のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

佐藤航空局長の辞職に何を見る? 嘘つきに慣れた人、慣れてない人の人生の明暗か

2017年07月11日 12時04分21秒 | 日本の現状

転載元:キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏ @tohohodanさんのツイート〔9:42 - 2017年7月10日







佐川氏の栄達につき、

前川さんは、

こう語る。



書き出して置こう。

「ある意味 行政官としてはすごい人と思うのですよ。『行政は、政治の侍女』という言葉があって、行政は、政治に従属するべきものなんで、任務を貫いたという風にも評価できる。見ようによっては役人の鏡なんです。ただ、本当に、そのままでいいのかというと、私は、一国民の立場として『これはおかしいのでは』という正義の感覚は失ってはけないと思う」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« abe is over ♪ この歌、エエ... | トップ | 嘘をつく今治市は、嘘をつく... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生き方 (こころ)
2017-07-11 13:37:09
汚なく生きるか、人間らしい心を貫いて生きるか。
不遇な立場でも、後者のほうがずっとずっと地に足を付けて生きられますから。

叩けば埃の出る体とは言いますが、叩くまでもなく埃マミれが安倍と安倍の取り巻き。
これを人擬きと言います。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド)海)
2017-07-11 15:29:17
見ようによっては・・・、ですか。
前川さんも別に庇わなくてもいいのに



己の出世と保身の塊という以外にないですね。佐川は。

コメントを投稿

日本の現状」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。