:https://dot.asahi.com/wa/2017042100009.html?page=1

 猫島として有名な宮城県沖に浮かぶ人口54人の小さな島が、旧統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の関連団体の進出を巡って大揺れだ。海洋学習ヴィレッジ建設の話が持ち上がる中、元自衛官の佐藤正久参議院議員(自民党)の名前も取り沙汰されている。ジャーナリストの鈴木エイト氏が現状を追った。

 島民を二分する騒動の舞台となったのは東北・牡鹿半島の先端近くにある田代島(宮城県石巻市)。200匹以上の人馴れした猫が闊歩するのどかな「猫の島」に、NPO法人「石巻・田代島しまおこし隊」(以下しまおこし隊)が宿泊施設などを備えた「海洋学習ヴィレッジWAQUA田代島」(以下WAQUA)の建設プロジェクトを発表したのは昨年のことだ。

 島民の一人が明かす。

「昨年12月、沖縄で海洋真時代なる雑誌社がWAQUAの寄付金集めをしているとの通報があり、NPOの背後に統一教会系の海洋平和という会社があるとわかりました。しまおこし隊役員4人のうち2人が海洋平和の幹部。ボート工場や海上テーマパークの構想もあるとわかり、島を乗っ取られるのではないかと不安が広がっています」

 島民がキーマンとして挙げたのが、しまおこし隊の理事・佐藤健雄氏。海洋平和と海洋真時代のCEOも務める。同社が2010年に行ったセミナーのチラシではこう紹介されている。

「18年間、米国で文鮮明(注:統一教会教祖で2012年死去)先生から直接指導を受け海洋趣味産業摂理に携わってきた方」

 海洋平和とはどんな会社なのか。統一教会関連組織に詳しい全国霊感商法対策弁護士連絡会の渡辺博弁護士が解説する。

「海洋平和は統一教会の日本戦略を担う海洋事業投資会社です。文鮮明教祖は『海洋強国』が世界を支配するとして小型船舶販売や海洋開発投資等の海洋事業と海洋教育を統合した海洋摂理を信者に行わせてきました。佐藤健雄氏は1970年に合同結婚式を受けた古参信者です。海洋平和は内部で南米海洋教会と呼ばれています」

 東日本大震災後、島に移住し歴史資料館を営む男性は懸念を口にする。

「隣の網地島には統一教会の拠点があり、勧誘された島民もいる。ここにも拠点を作ろうとしているのではないか。島民の多くが困惑し反対しています」

 一方、しまおこし隊を歓迎するのが、牡蠣養殖再生を軸に島民有志が2011年に立ち上げた一般社団法人・田代島にゃんこ共和国だ。WAQUAの建設予定地も同共和国理事が佐藤健雄氏に売却した。理事の一人が語る。

「しまおこし隊に統一教会の噂があることは知っているが、事業説明を受け、島の発展のためなら協力するという立場。反対しているのは震災後に移住してきた一部の島民だけですよ」

 現在しまおこし隊は不足資金257万円をクラウドファンディングで集め、ギャラリー併設の古民家カフェの改修に着工している。統一教会信者が行う資金集めの手法について、北海道大学大学院の櫻井義秀教授は、こう分析する。

「数年前にも、苫小牧で信者の作った地域おこしNPOが就農名目で寄付を募っていた。彼らの資金集めのパターンは一貫しており、クラウドファンディングの真の狙いは投資ビジネスのための個人情報の取得。NPOにしているのは補助金の受給目的もあるのではないか」

 海洋平和は昨年6月、都内で株主総会を開いたが、驚いたことに、そこで祝辞を述べたのは、元自衛官の「ヒゲの隊長」佐藤正久参議院議員だ。

 佐藤議員はWAQUAの概要説明が行われた同社の海洋セミナーでも数度講演しており、WAQUAのHPでは「しまおこし隊理事(佐藤健雄)の甥」と紹介されている。

 これらの情報を知った市民が、佐藤議員のSNSに対し回答を求めたところ、海洋平和のHPから株主総会での佐藤議員の写真などが削除された。

 入手した海洋平和の内部メールには「私たちの闘いは真の御父母様を中心とする摂理ビジネス」「教区長も参加」「国家復帰」「氏族メシア」などの教団用語とともに「いよいよWAQUA田代島プロジェクト発会式」「佐藤議員は日本の島防衛の担当者」「自衛隊を支えている特定の愛国者をつかんでいく」「日本の真の海洋再生(日本復帰)をめざし政府と一体化」と佐藤議員を招聘した意図が書かれていた。

 同議員は自民党の国防部会長代理を務めており、離島振興特別委員会の中心人物だ。

 また、海洋真時代社は今年2月、海上自衛隊出身の元防衛省特別機関幹部の講演会を主催している。

 しまおこし隊の広報が取材に応じた。

「しまおこし隊は統一教会とは無関係。私も統一教会の信者ではない。古民家改装業者から断られ風評被害を受けている。海洋平和としまおこし隊も直接の関係はない。佐藤議員は当NPOの顧問ではないが、島嶼防衛法案の一部として田代島等を応援するというスタンスだと思う」

 しかし、この広報担当者のSNSには合同結婚式に参加した写真が掲載されていた。改めて確認すると同広報はこう弁明した。

「妻の母親が信者で、合同結婚式の縁で結婚したが私は信仰を持ってない」

 そんなことがあり得るのか。前出の櫻井教授は明確に否定する。「合同結婚式を受けておいて信者ではないということは日本ではあり得ない」

 石巻市は先月上旬「特定団体に依頼して田代島の復興・開発に関し寄付を求める募金訪問はしていない」との注意書きをHPに掲載した。しまおこし隊広報は「私たちに便乗してお金集めをしている人がいるのではないか」と分析する。

 しかし市の担当者はこう明かした。

「沖縄在住の方や市役所から『石巻・田代島しまおこし隊と名乗り募金を求めるNPOが来たが、市とかかわりがあるのか、実在するのか、詐欺なのか』と問い合わせがあった」

 佐藤健雄氏に質問書を送ったが期限までに回答は得られなかった。佐藤氏の妻で海洋平和取締役の佐藤智子氏も「佐藤健雄が回答することはございません、その義務もありません」。

 同社取締役の明幸浩理事長はこう主張する。

「海洋平和はしまおこし隊の法人会員。旧統一教会の関連会社ではない。全く関係ない。私たちは海洋事業を推進すべきと思っているが、旧統一教会は海に出ることを反対している」

 旧統一教会に海洋平和やしまおこし隊について問い合わせた。教団広報文化局からは以下の回答があった。「当法人と海洋平和なる会社とは一切関係ありません。従って当法人は彼ら(海洋平和)の活動や主張について答える立場にありません」

 海洋平和の本社を訪ねた。受付にはWAQUAのチラシと並んで佐藤議員の著書が積まれ、奥の部屋には「2017年目標」「しまおこしクラウドファンディング各地国民運動化 4月より毎月」と書かれた紙が貼りだされていた。

 佐藤議員に海洋平和との関係や道義的責任などについて質問したところ、こう回答があった。

「叔父である佐藤健雄から頼まれて(株)海洋平和での講演を引き受けたことはあります。叔父が統一教会の会員であることは承知していますが、その他について一切承知しておりません」

 猫島を揺るがす事業の行方に注目したい。

※週刊朝日 2017年4月28日号
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リテラ / 「NHKが731部隊の... | トップ | 安倍晋三は、なぜ、自衛隊員... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PAC3の値段は? (読者の一人)
2017-08-16 18:49:41
一発4億円。
飛ぶ高さは15~20KMだけ。
能力がないのに配備は無駄。
日本国土を通過中に打ち落とすと宣戦布告。
だから、フラフラと日本に落ちてきた場合の話しか
小野田も言えなかった。
が、フラフラのものを打ち落とすと、かえって
被害地域は拡がる。
駄目なんです、日報と言い、国民に嘘をつくことと
本当の話をしないと。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド))
2017-08-17 00:04:35
この人はなんか人間の血が通っていない印象がありますが、⚪一の隊長でしたか??

いつも戦闘に巻き込まれたさそうに見えます。
Unknown (cooooookun)
2017-08-17 12:55:40
ちびマリオお前もか!
自衛隊はアメリカの軍隊なのでしょ?治外法権…。  操り人形はみな、アメリカへ政治を学ぶ振りして媚にいく。駄目だこりゃ!
早く政治を取り戻さないとね。

コメントを投稿

安倍某とそのお友達」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。